ミスティ12話あらすじ+ハイライト映像

ミスティ12話をあらすじとハイライト映像で紹介します。

ミスティ12話では、外圧捜査によってケビン・リ(コ・ジュン)殺害の容疑者として追われたコ・ヘラン(キム・ナムジュ)の裁判を控えて彼女の弁護士になったカン・テウク(チ・ジニ)がテロに遭う衝撃反転が描かれました。

結局、夫が弁護人になる裁判を迎えているなか、ケビン・リ事件の目撃者が現れます。

目撃者が見ったのは一体何でしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ミスティ12話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「ミスティ」の公式ページを参考で翻訳しております。

ミスティ登場人物

ミスティ12話あらすじ+ハイライト映像

コ・ヘランは、夫のカン・テウクの弁護を必死に拒絶します。
しかし、カン・テウクは、自分の間違いを補うためにも、裁判で必ずヘランを守ってあげると約束します。

「どうしてここまでに?」というヘランにテウクは「常にそばにいてあげると結婚するとき約束したから・・・君を守ることができるのは僕しかいない」と重ねて強調します。
しかし、ヘランは、「あなた、こうしても何も変わらない」と拒否します。

一方、カン・インハン(ナム・ギョンウプ)カンユル法律事務所代表ラインに立った
ビョン・ウヒョン(キム・ヒョンジョン)検事は、ケビン・リ事故の偽の目撃者を作っておいてヘランの首を締めます。
ヘランは殺人事件の目撃者が明らかになったという話に驚きます。
ケビン・リー殺人事件を捜査しているカン・ギジュン(アン・ネサン)刑事は事件が
手に負えなく流れていくのを見て、「なぜこんなに気まずいのか?」と疑惑を抱きます
一方、チャン・ギュソク(イ・ギョンヨン)局長とコ・ヘランは報道ラインを置いて
拮抗対立を立てます。
コ・ヘランの報道計画案を接したチャン・局長は絶対に許諾できないと怒鳴りつけます
一方、コ・ヘランは「局長が何を言っても私はこのことをしますから!」と言い返します。

一方、ソ・ウンジュ(チョン・ヘジン)は、死んだ夫ケビン・リマネージャーペク・ドンヒョン(チョン・ヨンギ)を探しています。
彼女ににペク・ドンヒョンは「兄嫁幸せになってください」と電話で挨拶を伝えた後、彼は、コ・ヘランを尾行して緊張感を醸し出します。

ミスティ11話のソ・ウンジュは姉が亡くなった後、葬儀を終えたペク・ドンヒョンを招待してご飯をご馳走して見舞金まで手に握らせてあげました。
彼は「姉が病気でお金が必要だった。コ・ヘランはお金が多いようでそんな事をしました」とケビン・リがコ・ヘランにキスする場面をこっそり写真を撮ったことをめぐり、ソ・ウンジュに謝罪しました。

何を考えているのかわけわからないソ・ウンジュはペク・ドンヒョンに
「エージェンシーに君の仕事をお願いしておいた」と優しいしてあげましたが、ペク・ドンヒョンはソ・ウンジュが作ってくれたご飯とお金をそっくりそのまま置いて彼女の家を出て、ハ・ミョンウ(イム・テギョン)がペク・ドンヒョンの行方を注視して緊張感を高めました。
ソ・ウンジュはなぜペク・ドンヒョンを探しているのでしょうか。
一方、裁判を控えたコ・ヘランは危機に瀕して夫カン・テウクに助けを求めました。
これカン・テウクは電話で、「私が今行くから外に出ないで!誰が来ても絶対にドアを開けてあげないで」とヘランに言います。
しかし、テウクは駐車場で誰かに攻撃を受けて血を流して倒れます。
続いて「コ・ヘランは、今日は絶対に法廷に立つことができない」というハ・ミョンウの音声が流れ、緊張感を盛り上げます。

ミスティ1話~16話の動画

ミスティ1話~16話の予告

ミスティ1話~16話の放送日時

2018年3月16日ミスティ13話が放送されます。

2018年3月17日ミスティ14話が放送されます。

最後に

カン・テウクがテロに遭った事を聞いたヘランが病院へ向買う姿は寛恕も彼を愛しているように見えました。
7年間を一緒に暮らしてきたとしても愛がなければ表現できない彼女の表情を見て。彼女を彼をア愛していると思います。
このまま、夫婦関係も徐々に回復されて裁判もうまく行って欲しいですが、真実は明らかにしてほしいです。
コ・ヘランの弁護士に出たカン・テウクにテロを加えた人物の背後には誰がいるでしょうか!
ビョン・ウヒョンがケビン・リ事故の目撃者として操作した人物は誰なのか、

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »