「魔女の法廷」7話のあらすじ

「魔女の法廷」7話のあらすじを紹介します。

<魔女の法廷> 7話では、マ・イドゥム検事のお母さんであるグァク・ヨンシルの失踪を追跡するイドゥムとヨ・ジヌクの姿が描かれました。

ジンウクは自分が会ったことがあるキム・ミジョン患者の記録を確認していた中、彼女の個人情報が虚偽である事実を知ることになって、イドゥムも母の失踪がチョ・ガプスと関連があることを分かるようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「魔女の法廷」7話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「魔女の法廷」の公式ページを参考で翻訳しております。

「魔女の法廷」登場人物

「魔女の法廷」登場人物

「魔女の法廷」7話あらすじ

「魔女の法廷」7話あらすじ

ジヌクのお母さんの患者であったジャンヒョンドンで麺家を経営していたおばさんの娘を探した事があると言うジヌクの話に見つけてやろうしまっイドゥムはその人が自分の母と確信します。
しかし、ジヌクの母コ・ジェスクは同じ人物ではないと言いながらイドゥムを慰めてあげます。

その時刻ミン・ジスク女性部長検事は、兄弟グループの息子アン・テギュの性暴行事件
被害者と会っています。
お金をもらって合意に応じた被害者は、ミン・ジスクと手を握って、アン・テギュに
計画的に接近して情報を捕るつもりだったです。

「魔女の法廷」7話あらすじ2

新しい事件を捜査してたジヌクとイドゥムは未成年者を雇って性売買をする抱え手
「ジャンオーうなぎの意味です(〃艸〃)ムフッ」をつかむためにおとり捜査を行って
女子高生コン・スアを捕えます。

チョ・ガプスと彼の秘書室長ぺク・サンホ
ぺク・サンホはチョ・ガプスの罪をかぶって
獄中生活までしていた忠実な部下でチョ・ガプスはこれまでの功を労います。

無分別な売春で深刻な性病に感染されたスアは、手術を受けることになります。
しかし、抱え手はスアの体の状態をものともせずにスアのおばあちゃんを利用して脅迫して売春を強要します。

「魔女の法廷」7話あらすじ3

キングダムに二度とこないでという叔おじであるチョ・ガプスの話を無視して
テギュはペク・ミンホまで連れてキングダムを訪ねました。

一方、過去の使用していた携帯電話を見つけるて、キム・ミジョン患者の記録を探したジヌクは名前や住所などの患者の個人情報がすべて偽りで記載されていることを確認して
母がチョ・ガプスの秘書ペク・サンホと関連があることを分かるようになります。

「魔女の法廷」7話あらすじ4

過去、同じ街で住んでいた知り合いの刑事に会ったイドゥムはミン・ジスクの名刺を渡し受けます。
彼女は自分のお母さんが大事な事件の情報提供者であり、イドゥムの母が失踪した後、ミンジスクが自分の名刺を渡したという話を聞いて、すぐにミン・ジスク部長を訪ねます。
イドゥムは母が兄弟工場性拷問事件の被害者の一人だったという真実をミン・ジスクから聞いてショックを受けます。

画像出典:http://yoom0909.tistory.com/249

「魔女の法廷」1話~16話の動画

「魔女の法廷」7話の動画はこちらです。

「魔女の法廷」7話の動画

最後に

イドゥムの衝撃は言葉では表現できないほど残酷ですね!

性拷問事件の被害者だった母が失踪まで・・・

母に会いたくて検事になったイドゥムが頑張って早く母の失踪とチョ・ガプスの悪行を暴露して欲しいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »