ジャグラズ11話のあらすじ

ジャグラズ11話をあらすじで紹介します。

ジャグラス11話では、ザ・ユニが(ペク・ジンヒ)とナム・チウォン(チェ・ダニエル)を狙うチョ専務(イン・ギョジン)の姿が紹介されました。

ナム・チウォンは、会社のロビーで元妻ド・ドフィ(ソ・ウンウ)に会いました。
ド・ドフィはナム・チウォンに「私は兄が必要です。私のそばにいてください。
再び家族になって欲しい」と言い、ナム・チウォンはザ・ユニに午後のスケジュールをキャンセルしてもらいました。

驚いたユニの心はどうなったでしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ジャグラズ11話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「ジャグラズ」の公式ページを参考で翻訳しております。

ジャグラズ登場人物

ジャグラズ11話あらすじ

二人が一緒に出て行く姿を見たユニは一日中気を取られていました。
悩んだ末ユニは仕事を言い訳にチウォンに電話をかけましたが、ド・ドフィの声が聞こえもっと不安になりました。

この日、チウォンがドフィと一緒にいた理由はド・テグン(キム・チャンワン)が病院に入院したためでありました。

この事実を知らないユニはずっとチウォンを待ち、遅く帰ってきたチウォンはユニを抱き、「申し訳ない。私はすべて悪かったです」と言いました。
チウォンはユニに状況を説明して、ユニも理解してくれましたが、
それでも、チウォンは申し訳ない気持ちでユニが欲しいな事すべてをきいてあげると言います。
ユニが望む事は意外と家の掃除だったです!
デートすればいいのに・・・汚いな…ザ・ユニ!!(〃艸〃)ムフッ
チウォンは清掃を終えで散歩を行き、アンマンを買って食べましたが、ユニは家に携帯電話を置いて出てきたことに気が付いて家に戻りました。
ユニの携帯には弟から母親が家に来るという連絡がきてありました。

丁度、その時、ユニの家の前に待ち伏せしていたジョ専務はユニの母親にバレて追い出されました。

家に帰ってきたユニとチウォンは二人を待っていたド・ドフィと向き合いました。
チウォンはド・ドフィとちょっと話をしてくると言ってユニの手を放しました。
その瞬間、ユニは奇妙な心になりチウォンの手を握りました。
ユニは「ダメです!今日は私が望むことすべてを聞いてくれると言ったじゃないですか!今日は、常務を行かせません!」と述べました。

一方、コン・ユ部長を含む映像事業部の社員達はザ・ユニがナム・チウォンに送ったメモ紙をもとに、社内カップルを推測しました。
これを見たオ・チャンスは腹立ってメモ用紙を飲み込んでしまいました。(あほやね!!)
状況を知らないナム・チウォンはオ・チャンスに「紙をなぜ食べるの。ヤギですか?」と言いました。
ファンボ・ユル(イ・ウォングン)は母の命日にワン・ジョンエ(カン・ヘジョン)の前で涙を流しました。

ジャグラズ1話~16話の動画

ジャグラズ1話~16話の予告

ジャグラズ1話~16話の放送日時

2018年1月9日ジャグラス12話
2018年1月15日ジャグラス13話

最後に

チウォンとユニの愛が深まってきたのに邪魔者が現れましたね!
チウォンがもう少しユニが不安を感じないようにはっきり言って欲しいですね!
女って、そうじゃないでしょうかね~~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »