ミスティ16話あらすじ+ハイライト映像

ミスティ16話をあらすじとハイライト映像で紹介します。

ミスティー16話では、真犯人が明らかになりました!

ケビン・リ(コ・ジュン)の死の真実はカン・テウクの偶発的殺人でありました。
カン・テウクはコ・ヘラン(キム・ナムジュ)を信じなかくて、ケビン・リとの不倫を疑いました。
ヘランにプレゼントしたブローチを衣服から切り離してポケットに入れて、ケビン・リに会いに行って乱闘の端ケビン・リが死去したら、交通事故で事件を操作しブローチをケビン・リの車に置きました。

それで、完璧犯罪が成立されると思いましたが、結局カン・テウクは結局自殺を選びました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ミスティ16話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「ミスティ」の公式ページを参考で翻訳しております。

ミスティ登場人物

ミスティ登場人物

ミスティ16話あらすじ+ハイライト映像

カン・テウクはコ・ヘランが自分の殺人に気づいて追及してくる真実を告白し、自首しようとしました。
コ・ヘランは友達であるユン・ソンイ(キム・スジン)を介してカン・テウクが今回の旅行後自首する計画だったことを知って、とりあえず旅行を行って来ましょうと言いながら彼の自首を引き止めました。
しかし、その間にハ・ミョンウ(イム・テギョン)が先に自首してしまいました。
は・ミョンウは自分が刑務所内でケビン・リを請負殺人したと自白しました。
ペク・ドンヒョン殺人も告白しました。
彼は自分をコ・ヘランのストーカーに包装して、実際にペク・ドンヒョンを殺害したので、ケビン・リ殺人も自分の犯罪だというのに無理がないでした。
は・ミョンウはカン・テウクに「あなたは最後までヘランの横を守って、それがあなたが受けなければならない罪です」と書いた手紙を残しました。
チャン・ギュソク局長は、コ・ヘランの告白にカン・テウク殺人を知っていたが、先に自首したハ・ミョンウの事だけをニュースに出しました。

ストーカーは・ミョンウから妻を守ったカン・テウク・コ・ヘラン夫婦がスターになり、チャン局長はコ・ヘランの名前を前面に出した「コ・ヘランのインタビュー」ショーを企画しました。
コ・ヘランは、その提案を受け入れ、夫カン・テウクを招待しました。
カン・テウクは花束を持ってヘランに向かう途中、警察カン・ギジュン(アン・ネサン分)を出会いました。
彼ははへ・ミョンウは再便で無期懲役を受けるでしょうと言いながら挑発しました。
罪悪感を感じたカン・テウクは霧の中で放送局に向かいながら運転する途中、過去ヘランが緊急逮捕された当時、自分の殺人を自白する想像をして涙を流しながらそのまま目を閉じて加速しました。
衝突音と一緒に放送を開始したコ・ヘランに電話がかかってきて、その電話を代わりに受けた人物が驚愕しました。
同じ時刻、ヘランは、放送中不意に「幸せですか?」という質問を受けて、涙を流しました。
そのままカン・テウクの自殺が示唆されながら「ミスティ」が衝撃的なサッドエンディングを向かいました。

ミスティ1話~16話の動画

ミスティ16話の動画

「よくおごってくれる素敵なお姉さん」の予告

「よくおごってくれる素敵なお姉さん」の放送スケジュール

2018年3月30日よくおごってくれる素敵なお姉さん1話
2018年3月31日よくおごってくれる素敵なお姉さん2話

最後に

定義の実装を唱えていたコ・ヘランは、夫カン・テウクの殺人を隠したまま成功に向けて走り、弁護士カン・テウクは自首で状況を正さず自殺に逃避しましたね!
そして、ハ・ミョンウはヘランのために殺人を犯してカン・テウクの殺人まで背負いました。
いつもファクトだけを強調してきたチャン・ギュソク局長も最後は表面的なファクトを視聴者達に見せるしかできない人で終わりました。
何となく最後が最初のイメージとは違う結末で少し衝撃的です。
正義を唱えていたみんなは結局自分や自分の家族が危機に置かれると正義は唱えなくなるのか…彼らが捕まってきた悪い人たちと何も変わりなかったのか…という結論で何かすっきりしないですね!
でも、1話から16話まで頑張った俳優たちに拍手を送ります~~
お疲れさまでした!
次回も楽しい面白いドラマをお願いします~~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »