EXO ディオ💕ナム・ジヒョン主演の「100日の郎君様」を紹介します!

EXO ディオとナム・ジヒョン主演の「100日の郎君様」が9月から放送を開始しました!

tvn局のドラマで毎週月・火曜日9時半から放送します。

いつも、存在感のある演技で、様々なドラマで好評を受けたアイドルグループ
EXOのディオ(ド・ギョンス)が怪しいパートナーとショッピング王ルイで、とても良い演技を見せてくれたナム・ジヒョンと「100日の郎君様」で主人公を引き受けました。


ド・ギョンス💕ナム・ジヒョン主演の「100日の郎君様」は9月4日に事前放送を流して
視聴者たちの期待感を高めました。
それでは、100日の郎君様ってどんなドラマなのかもう少し詳しく紹介します~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




100日の郎君様の情報

朝鮮の世子が不慮の事故で行方不明になって一般的な庶民として生きて、再び宮に帰る100日間の過程を描いたミステリーロマンスフィクション時代劇です。

100日の郎君様出演者 & スタッフ

演出: イ・ジョンジェ
脚本: ノ・ジソル
テレビ局: tvN 16話

ホームページ:100日の郎君様公式ホームページ

ジャンル: ロマンスフィクション時代劇

100日の郎君様 登場人物紹介

主要人物

EXO ディオ(D.O.ト・ギョンス)      ナム・ジヒョン

イ・ユル & ウォンドゥク 役       ユン・イソ & ヨン・ホンシム役

チョ・ソンハー左議政キム・チャオン

★イ・ユル ( ディオ )周辺の人々

チョ・ハンチョル      オ・ヨンアー        チ・ミンヒョク

王様            中殿パク氏         ソ・ウォン大君

★ホンシム ( ナム・ジヒョン )周辺の人々

キム・スンホ        チョン・へギュンー

チョン・ジェユン役     ヨン氏役 (ホンシムの養父)

キム・チャオンの周辺人物

ハン・ソヒ      ホ・ジョンミン  キム・ジェヨン

世子嬪キム・ソへ役  キム・スジ役   ムヨン役

王家の人々

チョ・ヒュンシク     カン・ヨンソク       ト・ジハン             チョ・ウォン

ヤン内官役             クォン・ヒョク役     ドンジュ役             チョン・サヨブ役

100日の郎君様あらすじ

朝鮮時代法典である[経国大典]の男女の婚姻年齢は、男は15歳で女性は14歳に規定されています。
だから二十歳になっても婚姻をしていない女性と男性は、「オールドミス」と「年とった総角」であると考えましたが…
オールドミスは恨みを持つ女性という意味の(怨女)で、
年とった総角は空虚な男という意味の(曠夫)と呼ばれました。
陰陽の調和を大切に思った朝鮮時代には
ペアを見つけられなかった怨女・曠夫が多くなると国に縁起が良くなさそうなことが起きると思いました。

数ヶ月目、雨が降らなかった朝鮮のある年、皇太子の命令が下さりました。
全国のすべての怨女と曠夫をすぐ婚姻させること!
無理矢理に婚姻の危機に追い込まれたソンジュヒョン村の最高齢の怨女である
ホンシム(ナム・ジヒョン)に落ちた、いや!引っかかって婚姻された運の悪い男がいました!
彼は、朝鮮の皇太子イ・ユル(EXO ディオ)でした!

100日の郎君様見どころ♪

見どころの第一は四角関係です。
記憶を失ってホンシム(なむ・ジヒョン)と結婚した皇太子イ・ユル(ディオ)と
偶然出会ったホンシムに一目惚れしたジョン・ジェユン(キム・ソンホ)、
イ・ユルに愛憎を感じる世子嬪キム・ソヒェ(ハン・ソフイ)の妙な四角関係が好奇心を刺激すると思います。

見どころの第二は、イ・ユルと克明に対立する宮の人々です。
左議政キム・チャオン(チョ・ソンハ)は、彼の殺手であるムヨン(キム・ジェヨン)、中殿パク氏(オ・ヨンア)はイ・ユルを宮で消えるようにする謎な事件と関連してドラマの緊張感を高めてくれると思います。

見どころ第三は、宮の人々と対比されるコミカルなホンシムの村の人々です。
記憶を失ったイ・ユルを連れて来てウォンドゥクだと紹介しながらホンシムと結婚をさせた朝鮮時代の親ばかヨン氏(ジョン・ヘギュン)のキャラクターがすでに楽しみを呼び起こしていると思います。

100日の郎君様 1話~16話の無料視聴はこちら~

最後に

100日の郎君様も時代劇なので、政治的暗殺の陰謀を見せながら

今までの時代劇とはちょっと違って、怨女(オールドミスは恨みを持つ女性という意味)、曠夫(年とった総角は空虚な男という意味)のような新しい言葉、ジャンルを紹介していると思います。

(まだ、視聴中でないように関しては放送終了後もう一度アップさせていただきます。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »