あなたが眠っている間に1話2話あらすじ

「あなたが眠っている間に」1話2話のあらすじを紹介します。

いつからか、予知夢をみるナム・ホンジュ(スジ)は、自分の夢が現実に起こることを知っているので、周辺の人々に警告しますが常に無視されます。
、将来を知っている若干傍観するような人です。
そうするうちに、自分が起こした事故により母が死ぬことを夢で見るようになります。


それ以来、母親を心配しながら気をもんたホンジュは、最終的に事故を私なり、彼氏イ・ユボム(イ・サンヨプ)に裏切られることになり、殺人者の濡れ衣を着るようになります。
そして、その事件によりホンジュの母は死を迎えることになり、彼女も悔しさと怒りで自殺することになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「あなたが眠っている間に」1話2話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「あなたが眠っている間に」の公式ページを参考で翻訳しております。

「あなたが眠っている間に」登場人物

「あなたが眠っている間に」1話2話あらすじ

ホンジュの予知夢

ホンジュ(スジ)は変な夢をみています。
彼氏がいるのに、知らない男性を抱きながら「私はあなたを信じます」と言った事が忘れられないです。
その後、夢で見たその男が引越しをしてきます。
その男性はジェチャン(イ・ジョンソク)です。

ありえない!っと言いながらソファに座ったホンジュは、窓の外に夢で見た男がいるのを見て驚きます。

夢で見たあの男が隣に引っ越してくる

ジェチャン(イン・ジョンソク)は引越し挨拶の餅を配る為にホンジュの家のインターホンを押した。

(日本は引越し挨拶としてそばを配りましたが、韓国は小豆のお餅を配ります)

ジェチャンは挨拶をしながら餅を出しますが、ホンジュは「結構です!予期せぬ訪問は迷惑です!挨拶したくありません」と冷たく接します。

(たぶん、あの夢が気になったからだと思います。)

ホンジュとジェチャンの出会い

その後、ホンジュはお出かけなのかバス停でお母さんと電話で話していた時、近ずいてくるジェチャンを見つけて慌てて電話を切ります。

ホンジュの隣りに座るジェチャンを「なんで?私の隣に?言い寄るつもり?」と思いながら一つ席を動きます。

するとまた近寄るジェチャンです。

彼の行動に何かを決心したように席を立ったホンジュは「私あなたに興味ありませんよ!」

という彼女の話と同時に立ち上がったジェチャンは、「ここに座って」とバス停で立っていた女子高校生達に話をかけます。

ホンジュの話を聞けなかったようなジェチャンは「もう一度言ってくれますか?」

勘違いしたホンジュは、恥ずかしさのあまりバスに飛び込みその場から逃げました。

(先、イヤフォンでお母さんと電話するとき、女子高校生たちが席をいどうしてくれますか?と呼びかけたのに、聞こえなかったようです。(〃艸〃)ムフッ)

ホンジュの予知夢に登場した男性の事故

まだ、職業がないのか、ホンジュはお母さんの焼き肉屋で一緒に働いています。

そこで3か月前にみた夢が思い出します。

男性のお客さんのたばこの火が原因で爆発事故で亡くなる夢。

食事を終えて帰ろうとする男性にたばこを吸わないでと言いかけます。

タバコ吸うと死にますよ!と言ってあげますが、それがどんな意味かを知るはずない男性は母子の話を無視してそのまま帰ります。

そうしてホンジュの予知夢通り、その客はガゾリンスタンドでタバコに火を付けようとした瞬間、ガス爆発に巻き込まれ死亡した。

ジョン・地検とイ・弁護士の再会。

新しい検事がイケメンで格好いいと思うヒャンミ(パク・ジンジュ)と女性実務官達はお祝いとしてあげるケーキを選んでいます。

彼女たちの前に弁護士のイ・ユボム(イ・サンヨブ)は、自分がジェチャンの家庭教師だったことを打ち明けながら当時の彼の成績がビリだったことを言います。

ホンジュの夢に登場したお母さんの死

病院で目を覚ます夢を見ているホンジュは、自分が起こした事故でお母さんが亡くなったとベ叔母さんから告げられ母親の遺書と通帳、そして保険証書を受け取ります。

泣きながら目を覚ましたホンジュはいつものように夢をメモします。

「叔母さん、長い髪、母さんの遺書、私が起こした事故」。

夢を見ながら泣いたホンジュの目を見て、お母さんは声をかけますが、ホンジュはまだお母さんの夢の事を言いません。

でも、その瞬間テレビニュースで、昨日お店に来てたあのお客さんがライターに火を付けた途端爆死する映像が流れます。

ハンジュは衝動的に自分の髪を切りながら「私どうしたらいいの?」と叫ぶホンジュを抱きしめてあげるお母さん。

少し落ち着いたホンジュは「夢の中でロングヘアだったから髪を切った。二度と伸ばさない」と言いながら心配している娘に「髪を切ると未来を変えられると思ったの?」と母が言いながら笑います。

「心配しないで。お母さんはそう簡単に死なないから」と慰めながら娘を抱いてあげます。

お母さんの話で少し安心できたのか、ホンジュも「この世に私には母しかいないよ。私を一人にしないで、OK?」と言います。

でも、なぜか不思議な場面があります。

その日の夜、お母さんは遺書を書き通帳と一緒の封筒に入れます。

2月14日バレンタインデイデイ

ユボムとホンジュはバレンタインデイデートをするためにお花を買います。

レストランの駐車場でジェチャンを見つけて、そこへホンジュも現れます。

一緒に食事を誘ったがホンジュも拒否したため二人だけデートをすることになります。

ジェチャンに「彼にバイクを買ってあげたのが、つい昨日の事のようなのに、時間が経つのは本当に早いね~~」と言いながら去っていくユボムの話に、ジェチャンはバイク事故が思い出します。

お母さんと連絡が取れない

ホンジュは携帯電話に返事がないお母さんが心配で家に帰ると言いながら突然立ち上がりレストランを出ます。

丁度、雪は振り始めて道が滑りやすいと思ったユボムは、ホンジュの為に運転をします。

帰る途中、母から電話を受けたホンジュは、やっと一安心。

ホンジュは、もし自分が事故を起こしたら母の世話を頼むとユボムに言います。

もしものことだと軽く思いながら頼みを受けたユボムは、前を横断していた男に気が付かずに引いてしまい二人が乗っていた車は滑りながら電柱に激突します。

ホンジュの病室に検事として訪ねるジェチャン。

事故から10ヶ月後、クリスマスイブの日に病院で目を覚ましたホンジュは、自分が運転して事項を起こしたと聞きます、

そのせいで母親が亡くなった事まで…

(どっちが夢の中なのかわからないけど、ホンジュの夢の通りに展開されていますね)

その日、ホンジュは運転してないと主張しますが、すべての状況がホンジュが犯人だと表しています。

ジェチャンも予知夢

ホンジュは自分の話を誰も信じてくれない悔しさとお母さんがいないこの世に生きていく必要がないと思い、病院の屋上から飛び降り自殺をしようとしています。

ジェチャンは「僕が信じる!」と言いながら近づきます。

「もしこれがあなた夢だったらよかったのに、、、ありがとう。信じると言ってくれて…」と言いながら目を閉じたホンジュはフェンスから手を離します。

彼女の手をつかもうとして手を伸ばしたが捕まえず、下に落ちていく彼女を茫然と見つめるジェチャンは、汗をかきながら目が覚まします。

2016年のバレンタインの日。

あんまりにもリアルでしかもお隣のホンジュの夢を見たのが心配で、その日の朝バス停でホンジュを見かけたジェチャンは、彼女が心配で

「おかしく聞こえるかもしれないが、ちょっと聞いてくれ!今日、ヨボムに会わないで!もし、雪が降ったら運転しないで!」と必死で警告を発しますがホンジュは彼の話だけではなく彼もおかしく感じています。

その夜、レストランの前で弟を待っていたジェチャンは、全て夢で見たようにユボムに出会いホンジュが現れたことに驚きます。

ホンジュにユボムにあうな!って警告したのに会っている姿で彼女が心配で帰れなかったことと、夢の中で嘘をついたのがどっちなのかを確認したかったジェチャンは二人を見つめます。

そしたら、夢と同じように食事の途中、レストランから出てきたホンジュが、ユボムに車の鍵を渡して助手席に座るのを目撃します。

「ユボムが車を運転していたんだ」とジェチャンが唖然としている内に、止める間もなくユボムは車は走らせます。

ジェチャンは弟に慌てて警察に電話をするように言いますが、弟はそんな兄の行動が理解できないです。

ジェチャンはホンジュが墜落していく鮮明なイメージと掴もうとして伸ばした手の感触で、弟を駐車場に残してユボムとホンジュが乗っている車を追いつけます。

夢を変えたジェチャン

ホンジュとユボムはホンジュの母親の事を話しながら運転中だったですが、急に大きな音とともに衝突されました。

その後、自分に近づいてくるジェチャンをぼんやりとした目で車の窓から見るホンジュ。

ジェチャンは、ホンジュを車から引きだした後、大丈夫かと声をかけて、交差点で驚いている若い男にも声を掛けて無事を確認します。

車から降りてきたユボムは、雪で滑ってコントロールを失ったと言うジェチャンの話に激怒します。

「頭大丈夫!」

と怒るユボムに「俺が車を止めてなかったら、兄はあの男性を殺していた」と言いながらいまだに驚いて交差点に立っている若い男を指差します。

そして、ユボムの偽装工作でホンジュが人を殺した罪に問われること、そのショックでホンジュの母が亡くなって、ホンジュが自殺する事まで言いますが、その話を信じる人は誰もいません。

「誰がそんな話を信じるんだ?」と言いながらユボムはホンジュに信じられるか問います。

チャンに近づくホンジュは、彼を抱きながら「私はあなたを信じる。私だから信じられる。」と涙を流します。

突然のことに驚いたジェチャンは身を引きますが、ホンジュはギュッと抱きしめて「ありがとう」といいます。

「あなたが眠っている間に」1話~32話の動画

「あなたが眠っている間に」1話2話の動画はこちらです。

最後に

最後まで視聴したら、最初の場面でホンジュがジェチャンを抱いた理由がやっとわかりました。

ホンジュの予知夢をジェチャンが変えてくれたからホンジュはジェチャンに私だからあなたを信じられますと言いましたね!

予知夢って誰でも見ると思いますが、それを目を覚ました後も覚えているか覚えてないノ違いがあると聞いたことがあります。

新しい素材の予知夢ってかなり面白うそうなドラマですね~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »