「理判事判」1話2話のあらすじ

「理判事判」1話2話のあらすじとハイライト動画を紹介します。

チェ・ジョンジュからイ・ジョンジュに名字を変えた彼女は判事になって色んな事件を担当しますが、なぜか強姦犯の事件が多く出てきます。

未成年者強姦殺人罪で無期囚服役中のジョンジュの兄と関連があるでしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「理判事判」1話2話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「理判事判」の公式ページを参考で翻訳しております。

「理判事判」登場人物

「理判事判」登場人物

「理判事判」1話2話あらすじ

学生時代イ・ジョンジュの名字は「イ」ではなく「チェ」だったです。
その理由は、司法試験に失敗して自殺したお父さん。
未成年者強姦殺人罪で無期囚服役中のお兄ちゃん
父と兄の事で心の病気で死亡したお母さん。
すべてを否定したかった彼女は、司法試験1次合格した日お母さんの遺言の通りにおじの娘になり、名字をチェからイに変えてイ・ジョンジュになります。

高校時代までチェ・ジョンジュだった彼女はユミョンヒ(キム・ヘスク)判事の事務所で兄の事件記録を盗みますが、すぐバレてしまいます。

それから10年後、判事になったイ・ジョンジュは出勤するときひったくりあって事件の当該記録を紛失してしまいます。


その場での事件を目撃したサ・イヒョン(ヨン・ウジン)は犯人を押さえてイ・ジョンジュのものを取り戻してきます。

裁判に入ったイ・ジョンジュは連鎖児童強姦犯(ベ・ユラム)の人面獣心形態に怒りて暴動を起こして、インターネットに映像が広がり、「バカ判事」と呼ばれることになります。

サヒョンは担当判事として、ド・ハンジュン(ドンハ)は担当検事で、殺人犯で10年目服役中のチャン・スンボクの裁判が開かれます。

無罪を主張するチャン・スンボクは休廷された間に「私の無罪はあなたの有罪だ」という、血で書いた文字を法廷に残します。

裁判所長と上層部はサ・イヒョンにイ・ジョンジュの映像でチャン・スンボク事件を覆いチャン・スンボクの映像を廃棄処分しようとします。


チャン・スンボク映像を見ていないイ・ジョンジュは再審請求の決定を控えて悩みに陥ります。
イ・ジョンジュが引き受けた強姦犯裁判が再び開かれます。

強姦犯はイ・ジョンジュと法廷に二人だけにしてくれと言いながらジョンジュを人質に立てこもります。
強姦犯はサインされた記録を燃やしと要求して、ジョンジュが憤怒したら、強姦犯は「性暴行はなかったことを確実に教えてあげる。資料を燃やすか!服を脱ぐのか!どっちかしろ!」とセクハラを続きます。


その瞬間、サ・イヒョン登場、「脱ぎなさいよ!イ・ジョンジュ判事」と言って1話と2話が終わります。

「理判事判」1話~32話の動画

「理判事判」1話2話の動画はこちらです。

「理判事判」1話2話の動画

最後に

始まったばっかりでストーリーがはっきりわからないですと思ったら、そうでもないですね!

多分、強姦犯の事件が多く出ているのがジョンジュの兄の事件と何か関連がある気がします。

連鎖児童強姦犯の態度に我慢できず悪口をガンガン行ってあげたのはサイダーを飲んだ後のスッキリするゲップみたいに痛快な気分でした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »