「魔女の法廷」9話のあらすじ

「魔女の法廷」9話のあらすじを紹介します。

イドゥムが14年前にお母さんが亡くなった事に衝撃を受けます。


イドゥムはチョ・ガプス裏切られたパク・サンホとの取引で寛恕が欲しがるモノを得られるでしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「魔女の法廷」9話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「魔女の法廷」の公式ページを参考で翻訳しております。

「魔女の法廷」登場人物

「魔女の法廷」9話あらすじ

イドゥムはチョ・ガプスに裏切られたぺク・サンホから自分の母の死に関して聞きて、なくなったスアが遺体で発見されます。

ぺク・サンホは、自分の弟が事件に巻き込まれと言いながら、チョ・ガプスに弟を出すけてとお願いして、チョ・ガプスはペク・サンホに心配しないでと彼を安心させます。
すべての状況はベク・ミンホに不利な状況に追い込まれることになり、兄弟グループの息子であるアン・テギュも共犯という事実にマスコミは大騒ぎしてします。

事件現場にいた被害者で証人だった彼女まで犯人はベク・ミンホだと名指することになります。

そこにペク・ミンホに不利な動画が証拠となって、アン会長は、自分の息子を助ける為にチョ・ガプスに脅迫をします。

ジンウクは事件の資料を確認したところ、グヮク・ヨンシルの失踪に関するすべての真実を分かるようになり苦しみます。
自分を炎の中で救おうとして怪我をしたマイドゥム母を回想しながら…

ぺク・サンホが自分の母をジンウクの母の病院に送り、病気でもないものを分かりながらもジンウクの母親が自分の母を監禁したという事実を分かったイドゥムは激怒します。

事件現場にいた別の彼女から送ってきた証拠物でベク・サンホに取引を提案して
ぺク・サンホはチョ・ガプスが自分を裏切ったのを知ってその取引の提案を受け入れるようになります。
イドゥムは母が14年前に死んだと言うベク・サンホの話を聞いて
20年間待っていたのに母が死んだという話に心は崩れ落ちてしまいます。
ぺク・サンホとイドゥムの取引場面は写真に撮られてチョ・ガプス携帯電話で伝送されます。

「魔女の法廷」1話~16話の動画

「魔女の法廷」9話の動画はこちらです。

最後に

ベクサンホとイドゥムの取引は成立できるでしょうか!
チョ・ガプスを加害者として法廷に立たせることができるでしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »