アルハンブラ宮殿の思い出12話 – ヒョンビンがキム・ウイソンと同盟して危機から脱出しました

「アルハンブラ宮殿の思い出」12話を紹介します。

ユ・ジヌを窮地に私の乗っていたチャ・ビョンジュンは抜け出せない沼に陥りました。
自分が否定していた現実を直接経験にしたチャ・ビョンジュンは驚愕するしかなりましたです。
絶対信じなりました現実を直接目撃したチャ・ビョンジュンとして絶対ユ・ジヌを窮地に攻めることができない状況を迎えました。
今、ジョン・セジュだけを捜せば問題は解決できるかも知りません。


自分を責めるばっかりのチャビョンジュンをユジヌがどんな方法で同盟するようになるのかアルハンブラ宮殿の思い出12話を早速紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「アルハンブラ宮殿の思い出」12話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「アルハンブラ宮殿の思い出」の公式ページを参考で翻訳しております。

ドラマ情報

放送時間:毎週土・日曜日夜9時30分~

制作陣:演出ーアン・ギルホ、脚本ーソン・ジェジョン

ジャンル:ロマンスドラマ

出典:http://program.tving.com/tvn/tvnalhambra/11/Board/View

写真のすべての権利は該当に放送局(tvn)にあります。

そして、内容の理解の為に動画と写真をお使いさせていただきます。

「アルハンブラ宮殿の思い出」登場人物

主要人物

ユ・ジヌ役———————ヒョンビン

ジョン・ヒジュ役————–パク・シネ

チャ・ヒョンソク役————パク・フン

その他

オ・ヨンシム役————–キム・ヨンリム            ジョン・セジュ役————チャンヨル

ジョン・ミンジュ役———イレ                           キム・サンボム役————イ・ハクジュ

イ・スジン役—————-イ・シウォン               チャ・ビョンジュン役——–キム・イソン

イ・スキョン役————–リュ・アベル               パク・ソノ役—————–イ・スンジュン

ソ・ジョンフン役———–ミン・ジンウン             チャ・ヤンジュ役————-チョ・ヒョンチュル     

コ・ユラ役—-ハン・ボルム, マルコ・ハン役—-イ・ジェウク, ノ・ヨンジュン役—パク・ジヌ

「アルハンブラ宮殿の思い出」12話のあらすじ

裏切り者はお前だ。

チャ・ビョンジュンと向き合ったチャ・ヒョンソクと
エマと向き合っジョン・ヒジュ、最後のミッションに向かいます。

ユ・ジヌとジョン・ヒジュは恋人になりました。

ユ・ジヌは果たしてジョン・ヒジュを本当に好きだろうか?
まだ疑問が残る状況で二人の関係はつながるのが曖昧な気がします。
ジョン・ヒジュを片思いするサンボムにより、状況は混乱よりもむしろ、より親しくなるしかない状況を作った結果になりました。

ジョン・ヒジュはユ・ジヌの電話を受けておしゃれをしました。
しかし、初デートのときめきは会う瞬間消えました。
自分がプレゼントしたピアスにケチをつけるユ・ジヌが憎いですね。
二人はレストランに移動する途中、警察の検問を受ける過程で事件が起きました。
スナイパーの銃撃をユ・ジヌは受け始めました。

攻撃を受けたユ・ジヌ

いきなり始まった銃撃の警察の検問を拒否して避ける事に忙しいユ・ジヌ。
危険地域を脱する事は出来ましたが、警察の検問を拒否して逃げたのは問題になりました。
しかし、ユ・ジヌが精神病を患っているという事実がどのように広く知られているか分かるようになる理由だけになりました。
食事をする時にジョン・ミンジュの電話を受け、病院に向かったジョン・ヒジュとユ・ジヌ。
サンボムが秘密にしていたジョン・セジュ話を腹立ちまぎれに行われたことだった。
その状況は、皆を覚醒させました。
ジョン・ヒジュはより明確にユ・ジヌとの関係を具体化するしかない理由となり、
ユ・ジヌはこれ以上は状況を先送りすることができないと確信をしていました。

「兄死んの。本当に死んだの」

ジョン・ミンジュが心配そうに尋ねるこの話は、ユ・ジヌが決断するようにさせてくれました。
ジョン・セジュ探す事を先送りする事はもうできないと決断しました。
ジョン・セジュを探すためにどのような方法を選択するか、これはあまりにも明確だった。
ユ・ジヌがこの選択を先送りしたのは誰か、また犠牲させる可能性がある不安からでした。

ユ・ジヌとチャ・ビョンジュンの同盟

警察の調査を受ける日、ユ・ジヌは警察署ではなく、チャ・ビョンジュンが授業をする大学を訪れました。
ユ・ジヌとしてジョン・セジュ探しを先送りできない状況だった。
チャ・ビョンジュンが1年の間に丁寧に準備した反撃を破って、ジョン・セジュ探すためにチャ・ビョンジュンが助けるしかない状況を作ることは単純でした。

チャ・ビョンジュンは何も信じなかったです。
ユ・ジヌが経験している、そのすべてを否定しました。
ゲームの中で繰り広げられる数々の事が事実であることを信じませんでした。
チャ・ビョンジュンはただ、自分が信じたいことだけを信じたかったです。
息子を追い出して利益を作ってくれるユ・ジヌを選択したことへの後悔がありました。

息子が死んだ後、その罪悪感はユ・ジヌへの怒りに変わりました。
気に入らない息子だったが、チャ・ビョンジュンは唯一の家族でした。
その血縁の執着さえ強いチャ・ビョンジュンは、自分の利益の前で揺れたりもしたが、
静かに待っていました。
ユ・ジヌを崩させることができるすべてを準備しました。

ユ・ジヌだけではなくチャ・ヒョンソクの妻になり、自分の孫まで産んでくれたイ・スジンさえ追い出すために準備をしました。
徹底的に準備されました状況で、ユ・ジヌが抜けていくことができる方法がありません。すでにユ・ジヌ一人で逃れることはできない深い泥沼は作られていて、
すでに、半分くらい落ちたユ・ジヌは決して一人で抜け出すことができない状況だからです。

チャ・ビョンジュンの勘違い

チャ・ビョンジュンは確信していました。
自分がすべての牌を握っていると。
息子を殺したユ・ジヌを罰を受けて、会社さえ、自分が完全に占めるようになったこのような状況が嬉しいだけでした。
不要に見えたすべてのものを捨てて、もう自分が得ることができるすべてのものを得れば十分な状況だからです。

ユ・ジヌが自分の教室に来て、すべてのことを証明するとしたときも信じなかったです
ゲームサーバーを起動させて、ユ・ジヌの提案を受けた瞬間、チャ・ビョンジュンは仰天しました。
ユ・ジヌと同盟を結んだ瞬間ゲームに入ったチャ・ビョンジュンの前に、
すでに死んでしまった息子チャ・ヒョンソクが登場しました。
血だらけになったまま剣を持って、自分に向かってくる息子の姿は嬉しより恐怖でした。

道がなかった!

同盟を結んだ瞬間からユ・ジヌが経験するすべてのものを一緒に経験される運命になったチャ・ビョンジュンはもう免れることがなかったです。
死ぬかユ・ジヌを助けて問題を解決する方法以外にない!
ユ・ジヌを危機に追い込む瞬間、チャ・ビョンジュンも死を迎えるしかないという事で
彼は今、徹底的に協力者の役割をしなければならない状況になりました。

信じなかった世界がチャ・ビョンジュンの前に繰り広げられました。
ユ・ジヌがクレイジーだと思ったが、それは事実ではありませんでした。
チャ・ビョンジュンは、直接ゲームの中の現実で出会った経験は、ユ・ジヌを信じざる得ない状況になりました。
死んだ息子が現れ、自分を殺そうとする状況を経験したチャ・ビョンジュンとして
さらには信じない理由もなかったからです。

エマとジョン・ヒジュ

ユ・ジヌの家に行ったジョン・ヒジュは「アルハンブラ宮殿の思い出」演奏音を聞いて驚くしかなりました。
演奏をする人はもう一人のジョン・ヒジュであるエマだった。
エマと向き合うことになったジョン・ヒジュ。
そして、ジョン・ヒジュを見て笑うエマの姿で最後のクエストで、彼らがどのような役割をするのか明確になりました。
ジョン・セジュが自分の姉をエマという重要な役割に作ったのは、ただ偶然ではありません。
メッセンジャーの役割をしたり、重要なヒントを伝える人物でもあるエマ。
ジョン・セジュは姉のすべてをエマに入れました。
そのような点で、エマはジョン・セジュを見つけることができる唯一の希望であります
これは、すぐにジョン・ヒジュもその最後のクエストに参加するしかないということを意味でもあります。

AR(拡張現実)ゲームってなに?

Augmented Realityオグメンティードリアリティ;
増強現実、拡張現実、
人が知覚することができる現実環境をコンピュータ・センサーを介して拡張する技術の総称。
または、そのような技術に拡張させた現実環境(略:AR)(=拡張現実)(→AR眼鏡)

AR眼鏡や機器などを利用して、仮想の3D映像が現実空間で実物のように動くようにするなどの技術を指します。

「アルハンブラ宮殿の思い出」12話動画

「アルハンブラ宮殿の思い出」は日本のNetflixで放送中で、30日間無料でお試し可能です。

Netflixーアルハンブラ宮殿の思い出

「アルハンブラ宮殿の思い出」12話視聴率

「アルハンブラ宮殿の思い出」12話視聴率は9.9%です。

「アルハンブラ宮殿の思い出」1話~16話の予告

「アルハンブラ宮殿の思い出」1話~16話の放送スケジュール

2019年1月 12日 「アルハンブラ宮殿の思い出」 13話

2019年1月 13日 「アルハンブラ宮殿の思い出」 14話

最後に

劇的な反転が行われました。
絶対悪のようにユ・ジヌを攻撃していたチャ・ビョンジュンは同盟を結び、そのまま崩れました。
自分が信じていた、そのすべてを否定されました。
自分に見えるすべてのことを否定したいですが、決してそうできないことをチャ・ビョンジュンは知りました。
これは結果的に、積極的にユ・ジヌを助けることが、自分が生きる道だということを知っています。
最後の4話のストーリーの中にジョン・セジュ探しは本格的に行われる予定に見えます。
その過程でどのように物語が展開されるのかはまだわかりませんが、明らかなことは敵は消えてジョン・セジュ探しのための挑戦だけが、残っているという事です。
ジョン・セジュは果たして生きているのだろうか?
そして、すべてのクエストを終えた場合、死亡した彼らはどうなるのだろうか?
残り4話ですがストーリーはやっと本格的に始まった気がしますね。

ヒョンビン,パク・シネ,アルハンブラ宮殿の思い出,알함브라 궁전의 추억

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »