ミスティ16話ー最終話

ミスティ16話を紹介します。
ケビン・リ(コ・ジュン)殺人事件で始まったコ・ヘラン(キム・ナムジュ)とカン・テウク(チ・ジニ)、ハ・ミョンウ(イム・テギョン)の過酷な運命は、破局に駆け上がりました。

誰でも、どんなに切ない理由であっても殺人は許せない犯罪だと思います。

ミスティ最終話で犯人の心と愛する夫婦の結末はどうなるのかみてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ミスティ16話

ケビン・リー殺人犯はカン・テウクでした!!
彼は最初からケビン・リを殺そうとする意図はなかったですが、嫉妬心で乱闘をする過程で、ケビン・リを押しのけて死につながって、それを交通事故で偽造しました。
カン・テウクはコ・ヘランに事実を告白して自首するという意味を明らかにしました。

コ・ヘランは自首を引き止めましたが、彼の意思が頑強で、彼女はジャーナリストのあり方に戻りました。
カン・テウクが真犯人であり、自首をするという事実をチャン・ギュソク局長(イ・ギョンヨン)に知らせ、特種報道をお願いしました。
しかし、カン・テウクが自首する直前、ハ・ミョンウが先に自分が犯人だと自首をしてしまいました。
ハ・ミョンウがカン・ギジュン刑事(アン・ネサン)にケビン・リはもちろん、彼のマネージャーまで、自分が殺したと自白しました。
そして、ハ・ミョンウは自首する前にカン・テウクに手紙を残しました。
その手紙には「あなたは最後までヘランの横を守ってください。それがあなたが受けなければならない罪です」と書かれありました。
今回もハ・ミョンウがすべてを背負った後の時間が流れ、コ・ヘランは「コ・ヘランのインタビュー」という人気コーナーを担当するようになりました。
妻も番組の第二ゲストとして予定されていたカン・テウクは放送局に向かいながら「俺が夢見たのは何だったのかな・・・あなただったかな?それとも君に完璧な私だったかな?」というナレーションと一緒に車の速度を高めて彼の自殺を暗示しました。

放送局で夫を待ちながらコーナーを進行したヘランは、耳鳴りのように聞こえるカン・テウクの「幸せなの?」という話に絶望的な表情になりました。
コ・ヘランの顔がクローズアップされながら「ミスティ」は幕を閉じました。

★お知らせ★

韓国ドラマ「ミスティ」の公式ページを参考で翻訳しております。

「ミスティ」16話の視聴率

ミスティ 16話の視聴率は7.9%です。

「よくおごってくれる素敵なお姉さん」の予告

「よくおごってくれる素敵なお姉さん」の放送スケジュール

2018年3月30日よくおごってくれる素敵なお姉さん1話
2018年3月31日よくおごってくれる素敵なお姉さん2話

最後に

「ミスティ」が伝えたかった重要なキーワードは、3つのだったと思います。
法(法律的な定義)、マスコミ(マスコミの公平性)、愛(愛のこだわり)。
真犯人を最後まで突き止める事ができなかった法律は、今回も自分の役割をしっかりできなかったですね!
そして、ミスティが見せたマスコミはどんな面でも公正ではなかったです。
コ・ヘランは真犯人を知っており、報道を要請したが、チャン・局長は受け入れなく、ハ・ミョンウの自首という表面的なファクトだけを転送するのに満足したからです。
愛は作家や制作陣が意図したとおりにひどく表現されました。
カン・テウクもハ・ミョンウも自分たちが選んだ愛の対価を払う結果でミスティはサッドエンディングで終わりました。
いつも堂々としてきたコ・ヘランの揺れない心と、妻への変わらないカン・テウクの愛も感動的でした!

キム・ナムジュ,チ・ジニ,ミスティ,미스티

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »