ミスティ1話あらすじ

ミスティ1話をあらすじで紹介します。

ミスティ1話では四方が敵に囲まれた最高のアンカーコ・ヘラン(キム・ナムジュ)の苦労と孤独な姿が紹介されました。
7年間守ってきたメインニュースの席を守るために誰も出来なかったケビン・リ(コ・ジュン)の単独インタビューを成功させると報道局長に約束をします。
彼は昔ヘランが捨てた元カレでありました。

果たしてヘランのインタービューに応じてくれるでしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




★お知らせ★

韓国ドラマ「ミスティ」の公式ページを参考で翻訳しております。

ミスティ1話あらすじ

7年目のメインニュースアンカーとして活動中は彼は5年目ジャーナリスト大賞を受賞するほどのパワーがありましたが、それだけに周辺で嫉妬の視線が多かったです。
何とかメインアンカーから押し出そうとする勢力が存在し、その位置を維持するためのコ・ヘラン(キム・ナムジュ)の苦労が続きました。

キム・ナムジュはプロフェッショナルなアンカーでブラウン管を染めました。
文句なし!完璧な彼女でした。
ただし、流れる歳月には勝てませんでした。
幼い後輩ハン・ジウォン(チン・キジュ)が覇気と若さで脅かして来て危機感が造成されました。
改編で生き残ることができるかどうかがカギでした。。

また、家の中でも、大変な事は続きました。
夫チ・ジニ(ガンテウク)と葛藤していました。
仕事に優先だったコ・ヘラン(キム・ナムジュ)はカン・テウク(チ・ジニ)との間で赤ちゃんを授かりましたが勝手に中絶してしまいました。
以後、夫婦間は深刻な水準で冷却されたし別居に近い生活をしていました。

放送末尾義母が亡くなる瞬間になるとキム・ナムジュの手を握って、病院に行こうと促しましたが、コ・ヘラン(キム・ナムジュ)はゲスト渉外をために、空港に走っていきました。
これが、メインアンカーの座を維持することができる唯一無二の方法だったので仕方ない選択でした。

ミスティ1話~16話の予告

ミスティ1話~16話の放送日時

2018年2月3日ミスティ2話
2018年2月9日ミスティ3話

最後に

ミスティは初放送からまらせましたね!
キム・ナムジュの6年ぶりの帰還は、実にすごかったと言えます。

ストーリーもあり得るような素材でそんなに難しくないと思いましたが、ただ、ちょっと厳しくて冷たすぎるな・・・と思わせるところがありました。

多分、それがこのドラマの魅力かも知りません!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »