KBS金曜ドラマSPY(スパイ)第2話 日本語字幕

スポンサーリンク
スポンサーリンク




SPY(スパイ)第2話の紹介 (ソンウを狙う見知らぬ影)

キム・ソンウ(ジェジュン)のお母さん役のへリム(ペ·ジョンオク)は元北朝鮮スパイだったです!

自分の身分を隠して韓国人として平凡なおばあちゃんになったのに、北朝鮮スパイ時代の上官だったキチョル(ユ・オソン)の訪問で、驚いたへリム(べ・ジョンオク)は慌てて台所のナイフで自分を守ろうとするときのアクションが人称的です。

でも、それよりジェジュン(ソンウ)と彼女のラブシーンは本当の恋愛をしている恋人のようにみえました。

前回までの内容

 ヘリム(ペ·ジョンオク)は元スパイだった自分を隠して平凡な主婦としてせいかつしてきたが、スパイ時代の上官だったファンキチョル(ユ·オソン)のいきなりの訪問で1話が終わりました。

今回のあらすじ

元北朝鮮スパイだったヘリム(ペ·ジョンオク)の昔の上官(ユ·オソン分)が、ヘリムの家にいきなり訪ねてきて、ヘリムの正体を暴露すると脅迫する。

ヘリムは誰にも悩みを言えないまま、家族にばれないようにこの事態を解決してみよう苦労する。同じ時刻、ソヌ(キム·ジェジュン分)は、中国で自分の仲間を死なせた「傷跡」の正体にますます近づいて行くようになる。

「SPY-スパイ」2話の内容

パクヘリム(べジョンオク)の家に現れたファンキチョル

ファンキチョル(ユオソン)はパクヘリム(べジョンオク)に一つだけ手伝ってくれたら
あなた(パクヘリムーべジョンオク)から離れるから一つだけ手伝ってくれという。
手伝ってくれない場合は、家族にあなた(パクヘリム)の本当の身元を暴露すると脅迫する。

キム·ソンウ(ジェジュン)とイ・ユンジン(コソンヒ)のラブライン

彼女はキム·ソンウ(ジェジュン)の仕事を知っている様子ですね!

パクヘリム(べジョンオク)はファンキチョル(ユオソン)がお願いした任務を遂行

任務は地下鉄の駅にバッグを置いてくるミッションをして出てくる瞬間
バッグが爆発して、人命被害はありませんが、容疑者の中の一人として注目される。
ファンキチョル(ユオソン)はパクヘリム(べジョンオク)がバッグを置いて出てくる動画をパクヘリム(べジョンオク)に送る。

パクヘリム(べジョンオク)がファンキチョル(ユオソン)に抗議

ファンキチョル(ユオソン)は本物の一つことがあるがあなた(パクヘリムーべジョンオク)がしてくれないと思って一時凌ぎにしたと言う。
本当に仕事は、自分パクヘリム(べジョンオク)の息子(キム·ソンウージェジュン)を包摂してほしいというお願いである。

息子(キム·ソンウージェジュン)は普通の公務員ではなかった

彼女(パクヘリムーべジョンオク)は自分の息子(キム·ソンウージェジュン)は普通の公務員だという。
ファンキチョル(ユオソン)はパクヘリム(べジョンオク)にキム·ソンウ(ジェジュン)は国家情報院の職員だと言ってキム·ソンウ(ジェジュン)を包摂してほしいとお願いしながら2話が終わる。

 

次回予告

次回のあらすじ

ファンキチョル(ユ·オソン)は、ソヌ(キム·ジェジュン)を包摂するようにヘリム(ペ·ジョンオク分)を継続的に圧迫する

次回放送日時

1月16日金曜日午後9時30分から3話と4話が続けて放送されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »