ミスティ14話ー真実(動画)

ミスティ14話を動画で紹介します。

ミスティ14話では、証人として出たオ・ミンチョルの証言が偽証で明らかになり、ケビン・リ(コ・ジュン)マネジャーだったペク・ドンヒョン(チョン・ヨンギ)が漢江で変死体で発見されて、カン・テウク(チ・ジニ)に疑惑が増幅される雰囲気が紹介されました。
そして、チャン・ギュソク(イ・ギョンヨン)局長の証言で裁判は、コ・ヘラン(キム・ナムジュ)に有利に戻りながら真犯人に対する気がかりがさらに大きくなっています。

ミスティ13話の放送末尾で証人席に立ったチャン・ギュソクは目撃者が私学財団の不正関連人物であることを暴露してコ・ヘラン事件は言論弾圧だと主張して反転キャラクターで登板しました。
チャン局長は、裁判を一瞬でコ・ヘランに有利に導きながら本当のジャーナリストであることを証明しました。
これ、ビョン・ウヒョン(キム・ヒョンジョン)検事は、カンユル法律事務所代表カン・インハン(ナム・ギョンウプ)に裁判の結果が予想していなかった方向に流れていったと報告をするとカン・インハンは、「私に勝つことができると思いますか?」と強圧的な態度をとります。
一方、チャン局長はコ・ヘランに「あいつらを一斉に方つけて来い!」と言論弾圧を明け暮れた勢力に対抗しようと彼女を励ましてあげました。
しかし、カン・インハンラインに属する放送局の副社長は、チャン局長を含めてニュースナイン全職員を待機発令と脅し文句を並べました。
目撃者の証言が偽証で明らかになるとカンユル法律事務所は、直ちに検事側に責任を転嫁してビョン・ウヒョンは、自分がカンユルに利用された事を知りました。
彼は辞表を提出して、イ・ヨンギョン(イ・アヒョン)はどうしても「私の旦那が利用されたみたい」と暴露します。

一方、ヘランとテウクは、お互いの愛を確認し二人だけの新たなスタートを誓いましたが、もう一人の遺体が発見され、緊張感を高めます。
カン・ギジュン(アン・ネサン)が「ペク・ドンヒョンが漢江で変死体で発見されました」と報告します。
以前、ペク・ドンヒョンは駐車場でカン・テウクにテロを加えた後、ハ・ミョンウ(イム・テギョン)に連れていかれた後、行方不明になった状況で、今回死体で発見されたことです。
カン・テウクは「すべてを忘れよう!何事もなかったかのように」と言ってヘランを慰めてあげます。
カンユル法律事務所側と密接な関連があるカン・テウクの父親は嫁のヘランに「君はどこまでするつもりなの?」と尋ねて、ヘランは「どこまでならお父さんが満足できますでしょうか?」と言って倒れてしまい切なさを醸し出しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「ミスティ」14話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「ミスティ」の公式ページを参考で翻訳しております。

「ミスティ」を日本語字幕入りで無料視聴する方法

こちらの動画は字幕設定が必要で、手順は下記の通りです。

設定⇒字幕⇒英語⇒設定⇒字幕⇒自動通訳⇒日本語

もっと詳しい説明は画像をクリックするとページが移動しますので、そちらで一度説明を

ご確認する様お願い申し上げます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「ミスティ」を日本語字幕入りで無料視聴する方法

「ミスティ」14話の日本語字幕入り動画はこちら♪

(当サイトでは日本語字幕動画を優先で紹介しておりますが、人気のドラマなどの場合はすぐ紹介ができない場合がございます。日本語字幕付き動画の紹介ができない時は英語字幕、もしくは字幕なしの動画を紹介します。ご了承くださいませ。)

「ミスティ」14話のあらすじ

ミスティ14話のあらすじはこちらです。

ミスティ14話のあらすじはこちらです。

「ミスティ」14話の視聴率

ミスティ 14話の視聴率は7.4%です。

「ミスティ」1話~16話の予告

「ミスティ」1話~16話の放送スケジュール

2018年3月23日ミスティ15話
2018年3月24日ミスティ16話

最後に

ケビン・リの妻ソ・ウンジュ。
殺人前科があるは・ミョンウ。
内縁関係にだったハン・ジウォン。
変死体で浮上したペク・ドンヒョン。
コ・ヘランに続いてカン・テウクが犯人リストに追加されて殺害真犯人は果たして誰なのか関心が高まっています。
カン・ギジュンがケビン・リ事件当日に事件現場で、庶民には見えないほどかなり高価な服を着た人が始発のバスに乗って出ていったとバスの運転手の証言を確保した中、カン・テウクが交通事故スピード違反の罰金請求書を持って手をふるえる姿でケビン・リ殺害真犯人という疑惑がさらに濃くなっていますね!
まさか!本当に?ト思いますが、全く確率がないとは言えないですね!

キム・ナムジュ,チ・ジニ,ミスティ,미스티

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »