哲仁王后6話ー今日から1日。

哲仁王后5話で突然降り出した雨で、待っていた湖に水が満たされました。
その夜明けキム・ソヨン(シン・へソン)は、皆のの目を避けて湖に向います。
そして湖に落ちますが…
湖に落ちたキム・ソヨンを見て哲宗が湖の中に入ってキム・ソヨンを救えることになりました。

果たしてチャン・ボンファンはキム・ソヨンの体から脱出することが出来るでしょうか
それでは、哲仁王后6話のあらすじを紹介します~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




哲仁王后6話あらすじ

出典:tvN公式チャンネル

もう遅いかな…

多分あまりにも人間的な、理解できない女性を理解することは..本当に遅いのだろうか?キム・ソヨンの意外な行動と話にキム・ソヨンを考え直すことになった哲宗。
女性としてはありませんが、引き続きキム・ソヨンを考えるようになります。
そう思っていた哲宗は最後にキム・ソヨンを見たときの話を再び思い出させて、
何か異常があることに気づいて、すぐに宮に向かいます。

ノータッチ

キム・ソヨン:関係ないだろう!私が死ぬか生きるか!!どうせ望んだ事じゃないの?
哲宗:今でも中殿を理解するのは遅くないです。中殿が好きなようにしましょう。
   ノータッチ!!
湖で迷ってるときキム・ソヨンが湖に落ちたという事実を知った哲宗が
すぐに湖に飛び込んでキム・ソヨンを救えます。
しかし、キム・ソヨンはなぜ邪魔をするのかと哲宗に怒りながら叫びます。

キム・ソヨン:嫌だ!
哲宗:やりましょう。ノータッチ!

皆の幸せのために「ノータッチ」をしようと提案する哲宗。
しかし、キム・ソヨンが提案した「ノータッチ」として理解してないから、
キム・ソヨンは引き続き拒否しますが哲宗は継続してノータッチをしようとします。
(困る二人ですね!)

まさか…湖がチャンボンファンに戻れるドアじゃないの?

とりあえず、キム・ソヨンは再び宮に復帰します。
自分の本当の体、現在と接続されたところが湖ではないのかなと思うようになります。

もう私には…本当に、殿下しかいないな。

そしてチョ・ファジンがやむを得ず宮から出させたオウォル…
残念ながらキム・ザグンの部下に殺されます。
何も知らないチョ・ファジンは無事に帰ったのかなと思います。

チョ・ファジン:本当の贈り物はこれではない。
        本当の贈り物は、今日御前会議で主上に直接渡します。

以後、チョ・ファジンは大妃からもうすぐ主上に中殿廃位上訴が上がることを教えます。

もう一つ。死の境界まで行くつもり!

そして体をある程度回復したキム・ソヨンは実現を語るようになります。
湖に落ちること以外に、死の境界から越えて来たのが接続されたキーである可能性があることを分かりました。
しかし、一度それはあまりにも危険だから、他の方法を探してみようと思います。キム・ソヨン:プロだと聞きましたが…何か魂的な信仰が私に必要です。
大妃:あら!呪いお守りを新たに作ったことに気づいたのかな?

お守りや占い師がする呪術などの色んな迷信を試してみるつもりで専門家と呼ばれる大妃に訪ねます。
大妃はキム・ソヨンが探りを入れるために来たのかと思い彼女を警戒します。

再び心を開くのは容易ではないのが当然しない。

しかし、呪術も答えではなかったですね。
キム・ソヨンはしばらく休んでいくことにします。
そして、そのようなキム・ソヨンにノータッチしようと贈り物まで送る哲宗。

御前会議で中殿廃位上訴

哲宗:この上訴は、正しく転送されでないので無視します。
   中殿を最も近くで見守る夫として保証しますが、中殿は精神病ではありません。

風邪にひいた哲宗は御前会議に入って中殿廃位上訴を受け取ります。
しかし、中殿キム・ソヨンへの心がかなり回復した哲宗は
この上訴は、しっかりとした手続きを経ていないから無視すると皆の前で言います。
そして中殿の精神病の事まですべてが違うとしっかり言います。

哲宗:私に一度だけの機会を下さい。あなたを人として理解する機会を・・・

以後、キム・ソヨンに走って行って機会を下さいとお願いします。

今日から1日

今日から1日

出典:https://blog.naver.com/alsk1130/222187388121

キム・ソヨン:わかった!やろう。やろう。ノータッチ‼
哲宗:さて、今日から1日です。私たちがノータッチすることにした1日。

哲宗が継続して自分にきて機会をくれとお願いするのがいやだったキム・ソヨンは
結局ノータッチをしようと返事をして、哲宗はキム・ソヨンに今日からノータッチ1日という時代に合わない言葉を使います。

いったん、ここで生き残らなければならするキム・ソヨンは
以後、大王大妃を訪ね記憶を失ったことが助けになるかも知りませんが、
自分が本当に完璧な中殿になってみよう宣言します。
そして、チョ・ファジンは何か変わったような哲宗に少し不安を感じますが…
とりあえず、哲宗の話通りにキム・ソヨンの中殿廃位上訴を防ぐのを助けます。

哲宗:心が揺れます。どうして揺れないと思いますか。
永平君:私たちを裏切るつもりですか?危険な好感です。

一方、その日の夜チョ・ファジンと一緒の日。
永平君が哲宗を訪ねます。
哲宗のキム・ソヨンへの感情が少し変化があることに気づいた事に不安で
もう一度哲宗の心を確認するために来ました。

哲宗は、最終的に永平君にキム・ソヨンが自分たちと敵になるなら、自分が直接キム・ソヨンを殺すと言います。

呪術

「中殿の体の中に変なのが入ってます。お化け!お化けがいます!」そして呪術などを通じて大妃は、キム・ソヨン体に誰か入っているという話を聞きます。
「脈…脈拍がない」

その時刻、水刺間にいるキム・ソヨン。
突然、病院のシーンが出て来て気を失って倒れています。

最後に

あらら!キム・ソヨンは大丈夫かしら!
何となく、キム・ソヨンの中にいるチャン・ボンファンの体に何か問題が生じたようですね!
再びチャン・ボンファンの体にしばらく戻ったのかなと思いますが、
果たしてキム・ソヨンは再び目を覚ますことができるでしょうか?
チャン・ボンファンがこのまま現在に戻れるでしょうか?
キム・ソヨンの本当の魂は、本当に死んでしまったのでしょうか?
気を失った彼女の事は心配ですが、キム・ソヨンへの誤解をしていた哲宗の考えが変わることで、チョ・ファジンの立地が困るようになる気がします。
キム・ソヨンが目を覚ますことを願いながら来週も紹介を続けますね~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »