「100日の郎君様」13話あらすじ

「100日の郎君様」13話をあらすじで紹介します。

「100日の郎君様」13話は
ホンシムは世子に戻ったウォンドック(ト・キョンス)を忘れるために敢えて目を側めますが危機に陥った彼に知らないふりができず、むしろ必死に助けました。
中殿の謀略に陥って拉致をされた明国の使臣ワン・ハクサの娘ジンリン(ジン・ジヒ)を無頼の徒から救えて負傷した中でも、イ・ユルだけを心配しているホンシムの姿は切なすぎました。

二人は再会できるでしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「100日の郎君様」13話の予告動画

★お知らせ★

韓国ドラマ「100日の郎君様」の公式ページを参考で翻訳しております。

「100日の郎君様」登場人物

主要人物

EXO ディオ(D.O.ト・ギョンス)—イ・ユル & ウォンドゥク 役

ナム・ジヒョン —————-ユン・イソ & ヨン・ホンシム役

★イ・ユル ( ディオ )周辺の人々

チョ・ソンハー左議政キム・チャオン
ハン・ソヒー世子嬪キム・ソへ
チョ・ハンチョルー王様
オ・ヨンアー中殿パク氏でユルの継母
チ・ミンヒョクーソ・ウォン大君 (ユルの腹違いの弟)
ホ・ジョンミンーキム・スジ(チャオンの息子)

★ホンシム ( ナム・ジヒョン )周辺の人々

キム・スンホーチョン・ジェユン役(漢城府参軍従7位)
チョン・へギュンーヨン氏役 (ホンシムの養父)

★王家の人々

キム・ジェヨンームヨン役(イ・ユルを狙う暗殺者)
ト・ジハンードンジュ役(ユル友で護衛)
カン・ヨンソクークォン・ヒョク役(ジュユンの友で護衛武官)
チョ・ウォンーチョン・サヨブ役
チョ・ヒュンシクーヤン内官役

「100日の郎君様」13話あらすじ

ホンシム(ナム・ジヒョン)はイ・ユル(ト・キョンス)を避けて逃げようとしたが、自分を呼ぶ声に彼女が姿を示し、
「会いたくて。君がいないと生きていけないようでなし」というイ・ユルの切ない話に
「私を連れて行って後宮に迎えるつもりですか?」と冷たく言いました。
これ「できないこともないだろ。私はこの国の世子だ」と答えたイ・ユルは
「私たちがしたのが愛じゃなければ、それが何なの」とホンシムに向かった変わらない心を表現しました。
しかし、ホンシムは、これは私たちの縁の終わりだと言って背を向けて、一人で涙を流しました。
宮に帰ってきたイ・ユルもジョン・ジェユン(キム・ソンホ)に
「その人を探してください。そして守れ。どこに行っても、どこにいても無事に!」と言う命を下げることしかできませんでした。

消えたムヨン(キム・ジェヨン)を探して漢陽にきたホンシムとヨン氏(ジョン・へキュン)は、ジョン・ジェユンの家で過ごすことにして、イ・ユルは明国の使臣賓礼が近付いてくると、戻らない記憶のせいで心配が多くなりました。
宮に到着した明国の使臣ワン・ハクサ(チャン・ミョンガプ)は、同行した息子ジンリン(ジン・ジヒ)が市廛で消えるとイ・ユルが直接探してくることで世子の能力検証を代わりにするとしました。
一方、キム・スジ(ホ・ジョンミン)の要請を受けたジョン・ジェユンがホンシムとジンリンが無頼の徒らに拉致されたところに先に到着しました。
ジョン・ジェユンが無頼の徒を撒いた間にジンリンを救えてホンシムは足首を怪我して、すべてが中殿朴氏(オ・ヨンア)の計略である事を知ったイ・ユルもそこに到着しました。
イ・ユルはジンリンが女性だったという事実よりもホンシムとジョン・ジェユンが一緒にいる姿を見て、より驚きました。
二人をしばらく眺めていたイ・ユルは「彼らは公子を必ず連れて来るだろう」と言った後、再び宮に戻りました。
怒ってる明国の使臣ワン・ハクサにイ・ユルは
「この宴会が終わるまで公子が帰ってこない場合は使臣の指示通りにします」と言って
宴会を続けて、宴会が終わる頃、幸いにジンリンが戻って来てイ・ユルは国本としての資格を確実に検証しました。

しかし、「丈人と彼の人々を注意してください」という明国の使臣ワン・ハクサの意味を持ったアドバイスに心が重くなったイ・ユルは、キム・チャオン(チョ・ソンハ)が付けた人であり、最も近くいいるが、なぜか疑わしいヤン内官に自分が使っていたものを持ってこいという命を下しました。
これヤン内官は宮外でモノが入ってる入り箱を密かに燃やそうとした事が発覚され、
その中には子供の頃ユン・イソ(ナム・ジヒョン)がプレゼントした赤い手絡がありました。
その瞬間、イ・ユルの頭の中にユン・イソとホンシムの姿が交差されながら浮かびました。
その時刻、イ・ユルを忘れろと言うヨン氏に「私も知っている。わかるけど思った通りに心が動かないのをどうすればいいのよ」と言った後、家を出たホンシムがモジョン橋に付いた時、イ・ユルもそこに到着して二人は再び会いました。
イ・ユルはホンシムを見て、子供の頃舞い散る桜の下に立っていたユン・イソの姿が
自然に浮かんで上がり、詰ったような声で「ユン・イソ」と呼びました。
「間違いないよね!ユン・イソ!」というイ・ユルの話にびっくりしたホンシムが
「低下がその名前をどうして知っていますか?」と尋ねると、涙があふれたイ・ユルは
「僕だよ、アホ!」と万感が交差する笑顔を見せました。
長い時間お互いを会いたがってた二人が運命的に再会した瞬間でした。

「100日の郎君様」13話の動画

「100日の郎君様」13話の動画

「100日の郎君様」1話~32話の予告

「100日の郎君様」1話~32話の放送日時

2018年 10月 23日 100日の郎君様 14話
2018年 10月 29日 100日の郎君様 15話

2018年 10月 30日 100日の郎君様 16話(最終話)

最後に

ホンシムとイ・ユルが再び会いましたね!
感動過ぎて、涙が出そうでした。
最後まで二人の愛を守る事ができるしょうか?

EXO ディオ,ナム・ジヒョン,100日の郎君様,백일의 낭군님

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »