哲仁王后11話ーシンへソンがキムジョンヒョンに送ったメモ発見!「寝てる?」

哲仁王后11話ーシンへソンがキムジョンヒョンに送ったメモ発見!「寝てる?」 哲仁王后
スポンサーリンク




哲仁王后10話でキム・ソヨンは後宮達と一緒に遊んでいる時、

急に現れた哲宗(チョルジョン)の姿に驚きました!

それだけではなく、哲宗(チョルジョン)が躊躇なくキム・ソヨンに突進する姿で終わりましね~~

その後、どうなったでしょうか?

夢の中に現れるのは好きになった証拠だと言う意味ですが、二人の運命はどうなるでしょうか!!

今から哲仁王后11話を紹介します。

哲仁王后11話あらすじ

出典:tvN公式チャンネル

秘密帳簿を渡したジョ・ファジン

ジョファジンは一人で弓をもって悩みに陥っています。

その時、「悩みがあると弓もうまくできないですよね!」と言いながら、

チョ大妃(チョデビ)が近寄ってきます。

ジョファジンはチョ大妃(チョデビ)に秘密の帳簿を渡します。

驚いたチョ大妃(チョデビ)にジョファジン

ジョファジン:中殿(ちゅうでん)を引きずりおろしてください!        

私が暮らしている悪夢の中に・・・

チョ大妃(チョデビ)は自分の部屋に戻ってきて亡くなった先王(せんおう)の画に向って

感謝の心を言います。

チョ大妃(チョデビ):私の主上(しゅじょう)!昨日の夢で私に顔を見せてくれたから、

いい事でもあるのかなと思いましたが・・・

やっぱり、私にパワーになる物が入りました。

中殿(ちゅうでん)辞殿作成中の哲宗(チョルジョン)

哲宗(チョルジョン)は悪夢から目を覚まして、中殿(ちゅうでん)であるキム・ソヨンがよく話言葉をノートに書いて辞典を作っています。

キム・ソヨンの姿を思い出しながら笑顔を見せてくれます。

嫌らしい夢の中のキム・ソヨン

その時刻、キム・ソヨンは夢の中にいます~~

体はキム・ソヨンだけど、精神はチャン・ボンファンなので、宮の後宮たちと遊んでいる

夢を見ながら楽しんでいるとき、自分を呼ぶハスキーボイズが聞こえます。

「ママ~~」

キム・ソヨン:?私を呼びすぎて声が枯れたかな?

驚いてるキム・ソヨンに哲宗(チョルジョン)は、躊躇しないでKISSをしようとします。

その瞬間!!

チェ尚宮(サングン)の声が聞こえてきます。

「おはようございます。」

機嫌が悪いキム・ソヨン&機嫌が良い哲宗(チョルジョン)

夢の中に現れた哲宗(チョルジョン)

のせいで機嫌が悪いキム・ソヨンは機嫌が悪いですが、

哲宗(チョルジョン)は中殿()の言葉を書いて辞典を見ながら満足しています。

久しぶりに嬉しい心で朝のお仕事を開始しに行きます。

出典:tvN公式チャンネル

キム・ソヨン:先生、悪い夢を見ました。悪夢よりもっと怖いのは嫌な気分なのに、

       それが嫌だけではない自分です!!

       これが本当の自分の体(キムソヨン)の心なのか、

       精神(チャンボンファン)の心なのかが…よくわかりません。

       まさに、レゴで作られたように…一体、私は誰でしょうか!!!

 

哲宗(チョルジョン)は、宴会の準備のために待令熟手(デリョンスッス)を呼び、待令熟手は、自分が準備してきたことを見せようとしましたが、残念ながらのミスをします。

💦待令熟手(宮中燒廚房に所属して、宮中の宴とき料理を作ることを引き受けていた男子熟手)

待令熟手:殺してください殿下(でんか)

哲宗(チョルジョン):大丈夫〜ゆったりして、じゃないとうまくできないから。

待令熟手:なら…(本当に楽な姿勢で座って)

哲宗(チョルジョン):ああ、それが楽なのか?ちょっと来て。伝統的な宴会構成だな。

           私は考えている宴会は違うよ。

           この種類の数を減らし、 真ん中に置く大きな果床(グァサン)の

           ようにただ見せるための食べ物は省略てほしいけど…

待令熟手:大変申し訳ございませんが、殿下(デンカ)、宮廷宴会というのは、

     華やかであふれるのが基本なのに、果床(グァサン)….は

その尚膳(さんそん)が、あまりにも楽に伸ばしてる待令熟手の脚をねじりながら、

機嫌を伺ってというテレパシーをだすのに、

待令熟手(デリョンスッス)全く気が付きません!

尚膳(さんそん):朝鮮時代には、内侍府で宮中の食事のことを引き受けていた従二品官職。

哲宗(チョルジョン)がその時、突然跪いて驚いた待令熟手も一緒にひざまずいて会話をしします。

哲宗(チョルジョン):民は飢えが日常なのに、目で食べるなんて…その食べ物は食品はなく           都城(ドソン)内外に飢える人を呼んで与えるようにします。

           質素だけど、あんまり見っともなくない、派手だけど贅沢にならない          宴会!! それが私が望むことだよ。

「都城(ドソン):現在のソウル」

(( ノД`)シクシク…王様の優しい心に感動しますね~~今はこのような王様や大統領はいないかな~~~)

チョ大妃(チョデビ)はチョ・ファジンの父親

一方、チョ大妃(チョデビ)はチョ・ファジンの父親に証拠の本を見せて、

チョ・ファジンの父は「國舅(グックク):国王の舅(しゅうと)」が

こんなに細かく黒いお金の出所を記録したとして感心をします。

チョ大妃(チョデビ)はチョ・ファジンの敵は金家ではなく、

中殿(チュウデン)と言いながらチョ・ファジンが視野が狭いと言いながら、

自分たちが証拠の本をより効率的に使うと言って金家全体を瓦解させて(チュウデン)も

引きずりおろす計画を立てます。

キム・ザグンの計略

キム・ザグンは帳簿を失ったことを知っていますが秘密にしておいて、

哲宗(チョルジョン)が持っていったと考えて宴会日にその話をバラスと推測しています。

キム・ザグンは「武器を持っていても武器を持ち上げる力を無くしてあげないといけない」

と言う意味を持った話をします。

後宮たち選び

中殿(チュウデン)キム・ソヨンは後宮たち選びに嬉しいです。

候補一人一人の手を握って、自分のフィルが通じた人を何人か選んで自分なりの作戦を開始します。

哲宗(チョルジョン)本音:パピョン尹家、ナムヤン洪家、ヨフン民家…家門のバランスがいい

中殿(チュウデン)本音:清純、セクシー、キューティー、調和がいいね~~

大臣達と考えが違うキム・ザグン

大臣達は、哲宗(​​チョルジョン)が自分たちの味方になり始めたと喜んで、

キム・ザグンはそれでも無能な主上(シュジョウ)の素顔に離れていくだろうと思いながらあんまり心配をせずに何かを準備しているようです。

「死ぬ明らかな人にしてはあまりにも正常なものでしょうか?

チョ大妃(チョデビ)とチョ・ファジン

キム・ソヨンは、新たに選ばれた後宮たちと一緒に板跳びをしているとき、

チョ大妃(チョデビ)とチョ・ファジンがきます。 チョ・ファジンは、顔の表情が固まったままスリッ日狩りのために国弓場(クックンジャン)に弓の練習をしに行ってしまいます。

チョ大妃(チョデビ)はキム・ソヨンに倒れた後元気に戻ったのがだいぶん前なのに自分には挨拶をしに来ないとキム・ソヨンに不満を言って、キム・ソヨンは後宮冊封のため気が付かなかったと言います。

ハンティングならいいけど、狩りにはあんまり

チョ大妃(チョデビ):死にそうだった人の割には元気すぎじゃないですか?

キム・ソヨン:私が結構健康体質だから..

チョ大妃(チョデビ):スリッ日の狩りはもう諦めました?国弓場(クックンジャン)で弓の練習はしないで板跳びなのか。

キム・ソヨン:どうせ、イ嬪(イビン)が勝者であるので、私は見る方で楽しむにしました。私がハンティングならいいけど、狩りにはあんまり自信がないから・・・

ハンティングという言葉に後宮は困惑します。

嬪(ビン):朝鮮王朝時代、正一品の内命婦(ネミョンブ)の位階

内命婦(ネミョンブ):朝鮮王朝時代、正・従一品から同四品までの宮中女官の称

チョ大妃(チョデビ):スリッ日は、なぜ?内命婦(ネミョンブ)女性が狩りをするのか中殿(チュウデン)は、分かりますか?

キム・ソヨン:そうですね…私は···

チョ大妃(チョデビ):スリッ日は悪魔を退ける日です。殺戮を行い、その血で悪魔を追っていたことを狩り遊びで行うことです。。

寝てる?

出典:tvN公式チャンネル

キム・ソヨンは後宮3人にメッセージを一つずつ送って、

主上(シュジョウ)には、後宮達に絶対来ないで!とメッセージを書いて伝えてと言います。 メッセージを運んでいた宮の人たちが順番を変えて覚えてしまいます。

このことにより、後宮に行くメッセージ3枚が哲宗(チョルジョン)に渡されます。

哲宗(チョルジョン)は、「寝てる?」というメッセージを3枚ももらって、返信を送ります。

哲宗(チョルジョン)からの返信なのに後宮達から来たと勘違いした キム・ソヨンも

また返信を書いて再び送ります。

そのまま二人は一晩ずっとメッセージを送ったりもらったりします。

翌朝

哲宗(チョルジョン)と中殿(チュウデン)が会って、 哲宗(チョルジョン)がキム・ソヨンを呼ぶと「知ってるふりしないでといったじゃ!!」と言って行ってしまいます。

哲宗(チョルジョン)は、温度差が激しいと言いながら恥ずかしいのかなと思っています。 そうして哲宗(チョルジョン)は鼻血が出て、キム・ソヨンは哲宗(チョルジョン)をかわいそうに見ます。

「呼んで、私は死ぬの名前よ

忘れられなくて思いだすでしょう。」

という内容のメッセージをまた受ける哲宗(チョルジョン)は、

昼と夜があまりにも違うと思いながら自分を許す心と許さない心が衝突するのか考えて返信を書きます。

 

「ずれた心を許す方法はない

私たちは一緒に歩くの道があるのか

お願いですが、次は夢路でも

最初から一つの道を一緒に歩くように」

哲宗(チョルジョン)は自分の気持ちを込めて書いておいて寝ます。

「今日、私は…大きな狩りがね。」

いよいよスリッ日朝、キム・ソヨンは天気の良い日に気分が良く、後宮たちも誰よりも目立つう身づくろいに忙しい朝を過ごしていますがチョ・ファジンは弓づるを引いています。

尚宮(サングン)がチョ・ファジンの部屋に入って驚いた表情でチョ・ファジンにききます。

尚宮(サングン):本当の矢じりを使いますか?

チョ・ファジン:今日、私は..大きな狩りがあるの。

鋭い眼つきでチョ・ファジンは何かを決心したように見えます。

チョ大妃(チョデビ)の占い

一方、チョ大妃(チョデビ)は準備をする前に占ってみますが、

自分の牌は低い牌を選んで、哲宗(チョルジョン)の牌は最も高い牌を選ぶようになって

何か裏返されるのかな・・と思いながら、中殿(チュウデン)の牌を選ぶびますが、

2番目に高い牌を選んで気分が悪くなって中殿(チュウデン)が何かを準備してるのかなと

不安になります。

ポップコーン

不安になったチョ大妃(チョデビ)は中殿(チュウデン)に訪ねてスンウォンワンフにはおいしい料理をたくさん作ってあげるのに、なぜ?自分には料理を作ってくれないのかを言いながら、すぐに食べ物を作ってきてと言います。

これに中殿(チュウデン)は、ポップコーンを作りに出た後、

チョ大妃(チョデビ)は中殿(チュウデン)の部屋に何か怪しいものはないのか

捜します。

ところが、チョ大妃(チョデビ)が見つけたのは、

昨夜、哲宗(チョルジョン)と中殿(チュウデン)のあげたりもらったりした手紙を見つけます。

現代と過去が混ざる?

スリッ日朝、宴会に使う料理材料を運んでいた人々が、顔に傷のある麻薬に酔っている人に

みんなが殺されて食べ物が来ないから宴会準備に問題が生じます。

代替品を探して干物を選びますが、それも腐ってしまって、

お米陶にも誰かが石を混ぜて困難になります。

ところで中殿(チュウデン)がポップコーンを作ってチョ大妃(チョデビ)に持って行く時、

食物が入ってる陶器に何かに入れる人を発見します。

しかし!その人は、まさか!Σ(・□・;)

現実の世界で自分を陰湿な攻撃していたハン室長とそっくりな人でした。

中殿(チュウデン)は、ハン室長に似てるその人が食物にどんな事をしたのか

わからないけど、彼を捕まえようとした瞬間転んでポップコーンをこぼしてしまします。

チョ大妃(チョデビ)を怒らせないで!!

チョ大妃(チョデビ)が待っていることはすっかり忘れて、興奮したまま自分の部屋に行きます。

自分の部屋に履いた瞬間、チョ大妃(チョデビ)を見てポップコーンのことが思い出します。

お菓子はどこにあるの?と聞くチョ大妃(チョデビ)にキム・ソヨンは自分の髪の毛に

しっかりくっ付いてあるポップコーン1個を取ってあげます。

すると、怒ったチョ大妃(チョデビ)は、キム・ソヨンの手を叩きながら、

「今後の宮の生活を期待しなさい!!」と言って出ていきます。

キム・ソヨンが弓の才能がある

内命婦(ネミョンブ)は、狩り遊びの真っ最中です。

他の後宮は矢さきの部分に布をあてて塗料をつけて作った矢先ですが、

チョ・ファジンの弓の矢は、鋭い矢先を持って狩りを準備するようになります。

キム・ソヨンは狩りに興味がなくてちょっと休もうと座ると、

最も高いスコアである虎の札の内観に会います。

内観は本当の矢ではなくても痛いと言って、

キム・ソヨンは、自分が興味ないから心配ないでと言います。

しかし、怖がり内観はキム・ソヨンに自分の背中に塗料をつけてもらい、

人々は虎を取ったキム・ソヨンが弓の才能があると推測をすることになります。

もう一度確認するキム・ビョンイン

出典:tvN公式チャンネル

一方、純元王后(スンウォンワンフ)は退屈してきたと言いながら、

哲宗(チョルジョン)にキム・ビョンインと直接戦う事をお勧めします。

キム・ビョンインは、哲宗(​​チョルジョン)と戦いながら、

以前、中殿(チュウデン)を殺そうとした暗殺者が哲宗(チョルジョン)であることを 確信して、目に復讐心がいっぱいになり息を止めてあげる決心します。

キム・ソヨンに向けたチョ・ファジンの弓

狩りはせず遊んでいたキム・ソヨンはチョ・ファジンと出くわして、

チョ・ファジンは許さないと弦を引いてキム・ソヨンに向けますが、 結局、弦を離して終わります。

最後に

今日の内容も面白い所と緊張させるところがウ甘く混ざった気がします。

哲仁王后11話では「スリッ日に狩りをする」と言う事が結構出、あした!

スリッ日は端午(だんお)とも言うことです。

韓国の端午(朝鮮語版)は、「タノ」(단오)と言い、旧暦の5月5日に行われる。この日に女性がブランコに乗る風習がある。

朝鮮では、端午(タノ)は旧正月(ソルラル)、秋夕(チュソク)、寒食(ハンシク)と並ぶ四大名節とされ、田植えと種まきが終わる時期に山の神と地の神を祭り、秋の豊作を祈願する日とされる。李氏朝鮮時代には、男子はシルム、女子はクネ(鞦韆、ブランコ)を楽しみ、厄除けの意味を込めて菖蒲を煮出した汁で洗髪し、女子は菖蒲の茎のかんざしを、男子は腰飾りを身につける習慣があった。端午の伝統料理には、ヨモギやチョウセンヤマボクチを練り込んで車輪の型で押したトック(車輪餅 チャリュンビョン)やユスラウメのファチェ(花菜、冷たい飲み物)がある

出典:wikipedia

時代劇は難しい用語が多いので、できるだけ皆さんが分かりやすく聞いているつもりですが、もし、理解できない所がありましたら、コメントを残してくださいね~~

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました