ミスティ14話あらすじ+ハイライト映像

ミスティ14話をあらすじとハイライト映像で紹介します。

ミスティ14話では、ケビン・リ(コ・ジュン)を殺害した犯人がカン・テウク(チ・ジニ)に明らかになって衝撃を与えました。
コ・ヘラン(キム・ナムジュ)はカンユル法律事務所で動員した目撃者オ・ミンチョルの証言が偽証で明らかになり、無罪判決を受けました。
その後、カン・テウクはヘランに[すべてを忘れて最初からやり直そう!]と言いながらお祝いをしましたを。

しかし、ケビン・リのマネージャーだったペク・ドンヒョンが漢江で変死体で発見され不安を高めました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ミスティ14話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「ミスティ」の公式ページを参考で翻訳しております。

ミスティ登場人物

ミスティ14話あらすじ+ハイライト映像

ハ・ミョンウ(イム・テギョン)を密かに会ったカン・テウクは[傷のうねりを作る必要がなかった]と叱りました。
しかし、ハ・ミョンウは[あなたがもう少し我慢してたら、すべてのことは、始まらなかったでしょう]と受け返してテウクが犯人であることを示唆しました。
一方、法廷で証人偽証を暴露しながらコ・ヘランを助けたチャン・ギュソク(イ・ギョンヨン)局長は、ニュースナインチームにさらに力を加えてあげました。
そして、ビョン・ウヒョン検事はカン・インハン(ナム・ギョンウプ)が率いるカンユル法律事務所側に自分が徹底的に利用されたことを知って、心を変えてコ・ヘラン側に方向を変えました。
コ・ヘランは「検事なら検査らしく仕上げてと言いながら目撃者に偽証をするようにしたのがカンユルであるが、少なくともカンユル法律事務所のような人々が暴れないようにしてください」と説得しました。

ついにビョン・ウヒョンは「カンイン建設不正を捜査して地面に落ちた検査位相を立てた後、検事を辞める」と悲壮な覚悟を見せました。
そして、彼と通話したチャン局長も「カンイン建設不正が水面上に上がってくるとカンユル法律事務所が浮かんできます。それを狙いましょう」と指示しました。
コ・ヘランはハン・ジウォンにバトンを渡して、チャン局長は「原則と常識が程度を守ること!これだけ正確に守ろう」と強調しました。

ヘランは「治外法権カンユルを君は今初めて報道するが、負けないで怖がらないで!」と言ってハン・ジウォンを奨励しました。

放送局の副社長は、カンイン建設不正を暴こうとするチャン局長とニュースナインチームに訪ねてきて完全に発令を下しながら怒りました。
しかし、チャン局長は「お前の息子こそ、よく管理しろ!」と放送局の家族は私の家族です。私の家族に触れないでください」と受け返してもう一度強い意志を明らかにしました。

ついにハン・ジウォンはグァク・ギソク(ク・ジャソン)が取材してきたことを元に、「法務法人カンユル代表が目撃者偽証を直接指示した情況が発見された」と単独報道してカンイン建設不正暴露に一歩近づいていきました。
そして、ビョン・ウヒョンは、最終的に令状を持ってカンユル法律事務所のカン・インハンの前に現れました!
「入札不正、贈収賄罪で家宅捜索します」と言うビョン・ウヒョンにカン・インハンは「お前がこんなことで俺を勝てると思うのか!」と言いながら笑いました。

一方、コ・ヘランは舅の全面的な支援を背負って喜びました。
カン・テウク父親は無罪判決を受けたヘランに「結果が良くてよかった」とし「君はどこまで行くつもりなのか?」と尋ねました。
これにヘランは「どこまで行けばいいですか?」と問い返しました。
「上がりたい心ははっきり持っているのか?」と尋ねる舅にヘランは「思いもあり、自分もあります」と答えて舅の試験を無事通過しました。

しかし、喜びもつかの間、休暇中のヘランはカン・テウクの机の引き出しから問題の信号違反告知書を見つけて地獄に落ちました。
告知書に書かれてある「漢交差点1月18日1時45分」の日付と時刻を確認してヘランは驚愕します。
その時刻、ソ・ウンジュは「コ・ヘランは殺人者」と書いたピケを持って1人デモを行った後、帰宅しようとして駅にいました。
彼女の前に現れたハ・ミョンウは「私はどんな事でもするつもりです」と明らかにして緊張感を増幅させました。

ミスティ1話~16話の動画

ミスティ1話~16話の予告

ミスティ1話~16話の放送日時

2018年3月23日ミスティ15話
2018年3月24日ミスティ16話

最後に

信号違反告知書は、カン・テウクをケビン・リ殺害犯に追い込むか、それとも別の反転人物がいるのかはまだわからないですね!
彼女を愛し、彼女を守ってくれる男性の中にだれかは犯人だというはなしは、ある意味では悲しいです。
愛って・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »