チェ・ジウ、イ・ソンジェ主演「怪しい家政婦」1話~20話動画

「怪しい家政婦」は、2013年9月23日から2013年11月26日まで韓国テレビ放送局SBSで放映された月火ドラマです。

韓国では、2012年上半期にMBCエブリワンで放送された日本ニホンTVドラマ 「家政婦ミタ」を脚色した作品であります。

「怪しい家政婦」の主人公であるメイドバク・ボクニョ(チェ・ジウ)は、 何でも与えられる迅速に処理して、すきもみせないです。

お父さんの不倫でお母さんが自殺して、家族がばらばらに解散され、 この家にバク・ボクニョが来ることでバラバラだった家族を集めていくます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「怪しい家政婦」紹介

「怪しい家政婦」あらすじ

競争に傷を受けた家族、そしてヒーリング

入試競争、就職競争、企業の競争、成功の競争・・・
一生、他人を踏んでこそ、自分を保つ世界になってしまいました。
私が勝者になるという保証もないのに、周りを押し出しに必死にしがみついて生きている。
「勉強、より正確に言うと試験勉強を通じた身分上昇」という神話は、これまで韓国社会を維持する柱の一つでありました。

単身赴任する父の不倫と母親の死。
母親の不在中に入試競争に困って追い出された子供の放浪。
勝者がならなければ淘汰されてしまう激しい社内競争と陰謀。
すべてが愛する子供のための選択であり、愛する家族のための献身だったが、
その結果は、最終的に望んだ家族の「幸せ」とは、ますます遠くなるばかり。

どこか少しずつねじれている家族は、胸糞が悪くなる
極端な業務命令を指示しボクニョは何気なくに「下命」を実行します。
皮肉なことにボクニョの極端な行動と選択は、家族の真の意味を実現します。

<怪しい家政婦」は、家族の崩壊と葛藤に直面した「危機の家族」が
ミステリーな家政婦のお陰で家族関係が回復されていく話です。

「怪しい家政婦」出演者

パク・ボクニョ役   ウン・サンチョル役  ユン・ソンファ役   ウン・ハンギョル役  ウン・ドゥギョル役

チェ・ジウ   イ・ソンジェ   ワン・ジへ   キム・ソヒョン  チェ・サンウ

「怪しい家政婦」公式ホームページ

「怪しい家政婦」公式ホームページ

お知らせ(必ずお読みくださいませ!)

当サイトで紹介するすべての動画はyoutubeで紹介されてある動画を紹介するだけで、

当方が字幕の作業は行いません。

なお、youtube動画は削除される場合が多いため当サイトでも削除されたままになってある場合もございます。

動画が削除されて視聴不可能になった場合はyoutubeサイトでドラマを検索してみてください。

それでも探せない場合はコメントを残してください。

★★当サイトでは日本語字幕動画を優先で紹介しておりますが、

人気のドラマなどの場合は,すぐ紹介ができない場合がございます。

動画の紹介ができない時は英語字幕、

もしくは字幕なしの動画を紹介します。ご了承くださいませ。★★

「怪しい家政婦」1話はこちら♪

「怪しい家政婦」2話はこちら♪

「怪しい家政婦」3話はこちら♪

「怪しい家政婦」4話はこちら♪

「怪しい家政婦」5話はこちら♪

「怪しい家政婦」6話はこちら♪

「怪しい家政婦」7話はこちら♪

「怪しい家政婦」8話はこちら♪

「怪しい家政婦」9話はこちら♪

「怪しい家政婦」10話はこちら♪

「怪しい家政婦」11話はこちら♪

「怪しい家政婦」12話はこちら♪

「怪しい家政婦」13話はこちら♪

「怪しい家政婦」14話はこちら♪

「怪しい家政婦」15話はこちら♪

「怪しい家政婦」16話はこちら♪

「怪しい家政婦」17話はこちら♪

「怪しい家政婦」18話はこちら♪

「怪しい家政婦」19話はこちら♪

「怪しい家政婦」20話はこちら♪

最後に

この間、結婚を発表したチェ・ジウさんが2013年に出演したドラマで、原作は日本の「家政婦ミタ」らしいです。
5年前のドラマなのに、チェ・ジウさんの変わらない姿は本当に綺麗ですね~~
一方、この作品は、「家政婦」というタイトルで、韓国の家庭管理士協会と韓国の女性労働者の会など関連団体から抗議が多い理由は、議論の余地が多かった作品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »