アルハンブラ宮殿の思い出16話 – ヒョンビンの生存パク・シネのbelieve、そして半分のハッピーエンド

「アルハンブラ宮殿の思い出」16話を紹介します。

仮想現実ゲームをテーマにしたドラマである「アルハンブラ宮殿の思い出>が16話幕を下ろしました。
新しい素材を扱ったという点で、明らかに勇気ある挑戦でした。
しかし、ドラマ的な楽しみは、中盤を越えてから力が落ち始め物足りなさを与えました
合理的な結論を出すことは出来ましたが、ストーリーの量は13話程度の分量を増やした感じという点で少し残念でした。


それでは、アルハンブラ宮殿の思い出の結論がどうなるのか今から紹介します~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「アルハンブラ宮殿の思い出」16話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「アルハンブラ宮殿の思い出」の公式ページを参考で翻訳しております。

ドラマ情報

放送時間:毎週土・日曜日夜9時30分~

制作陣:演出ーアン・ギルホ、脚本ーソン・ジェジョン

ジャンル:ロマンスドラマ

出典:http://program.tving.com/tvn/tvnalhambra/11/Board/View

写真のすべての権利は該当に放送局(tvn)にあります。

そして、内容の理解の為に動画と写真をお使いさせていただきます。

「アルハンブラ宮殿の思い出」登場人物

主要人物

ユ・ジヌ役———————ヒョンビン

ジョン・ヒジュ役————–パク・シネ

チャ・ヒョンソク役————パク・フン

その他

オ・ヨンシム役————–キム・ヨンリム            ジョン・セジュ役————チャンヨル

ジョン・ミンジュ役———イレ                           キム・サンボム役————イ・ハクジュ

イ・スジン役—————-イ・シウォン               チャ・ビョンジュン役——–キム・イソン

イ・スキョン役————–リュ・アベル               パク・ソノ役—————–イ・スンジュン

ソ・ジョンフン役———–ミン・ジンウン             チャ・ヤンジュ役————-チョ・ヒョンチュル     

コ・ユラ役—-ハン・ボルム, マルコ・ハン役—-イ・ジェウク, ノ・ヨンジュン役—パク・ジヌ

「アルハンブラ宮殿の思い出」16話のあらすじ

インスタンスダンジョンから出てきたユ・ジヌ。

黄金の鍵ですべてのバグを修正したユ・ジヌは1年後に

ジョン・セジュのように帰ってきました。

仮想の未来と言うようなゲームを楽しむ姿を見る時が来るかもしれない。
技術的にこのような状況は、不可能なレベルではないからである。
技術的な完成度はますます高まって私たちは想像するのは難しいほど変化する世界に直面するしかないと思います。
過去100年の変化よりも、最近の10年の変化がより劇的であるからです。

チャ・ビョンジュンは死亡した。

ゲームの中のチャ・ビョンジュンの息子であるチャ・ヒョンソクはまるで呪いを降りたよう再度登場して父を攻撃しました。
ユ・ジヌを殺すために開いたサーバーは、結果的にチャ・ビョンジュンを死んだ理由となりました。
死を誘発するゲームは、ユ・ジヌが再びエマに会って終了しました。
ユ・ジヌが持っていた金の鍵はバグになってしまった死者を完全消去する方式で終わりました。

黄金の鍵で除去

チャ・ヒョンソクをはじめとチャ・ビョンジュンとソ・ジョンフンを黄金の鍵で除去しました。
そしてユ・ジヌもエマに胸に刺さながら消えました。
すべてのバグは、そのように修正完了されました。
このような状況で、なぜユ・ジヌが、ゲームの中で生きていたのだろうか?
疑問を持てると思います。

亡くなった3人とユ・ジヌが違う理由。

先に亡くなったチャ・ヒョンソクとチャ・ビョンジュンとソ・ジョンフンは
すでにゲームの過程で死亡した存在です。
死亡して、まるでゾンビのようにゲームの中で漂流する存在に転落しました。
既に死亡した者がバグとなり、金の鍵がそのバグを削除することになりました。
削除された彼らはNPCに再び登場することができなくなりました。

ユ・ジヌの場合は、死亡者ではありません。

ユ・ジヌ自体がバグというのはエマが作ったバグの始点にユ・ジヌが存在するからです
そのため、チャ・ヒョンソクが死亡しました。
ユ・ジヌ自体がバグであるしかない理由でした。
そのバグになってしまったユ・ジヌもゲームの中から消える運命だったが、
開発者であるジョン・セジュは一つの希望を作り出しました。

マスターの役割を代わりにすることができる能力

自分を生かした者がマスターの役割を代わりにすることができる能力を与えたのでした。そのため、ユ・ジヌは死ではなく、マスターの能力にインスタンスダンジョンの中で自分を隠すことができました。
インスタントダンジョンマスターであり、開発者であるジョン・セジュが作った秘密の倉庫のような空間です。
そこは奇妙なことに、ゲームだけでなく、現実の世界でも見られないです。
ジョン・セジュが1年ぶりに帰ってくることができたことも、このような機能があったからです。
ジョン・セジュが1年ぶりに帰ってきた設定自体が、
ユ・ジヌも1年後に戻ってくることができるということを意味すると思います。
ほこりになってしまった人物を見て泣くしかなかったジョン・ヒジュとパク・ソンホは
残された者たちの痛みをひしひし感じるしかありませんでした。

ゲームリセット

ユ・ジヌまで消えた後のゲームは自動的にリセットされました。
これまでのすべてのデータは、消えて無になってしまったゲーム。
そのゲームを活かすのか、捨てるのかの岐路に立ったパク・ソンホは開発をし直すことで糸口をつかみました。
そして消えたユ・ジヌに毎日メールを送信するパク・ソンホは、そのすべての状況がまだ信じられなかったです。

ジョン・ヒジュの希望

ジョン・ヒジュの状況も同じようでした。
愛する人が突然消えた!
多くの人々が死亡したと信じていました。
しかし、ジョン・ヒジュが信じる希望はジョン・セジュを通じて発現されました。
自分の弟も1年以上消えていましたた。
皆が死んだと信じていましたが、ジョン・ヒジュは最後まであきらめなかったです。
そしてジョン・セジュも帰ってきました。

コ・ユラ結婚

1年が過ぎた後、コ・ユラは秘密の結婚式を挙げました。
ユ・ジヌが殺人者だと証言した内容は、根拠がなく、これにより、誣告罪で罰を受けました。
飲酒運転まで加えられコ・ユラは芸能界でも引退をする事になりました。
その最悪な状況に置かれたコ・ユラが選んだのは、結婚でした。
60代の子持ちでお金持ちの男と結婚をしましたが、コ・ユラの人生は相変わらずめちゃくちゃでした。

イ・スジンの寄付

チャ・ビョンジュンの1周期イ・スジンは義父の財産のすべてを財団に寄付しました。
膨大な量の両方を財団に寄付したイ・スジンはその方法がいいと思いました。
残酷だけだったチャ・ビョンジュンのお金を息子に残して与えることはしたくなかったようですね。

ネクスト発売

ユ・ジヌが消えてから1年が過ぎた後、「ネクスト」というゲームで公式発表されました。
今までに見たことのないゲームは、人々を魅了したものの、それほど問題も多く生み出しました。
人々に会うことを恐れていたジョン・セジュはパク・ソンホの助けを借りて自分の好きなゲームの開発に邁進できるようになりました。
自分を好かれてれる人と一緒にすることができるジョン・セジュは新しい人生を生きることができるようになりました。
そのすべてのものは、元の位置に戻り始めました。

インスタンスダンジョンから出たユ・ジヌ

ジョン・ヒジュは、コーヒーを飲むために立ち寄ったコーヒーショップで奇妙な話を聞きました。
ゲームが発売されて間もない状況で銃を撃つキャラクターが出てきたという話です。
他の人はわからないがジョン・ヒジュは知っています。
すべての経験をしてみたのだから。
ゲームが再び作られるために1年がかかりました。
そしてそのゲームが再びこの世に登場し、インスタンスダンジョンにいたユ・ジヌも外の世界に出てきました。
もし、ゲームが開発されず、そのままなくなったらゲームの中のインスタンスダンジョンに隠れていたユ・ジヌも消えたかも知りません。
ゲームが発売され、インスタンスダンジョンにいたユ・ジヌもまた世の中に出ることができるきっかけとなりました。
そのユ・ジヌを目撃した場所に向かうジョン・ヒジュとまだ危険にさらされ、ユーザーを支援するユ・ジヌの後ろ姿は、彼らの将来を見せてくれるようでした。
16話のストーリーはゲームのような仕上がりになったまま終了しました。

AR(拡張現実)ゲームってなに?

Augmented Realityオグメンティードリアリティ;
増強現実、拡張現実、
人が知覚することができる現実環境をコンピュータ・センサーを介して拡張する技術の総称。
または、そのような技術に拡張させた現実環境(略:AR)(=拡張現実)(→AR眼鏡)

AR眼鏡や機器などを利用して、仮想の3D映像が現実空間で実物のように動くようにするなどの技術を指します。

「アルハンブラ宮殿の思い出」16話動画

「アルハンブラ宮殿の思い出」は日本のNetflixで放送中で、30日間無料でお試し可能です。

Netflixーアルハンブラ宮殿の思い出

「アルハンブラ宮殿の思い出」16話視聴率

「アルハンブラ宮殿の思い出」16話視聴率は%です。

「ロマンスは別冊付録」1話~16話の予告

「ロマンスは別冊付録」1話~16話の放送スケジュール

2019年1月 26日 「ロマンスは別冊付録」 1話

2018年1月 27日 「ロマンスは別冊付録」 2話

最後に

明らかに、新たたけど物足りなさも多くて残念な思いもありました。
ソン・ジェジョン作家が新しい素材をテーマとしましたが、仕上げがインパクトがないという評価を受けてきました。
風変わりな素材という点で、これを消化する能力が不足になる可能性はあると思います
しかし、繰り返されると問題になる可能性も高くなります。
<アルハンブラ宮殿の思い出>の内容を見ると、12話か13話の分量ほどだと見れば足りると思います。

拡張したり、またはこれにより劇的な仕上がりを作り出すのに手に負えなかっだったという意味でもあります。
最終話に登場する状況は、全くありえないことでは無いと思います。
十分なつながりを持っているという点で、合理的な結論とすることができるからです。
ジョン・セジュが消え、彼の助ける過程で食い違いが出て遅い流れに妨げられながら物足りなさを加えた気もします。
新たな展開を介してストーリーが豊かになることもあったが、ユ・ジヌとジョン・ヒジュの愛が登場してストーリーは、むしろ別の道を歩むことになったからです。
もちろん結末のための設定で重要なのがLOVEですが、その過程が滑らかに近づいてこなかったと感じました。
でも、非難を受けるほどの臆病なドラマではないと思います。
新しい試みをしたということだけでも、<アルハンブラ宮殿の思い出>は開始とともに半分の成功を収めた作品です。
滑らかストーリーが続いて満足のいく結末に進まなかった物足りなさはありますが
作家が様々な試みをすることは、いつも応援したいことです。
その韓国ドラマの外縁を広げる触発制になってくれているからです。

また、ゲームの興味がない人々に新たな世界を導いてくれた点は大成功だと言っても過言ではないかも知りません。
当方も、ゲームに全く興味がない人の一人ですが、アルハンブラ宮殿の思い出を紹介しながらゲーム用語を習い始め楽しみを感じました。
その影向が結局ネット上での用語で何となく自分が若者の文化が少し理解できるきっかけになった気がしてとても嬉しかったです。
今小学生の自分の娘が大人になった時はこのようなゲームを楽しむかも知らないので、その時会話ができるように今回習ったゲーム用語は忘れずに使います。
これで、アルハンブラ宮殿の思い出の紹介を終了します。
来週からは、イ・ジョンソク、イ・ナヨン主演のロマンスは別冊付録を紹介します。

ヒョンビン,パク・シネ,アルハンブラ宮殿の思い出,알함브라 궁전의 추억

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »