「ボーイフレンド」15話-なぜ、僕を捨てるの?

「ボーイフレンド」15話を紹介します。

ボーイフレンド14話最後のシーンでチャ・スヒョンがキム・ジニョクとの別れを決心する姿を見せました。
チャ・スヒョンは、息子と別れて欲しいとお願いするキム・ジニョク母の話を聞いて
悩みに落ち、キム・ジニョクの母は涙を流しながらお願いしました。
チャ・スヒョンは、平凡だったキム・ジニョクの家族が自分のせいで揺れ始めていく姿を確認した後、別れを決心しました。

キム・ジニョクの母親から別れてほしいと頼まれた事で悩んでいたチャ・スヒョンは、
何の準備もしていないキム・ジニョクに別れを告げました。
突然の別れに心が苦しかったですが、ゆっくりキム・ジニョクはチャ・スヒョンの心を受け入れ辞表を作成しました。

二人は、本当に別れることができますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「ボーイフレンド」15話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「ボーイフレンド」の公式ページを参考で翻訳しております。

ドラマ情報

放送時間:毎週水・木曜日夜9時30分~

制作陣:演出ーパク・ウシン、脚本ーユ・ヨンア

ジャンル:ロマンスドラマ

「ボーイフレンド」登場人物

重要人物

ソン・ヘギョ(チャ・スヒョン役)
パク・ボゴム(キム・ジンヒョク役)

チャ・スヒョン周辺人物

ムン・ソングン(チャ・ジョンヒョン役)
ナム・キエ(チャ・スヒョンの母)
チャ・ファヨン(キム会長役)

コ・チャンソク(ナム室長役)

キム・ジンヒョク周辺人物

シン・ジョングン(キム・ジャンス役でキム・ジンヒョクの父)
ベク・ジウォン(チュ・ヨンジャ役でキム・ジンヒョクの母)
ピョ・ジフン(キム・ジンミョン役でキム・ジンヒョクの弟)

その他人物

ジャン・スンジョ(ジョン・ウソク役)
キム・へウン(キム・ソンジュ役     キム・ジュホン(イ・デチャン役)
クァク・ソニョン(ジャン・ミジン役)    ジョン・ソニ(ジョヒェイン役)

出典:http://program.tving.com/tvn/encounter/15/Board/View

写真のすべての権利は該当に放送局(tvn)にあります。

そして、内容の理解の為に動画と写真をお使いさせていただきます。

「ボーイフレンド」15話あらすじ

別れの贈り物

二人はデートを終えて食事をしに行きました。
キム・ジニョクは食事の間にチャ・スヒョンに直接作ったカメラケースをプレゼントしました。

キム・ジニョク:私が直接作りました。退勤して少しずつ作りましたが、

                       思ったよりもうまく作れた気がします。
             スヒョンさんの名前も刻みました。気に入りますか?
チャ・スヒョン:どうやって作ったのですか?すぎですね。ありがとう。
と感謝の心を表現して、別れの話は言えませんでした。
別れを決意したチャ・スヒョンはキム・ジニョクからの贈り物を受けて心がさらに複雑になりました。

チャ・ジョンヒョンの良心告白

次の日、検察に自ら出頭したチャ・スヒョンの父チャ・ジョンヒョンは、
「企業から不法政治資金を受け取りました。
検察で事実関係を詳細に明らかにして処罰を受けます。
色んな間違な事が正しくなって欲しいです]と良心告白をしました。

キム・ジニョクは
[スヒョンをよろしく頼むね。彼女を守って欲しい。
ジンヒョクさんと一緒にいて安心できるね]と話していた
チャ・スヒョンの父チャ・スヒョンの話が思い出しました。

妻を説得

チャ・ジョンヒョンは、自分の妻に
[テキョングループから不法政治資金を受けた事を記者会して欲しい。
その資金、私が最初から知っていたと話をするつもりなの。
その後、あなたは執行猶予くらいで終わるから。その間旅行でも行って。
これは、ぜひ、しなければならないことだ。
スヒョンが一生テキョングループにあのように引きずられることを、いつまで知らんぷりするつもりなの?
あなたが期待していた事はもう無い」と穿っていました。
チャ・スヒョンの母は、[結局、終わらせるのねあなた!]と涙を流しました。

チャ・スヒョンが別れを告げます。

チャ・スヒョンは、父のチャ・ジョンヒョンが検察の調査を終えて出てきたというニュースに急いで車の鍵を持って向かって、彼女を待っていたキム・ジニョクが彼女の代わりに運転をしました。

チャ・スヒョンはキム・ジニョクに「話がある」と言ってカフェに行きました。
彼女が最初に話を始めました。

チャ・スヒョン:ジニョクさん、私達別れよう。長く悩みました。別れよう。
                     ジンヒョクさんが何か誤った事もなく、私たちの愛が足りなくてもない。
                      ある愛はここまでが切ない愛もあります。私を助けて。

                      ジニョクさんと良い思い出で生きることができるように助けてください。
と別れを告げました。
驚いたキム・ジニョクは、

キム・ジニョク:何を言っているんですか?なぜ思い出で生きていく。一緒に思い出を作りながら生きればいいじゃ。まだやってあげたい事がたくさんあります。
と言いましたが、彼女の心は変わらなかったです。

チャ・スヒョン:私たちだけ幸せだからです。ジニョクさんと出会ったすべての日が奇跡です
このような奇跡、プレゼントのような思い出、崩したくない。
と答えました。

キム・ジニョク:父の事が大変でしょう?それでも私はあなたのそばで守るよ。
チャ・スヒョン:私を大事にすると言ったでしょう?私もジンヒョクさんをとても大事にしています。
だから、ここでやめたいと思います。お父さんの事は、正しい方向に流れていくと思います。
大変でもないし怖くもないです。
と自分の意志をもう一度確実に表現します。

なぜ?僕を捨てるんですか?

結局、涙を流したキム・ジニョクは
キム・ジニョク:なのに、なぜ?僕を捨てますか?
チャ・スヒョン:私がどうやってあなたを捨てますか?行かせてあげるんです。
                        申し訳ない・・・お先に···
とカフェを出ようとしました。
キム・ジニョクはチャ・スヒョンの手を掴みますが、チャ・スヒョンは、振り切っていきました。

チャ・スヒョンが選んだ悲しい別れ

カフェで出てきたキム・ジニョクはチャ・スヒョンに電話をかけましたが、彼女は受け取りません。
チャ・スヒョンは、家で一人で苦しでいました。
別れにショックを受けたキム・ジニョクは会社の仕事に集中できなくて、早退をしました。
キム・ジニョクの父は[代表の事が心配だろう?こんな時こそ君が元気を出さない。]と話して、キム・ジニョクは薬を飲んだから大丈夫だと言って、二人の別れの話はしません。

別れの衝撃(キム・ジニョク)

キム・ソンジュはチャ・スヒョンに会社の事を報告しながら、
「キム・ジニョクさん早退しました。本人は大丈夫だといいますが、疲れがたまったのか・・・顔色が悪く見えました」と言いました。
チャ・スヒョンは、表情が固まった。

忘れる為にキューバ行き決定

チャ・スヒョンの長年の友人であり、秘書ジャン・ミジンは[頑張れ!]と甘い食べ物を渡して、「子供の恋愛にどんなお母さんが干渉をするの。私はちょっと理解できない。
キム・ジニョク氏が君を愛することが君のせいなの?愛が一方的でできるの?双方ではないのできないじゃ]とくよくよしました。

チャ・スヒョンは、[お父さん事が終わると、キューバに行くつもりなの。
君も1年ほど休職して。辞表はできないからね]とし、
ジャン・ミジンは[私も1年休職して君の隣で遊ぶつもりだ]と苦い笑いを見せました。

母の心

キム・ジニョクの父は、[本当にチャ・スヒョンさんに会って別れて欲しいと言ったの?本人が定めた道なら、助けてあげなくちゃ。なぜそんな事をしたの?]と妻に尋ねて、
キム・ジニョクの母は、[私が愚かだからです。ジンヒョクが傷つくことは見たくないです。後悔しないよ。時間がちょっと経過して静かになるでしょう。これ以上に進むことはできないことです。時間が過ぎて他の人と結婚して赤ちゃんも産むと、こんな日があったかと思うようになります。
このまま付き合いを続けるとジンヒョクだけが痛めるようになります。
私は普通に欲張らないで笑って生きていたようにそのように生きていきたいです。
これはジンヒョクだけが傷ついて終わることです。見なくても分かることです。
チャ・スヒョン代表の心を痛めたのも知っている。私が罰を受けるよ。
ところが、ジンヒョクはだめよ。私が罰を受けるから」と涙を流しました。

母の心を聞いたジュニョクはスヒョンに向かいます。

両親の会話を聞きたキム・ジニョクはチャ・スヒョンがいるオフィスに走って行き、
そのまま抱擁しました。
キム・ジニョク:なぜ?僕の母に会ったという話をしなかったですか?
チャ・スヒョン:それで、別れようとしたものではない。
              私は決心したから、これ以上心を痛めないでください。
キム・ジニョク:時間が必要です。私たちも、その時間が過ぎてから、

                        お互いを大切にする心だけ残ったじゃないですか!

                        だから、私たち待ってよう。
チャ・スヒョン:母がミカン蜂蜜を作ってくれました。とても素朴で美しいです。
                        お金で買うことができないようなものです。それをどうやって破る?

                        私はできません。

                        私の家族は集まって食事しただけでも記事に載ります。
                        私がジンヒョクさんとラーメンを食べただけても、うるさかったじゃ。
                        このように私たちの家族が平凡ではないです。
                        私がこんなに素朴できれいな蜂蜜と似合うとおもいますか?
と言いながら悲しい心を見せました。

キム・ジニョク:私があなたがドンファホテルの代表だから愛しだと思いますか?
                        私があなたの父が有能な政治家だから、興味を持ったと思いますか?
                        違います。
                        お互いに異なる事が理由になることはありえないです。
                        異なる人が似て行くのが愛です。
                        お願いだから・・・あなたと別れない・・・
と懇願しました。

チャ・スヒョンの変わらない心

チャ・スヒョン:私のためにジンヒョクさんと大切な人が疲れは行く事を見守る

                        自信がありません。
                        ジンヒョクさんと遇えなくなることよりよりも、

                        それげもっとつらくなると思う。
                        申し訳ありません。私ができないと思う
と別れの意思を曲げませんでした。
キム・ジニョクは再び彼女の手を握りましたが、チャ・スヒョンは、振り切ってオフィスを出ていきました。
一人で残されたキム・ジニョクはそのまま座り込んで嗚咽し、チャ・スヒョンも涙を見せました。

皆はスヒョンとジニョクを心配

キム・ジニョクは心を引き締めて会社の仕事に集中しようとしたが容易ではなかったし
キム・ソンジュ部長は、[プライベートの質問がある。代表がキューバに長い出張をいくと言っていた。どうやら奇妙です。ジンヒョク氏代表と何かあった?
完公されるまで、キューバに行くと言いますが、ここのホテルを置いてそんな事をする方ではないから]と困惑しました。

チャ・スヒョンの運転手ナム室長はキム・ジニョクと別れた理由を聞いて、チャ・スヒョンは、
[私がとても利己的だと思ったからです。私の存在自体が誰かには荷物のように邪魔になるから・・・]と悲しみました。

キム・ジニョクは、[あの人が一番大変な時間なのに、僕にできる事が何もありません。私ももう別れようと思います。時間が必要だとおもったけど、あの人の心が私を説得してしまいました。
私は彼女を高くて深い城から連れて出てきたと考えましたが、あの人の話を聞いてみると、また城に閉じ込めたんですね。罪悪感という城。
自己のために、皆がが大変だな…と見守る罪悪感。
そんな罪悪感に閉じ込めさせるとこの愛が何の意味もないと思います。
だから、あの人と別れようと思っています]と打ち明けました。

キム・ジニョクとチャ・スヒョンは、会社で知らないふりをして通り過ぎて、
キム・ジニョクは退社のために辞表を書きながら言いたい事があるようにチャ・スヒョンを訪ねました。

「ボーイフレンド」15話動画

「ボーイフレンド」15話視聴率

「ボーイフレンド」15話視聴率は8.0%です。

「ボーイフレンド」1話~16話の予告

「ボーイフレンド」1話~16話の放送スケジュール

2019年1月 24日 「ボーイフレンド」 16話(最終話)

2019年2月 6日 イ・ドンウク、ユ・インナ主演「真心が届く」 1話

最後に

あまりにも悲しい結末になりそうな予感ですね。
本当に別れるのでしょうか?
1年後、キューバで再会するでしょうか?
それともこのストーリーは、誰かの夢だったのでしょうか?
どんな結末になるか、二人が愛する関係でならないような予感ですね。
今夜の最後の放送を早く見て皆さんにご報告いたします。

ソン・へギョ,パク・ボゴム,ボーイフレンド,남자친구

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »