「100日の郎君様」11話あらすじ

「100日の郎君様」11話あらすじを紹介します。
ウォンドゥク(ド・キョンス)は、一緒に行こうと涙を流すホンシム(ナム・ジヒョン)を抱いてあげました。
答えの代わりに抱擁にホンシムは「なぜ答えがないの?私が余計な話をしたの?」と尋ねると、ウォンドゥクは「私は確かに答えをしたよ!君のそばにいたい」と、自分の心を確実に伝えました。
これまで以上に幸せな時間に不安になったホンシムが「不安だな。記憶を戻そうとしないで。どこにも行かないで。よそ見もしないで」とかわいいヤキモチを見せてウォンドゥクはホンシムの唇に軽く口を付けました。
「これが私の手決だよ」と言う声と温かい眼差しはホンシムを安心させるに十分でした。

これが私の手決だよ
二人の愛がこのまま維持なることでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「100日の郎君様」11話の予告動画

★お知らせ★

韓国ドラマ「100日の郎君様」の公式ページを参考で翻訳しております。

「100日の郎君様」登場人物

主要人物

EXO ディオ(D.O.ト・ギョンス)—イ・ユル & ウォンドゥク 役

ナム・ジヒョン —————-ユン・イソ & ヨン・ホンシム役

★イ・ユル ( ディオ )周辺の人々

チョ・ソンハー左議政キム・チャオン
ハン・ソヒー世子嬪キム・ソへ
チョ・ハンチョルー王様
オ・ヨンアー中殿パク氏でユルの継母
チ・ミンヒョクーソ・ウォン大君 (ユルの腹違いの弟)
ホ・ジョンミンーキム・スジ(チャオンの息子)

★ホンシム ( ナム・ジヒョン )周辺の人々

キム・スンホーチョン・ジェユン役(漢城府参軍従7位)
チョン・へギュンーヨン氏役 (ホンシムの養父)

★王家の人々

キム・ジェヨンームヨン役(イ・ユルを狙う暗殺者)
ト・ジハンードンジュ役(ユル友で護衛)
カン・ヨンソクークォン・ヒョク役(ジュユンの友で護衛武官)
チョ・ウォンーチョン・サヨブ役
チョ・ヒュンシクーヤン内官役

「100日の郎君様」11話あらすじ

キム・チャオン(チョ・ソンハ)暗殺に失敗した王様(チョ・ハンチョル)は
「この国の皇太子にソウォン大君(ジ・ミンヒョク)を冊封したいと思います」という命を下しました。
キム・チャオンの生死さえ分からない状況に王様は時間が経つと極度の不安感に包まれました。
そんな王様にばれないように大臣達前に現れたキム・チャオンは、世子冊封を準備してくださいと指示してソンジュ県に向かいました。
世子イ・ユル(ド・キョンス)が記憶を失ったまま生きているという事実を知ることになったからです。
キム・チャオンの計画をすべて知ったムヨンも急いでソンジュ県に向かいました。

宮内の厳しい動きに劣らずにジョン・ジェユン(キム・ソンホ)も、ウォンドゥクの正体に徐々に近づいていきました。
ウォンドゥクの筆跡と声がイ・ユルと全く同じだと思ったジョン・ジェユンはウォンドゥクを訪ね文字を書き換えて見ました。
しかし、ジョン・ジェユンの不確か行動にウォンドゥクは文字を書けないと嘘を言ってごまかしました。
疑いがますます大きくなっていく中、ソウォン大君世子冊封のお知らせをきいて漢陽に上がったジョン・ジェユンは妓女エウォル(ハン・ジウン)が描いたウォンドゥクの顔を
従事官クォン・ヒョク(カン・ヨンソク)に見せてあげました。
結局、ウォンドゥクと世子が同一人物であることを知ったジョン・ジェユンは「低下とそっくりなこの男は低下だね」という話を残して急いでソンジュ県に戻りました。

一方、ウォンドゥクとホンシム、そしてヨン氏は行く準備をすべて終えましたが、
ムヨン(キム・ジェヨン)は現れなかったです。
ただ待っていることしかできなかったウォンドゥクとホンシムは端午祭を楽しみに出たし、楽しい祭りの雰囲気にナムサダンペ(男寺黨牌)のマジックを見て楽しい時間を過ごしました。
(男寺黨牌:韓国の民族音楽を見せる団体で、朝鮮後期から放浪しながら歌と踊り、農楽演奏、様々な芸を見せる団体として本来は独身男性だけでしたが、1900年以降に女性が参加する事になりました。)

端午(たんご)は五節句の一つ。端午の節句、菖蒲の節句とも呼ばれる。日本では端午の節句に男子の健やかな成長を祈願し各種の行事を行う風習があり、現在ではグレゴリオ暦(新暦)の5月5日に行われ、国民の祝日「こどもの日」になっている。少ないながら旧暦や月遅れの6月5日に行う地域もある。尚、中国語圏では現在も旧暦5月5日に行うことが一般的である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%AF%E5%8D%88

マジックのバラの花を受けて喜ぶホンシムに嫉妬したウォンドゥクは
「他の男性に花を受けて喜ぶ姿を見たくない」と言いながら花束をプレゼントしました。
花束をあげて「僕、君と婚姻するから」と告白したウォンドゥクにホンシムは、
「私と一緒になると後悔しないの?」と一緒に行くことにした決定を再び問いました。

「君と別れるのがもっと後悔になりそう」と揺るぎない心を見せました。
彼の話にホンシムは、頬に口を付けて答えを代わりにしました。
その瞬間、空に上飛び出る美しい花火を眺めながら幸せな瞬間を満喫していたウォンドゥクが再び振り返ってみるとホンシムは消えていませんでした。
そして、ぽつんと落ちている花束を取るウォンドゥクの周辺を殺手が急速に包囲しました。
殺手の間から現れたキム・チャオンはウォンドゥクの前にひざまずいて、「宮に戻らないといけません。世子低下」と言って衝撃のエンディングを迎えました。

「100日の郎君様」11話の動画

「100日の郎君様」11話の動画

「100日の郎君様」1話~32話の予告

「100日の郎君様」1話~32話の放送日時

2018年10月16日「100日の郎君様」12話が放送されます。

2018年10月22日「100日の郎君様」13話が放送されます。

最後に

二人の愛を嫉妬する人が多いでしょうか?
それとも占い師のおばあさんの話のように二人の運命でしょうか?

EXO ディオ,ナム・ジヒョン,100日の郎君様,백일의 낭군님

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »