ジャグラズ4話のあらすじ

ジャグラズ4話のあらすじで紹介します。

「ザ・ユニさんにとって関心であるだろうが、私にとっては干渉のようなことだとしておきましょう」
ジャグラス4話ではナム・チウォンが関心との干渉の違いを推し量り始まる姿に慎重に変化する様子を見せてくれました。

チウオンがユニに心を開いてくれるでしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ジャグラズ4話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「ジャグラズ」の公式ページを参考で翻訳しております。

ジャグラズ登場人物

ジャグラズ4話あらすじ

この日の放送では、チウォンやユニを接待部がいる飲み屋に呼び出したジョ・サンム専務(イン・ギョジン)がユニに醜態を演じて、チウォンが直接、防いでくれました。
ユニがジョ専務が呼ぶ場所に行くことを嫌がってたチウォンを家の礼金10%の割引を口実に無理矢理に連れて行った状況でした。

しかし、ジョ専務はユニとボナ(チャ・ジュヨン)を入社年次に応じて差別をしたり、お酒の接待までさせてチウォンを怒らせました。
結局チウォンはジョ専務に向けた痛快な一針を飛ばした後、ユニには「五百マンウォン…もったいないけど諦めます。帰りましょう!」と言ってユニの手首をつかんで飲み屋から出てきました。

その後、屋台に向かったチウォンとユニは着心地なく向かい合って座ったまま、
手酌酒しながらお酒を飲みました。
チウォンは、最初の「プライドに傷つきませんか?」と話しを始めると、ユニが、
「他人のボスじゃないですか。私が祀るボスも私を無視する…他の方々が私に親切に
してくださるはずないでしょう」とチウォンが思いもよらなかった答えを伝えてチウォンを驚かせました。

これチウォンはユニに酒を注ぎながら「何ですか?私に欲しいのが…」と尋ね、ユニは「知りたいです。常務の…すべてを…」と伝えました。
チウォンが「つまらないそんな干渉は不便です」と困り果てさをのぞかせたが、ユニが、これに屈せず、「干渉ではなく…関心だと思ってください」と本気を訴え、チウォンの胸に大きな響きを与えました。

以後、皆が帰宅したオフィスにチウォンとユニが残っている中、チウォンが執務室の扉をがたんと開けて出来てきて、こっそりオフィスの中を覗きながらチウォンの動態を見ていたユニが驚いてしまいます。
ユニがチウォンに帰宅する時はドアを少し開けたままにしていく、ボスと秘書の暗黙のルールを伝えると、チウォンは「わかりました。これからそうしましょう」という言葉と一緒に持っていた疑問の書類封筒をユニに渡しました。

さらにチウォンはユニが好奇心いっぱいの目で書類について尋ねると、「ザ・ユニさんにとっては関心で、僕にとっては干渉だとしましょう」と伝えた後、「今じゃなく、僕が退勤した5分後に見てください!・・・恥ずかしいから」とこれまでの冷たかったボスとは180度異なる姿を見せました。

チウォンが帰った後のユニが開いた書類の封筒には、ユニが探し回ったナム・チウォンの個人情報が入った「ナム・チウォンの100門100答」が入っていました。

ジャグラズ1話~16話の動画

「ジャグラス」1話~16話の予告

「ジャグラス」1話~16話の放送スケジュール

2017年12月18日ジャグラス5話
2017年12月19日ジャグラス6話

最後に

チウォンが100問100答を書いてくれたのは、徐々にユニに心を開いていくと言うメッセージに見えますね!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »