チソン主演 MBC水・木ドラマ キルミヒルミ1話 日本語字幕

スポンサーリンク
スポンサーリンク




MBC水・木ドラマ キルミヒルミ 第1話の紹介

1話のあらすじ

ドヒョン(チソン)は、自分の内面に別の人格があることを感じ、それが”複数の人格”であることを認識している。テイム(チョソンの祖母)は、経営権防御のためにドヒョン(チソン)を韓国に帰国させる。
一方、リジン(ファン·ジョンウム)は、突然姿を消した病棟の患者ホスクヒ(金知恵)を見つけるためにクラブパーラダイスを見つけて、その場所でのドヒョンと出会う。
しかし、どこか変わったドヒョンの姿が見慣れないだけ。。。

登場人物

チャドヒョン(ジソン)、オリジン(ファン·ジョンウム)、オリオン(バクソジュン)、ハンチェヨン(キム·ユリ)、チャキジュン(オミンソク)、

1話の内容

国内で有名な大企業、昇進グループの資料を一つずつオリゴている誰かがいる。

昇進グループの初代会長であるチャゴンホと、その嫁であるチャゴンホの長男チャジュンピョの最初の妻であるミンソヨンが受けた疑問の交通事故の新聞記事。

チャジュンピョの次期会長内定記事

就任祝賀パーティー当日、大邸宅の火災の記事と、そこで救出されたスンジングループの後継者チャドヒョンのことまで細かく調査しているようだ。

資料を集めている誰かの背中。

2004年、米国で留学生活をしていたチャドヒョン。
模範的で禁欲的なうえに正直だし、運動まで上手な万能の結晶であるため、
あちごちのクラブやサークルからラブコールが絶えない。

ある日、生徒会活動を一緒にしている友人エビゲイルからジェニファーの家に寄ってくれと頼まれたドヒョン。
エビゲイルはジェニファーが何日も学校を欠席して連絡途絶状態で、自分が直接行くのが嫌な様子だ。

快くエビゲイルのお願いを承諾したドヒョン。
しかし、到着したジェニファーの家の雰囲気が尋常ではない。
父に暴行されているジェニファー。

暴行を制止しようとしたドヒョンは、かえって同じように殴られ、
いくつかの記憶が思い出す。薄くらい部屋の中に放り出されている子供。
壊れてたおもちゃの中でドヒョンの子供時代のような子供は、自分に近づいてくる誰かの影を後じさりをする。

短いフラッシュバックが終わったら、瞬間的にドヒョンの瞳が紫色に変わる。

しばらくして、近所の人の通報を受けた警察が出動したがジェニファーは父の無言の圧力のため、ドヒョンを無断侵入と暴行犯だと指定している。

家に帰ってきたドヒョン。
電話機には、サンフランシスコで出張中のアン室長がもうすぐ訪問するという音声メッセージが残されている。

トイレで傷を観るドヒョン。
その時、手が傷を触れたら突然発作を起こし始める。

ジェニファーの家で殴られていた時にその当時、一見かすめた記憶。
つまり、暗い部屋の中に放り出されている子供の姿が重なって見えて、

再び紫色に染まるドヒョンの瞳。

しばらくして、鏡に映ったドヒョンの顔は変わっている

家の外を出てどこかに向かうドヒョン。

足が止まったところはジェニファーの家。ジェニファーの父親を無惨に踏みにじったドヒョンはジェニファーに二度と暴力を振るな!という警告をして去る。

目を覚めたドヒョン。前日発作が起きてトイレで倒れた後の記憶がない。

血がついてる服と自分の姿が信じられないドヒョン。

その時、ドヒョンの家にアン室長が到着して、
アン室長:これが一体どういうことですか?

ドヒョン:アン室長、助けてください。

それ後、ドヒョンは自分の中に複数の人格が住んでいる事実を認知するようになって、
ジェニファー事件の時に現れた人格がシンセギという名前を持ってるという事も知ることになる。
しかし、ドヒョンはシンセギだったときの記憶が無い為、全く知らないところで目が覚めたり全く知らない人に「どなたですか?」と言って混乱な状況になりやすい。

2010年、スコフィールド博士から解離性主体の障害の診断を受けたドヒョン。
その後、他の病院に通って治療を要求しするがドヒョンの話を聞いた後は誰もが治療を始めようと思わない。4年が過ぎた今も。

ドヒョンの家に立ち寄ったアン室長は、現在のスンジングループ会長であるドヒョンの祖母、ソテイム夫人がドヒョンにアメリカの生活を完全に終わらせて帰国してくださいと言った事を伝える。

しかし、まだ治療が終わっていないドヒョンは隠すことも、家族の理解を求めることも不可能だと思い拒絶する。

そうするうちに目を閉じた覚ますと飛行機の座席に座っているドヒョン。

隣の席に座った人、オリオンに飛行機の行き先を尋ね、すぐに仁川国際空港に到着することを知るようになるドヒョン。

ドヒョンの携帯電話に画像を残したセギ。
セギ:男が野心を持たなければならない!スンジングループの所有者になりたくないのか?

その時刻、空港に到着した別の人、オリジン。魂が抜けた顔である。

リジン:私、オメガ作家ではありません。違います!

    オメガなのかスクワランなのか、私は捕らえてあげるから!

    私に電話をしないでください、お願い…!

リジン:オリオン、お前!今日はころしてやるぞ!

ドヒョンは、入国後すぐにニューヨーク行のチケットを調べてみるが、空港にはすでにソテイム会長の人々が迎えに来ている。

諦めて、その人達と一緒に行こうとした時、どこかでドヒョンの耳に聞こえてくる声。

リジン:おい!!!!!

指差ししてドヒョンに近づいてくるリジン。ドヒョンは知らない顔である。
ドヒョンは、(セギが出会った)人を覚えることができなくて水拷問をされた記憶が浮かんで気が引けて……。

リジン:早く出て来い!
ドヒョン:す…既に出ているのにまたどこに出ればいいですか……。

その後、ドヒョンの後ろから誰かの耳をつかんで出すリジン。
ドヒョンの飛行機の隣の席に座っていたリオンである。

リジン:私はあなたのせいでどのくらいに苦労したのか知ってる?いつまで私の名前を使うつもり?今日あなたの正体を全部ばらしちゃおう!

リジン:皆さん!この人が顔のない作家、オメ……。」
リオン:オメナ!オメナ。どうしよう。申し訳ありません!私の妹はちょっと病気で……

リジンの口を手でつめたまま引きずっていくリオン。
その光景をぼんやりしたように見つめていたドヒョンは本当にリジンが精神的に問題があるんだ、と信じて気配ですね。

リジンは、天才推理小説作家オメガというペンネームの後ろに隠れて神秘主義を固守し、家族を混乱させるリオンに怒りを示して、リオンはリジンをなだめて車でカンハン病院まで送ってあげる。

リオン:病院の生活がくるしくても、耐えられてほしいの。私の心だけはあなたと一緒だということ、忘れないでね!

リオンにぶっきらぼうに受けながら病院に入るリジン。コートを脱いだが、
「精神的健康医学オリジン」という患者服ではなく、医師ガウンが表れる。

リジンは、修学能力試験満点の神話を成しレジデント1年目の医師だったです!

リジンを送って車に乗ったリオンは、バッグからあれこれ取り出しておくが、
広がったファイルの中にドヒョンの写真およびスンジングループ関連の記事がスクラップされている。

ドヒョンの実の母親でチャジュンピョの2番目の夫人、シンファランはソテイム会長が21年の間意識不明の状態である自分の夫を自分から抜き続けている事にうんざりになってる。

しかし、ドヒョンは既にチャジュンピョの最初の妻であるミンソヨンの戸籍に上がっており、シンファランが家事に議論される資格がないと考えているソテイム会長は、シンファランを相手にしないだけだ。

シンファランとソテイム神経戦をすべて見守っていたドヒョン。
テイムはドヒョンを見て少しは戸惑う様子を表わすが、ドヒョンはおなじみのように、
あるいはおなじみなふりをする。

ドヒョンを装って帰国の条件にスンジン建設の社長のポストと会社の株式の5%を要求したセギ。
テイムは早まった野心は正しくないとしドヒョンにドヒョンの親戚(六寸兄)のキジュンが社長で務めてるIDエンターテイメントの副社長の座をあげて、毎年の誕生日ごとに0.5%ずつ株を譲渡してあげる言う。

ドヒョンが一人暮らしをするとした要求は快く承諾したテイム(ドヒョンノ祖母)。

一人暮らしをするにはかなり広く見えますね!

ドヒョンに電話をかけたキジュン。帰国記念に飲みに行こうと誘って約束場所の住所を送る。

スンジン建設現社長であるキジュンの父、チャヨンピョ。基準にドヒョンを警戒しろというけど、基準はその必要性を感じない。

ドヒョンは、治療を続けるために医者スコフィールドを見つけてくれるようにアン室長にお願いします。

カンハン病院精神保健医学博士であるスコフィールドの韓国名はソク·ホピル。
リジンを弟子にしている。ホピルは回診をしながらリジンから患者の報告を受ける、

無断離脱をして消えたリジンの患者、ホスクヒ。

リジンは、スクヒが残したメモを見てパラダイスクラブに彼女を探しに行く。

基準が送って住所通りにパラダイスクラブに到着したドヒョン。
新たに加入したアートチーム長と
ドヒョンの入社お祝いパーティーという名分のもとでキジュンの会社の従業員が集まっている。
ドヒョン:なんだ?こんな席だったら事前におしえてくれないとダメなんじゃない?」

しばらくパウダールームに行ったアートチーム長がドアを開けて入って、ドヒョンはびっくりして立ち上がった。

アートディレクター、ハンチェヨンはドヒョンの初恋であり、キジュンの婚約者である。

ステージで和気あいあいな姿を見せるキジュンとチェヨンを眺めるドヒョン。
そして、誰かがドヒョンのそばに近付いて話をつけるのに、

内面の乱暴がいつ飛び出し出るか分からない怖がっているなら、会話が必要なときに自分に相談しに来てという。

彼女が渡した名刺の中の名前は「ホスクヒ」。リジンがい探している誇大妄想狂患者と名前が同じである。

その時、自分を捕まえに来たリジンを発見するスクヒ。
リジンは、病棟を脱出した患者だとスクヒがウソを言ったら、
ドヒョンは、空港での事が思い出す。リジンを引っ張りながら妹は心が痛む人だと言うリオンの言葉を思い出す。
しばらくリジンを捕まえておいてほしいというスクヒの言葉を信じるドヒョン。

ドヒョンはスクヒのお願いを忠実に履行するけど、気が短いリジンは、自分をつかまえるドヒョンに背負い投げをしたらドヒョンは発作を起こし始めに、シンセギに変わるのが心配でドヒョンは急いでトイレに逃げる。

発作をして薬の瓶を逃したドヒョンはセギに変わり、

ドヒョンの服のスタイルが気に入らないシンセギはトイレで偶然出会った暴走族のレザージャケットを奪って着る。

スクヒを無事に救急車に乗せたリジンは出発しようとしたら、ドヒョンが気になって戻ってクラブに向かう。
そうするうちに、シンセギに腕が捕まった。

リジン:申し訳ありません、さっきあまりにも急いでたので、、、大丈夫ですか?
    ところで服はまた、いつ着替えたのかな。”

リジンが見た目にもさっき自分が見た模範的なスーツ姿の男と今の前にあるレザージャケットスタイルの人は全く違って見える。セギは、そのようなリジンを黙って眺めるだけ。

リジンの腕を腕時計を見るシンセギ。
セギ:覚えて

「2015年1月7日午後10時定刻、私がお前に惚れた時間、
私にむやみに対する女性は、あなたが初めてだよ。」

セギの話をリジンは聞いてないことにするとして、逃げようとするが
四方から囲む暴走族のための道が詰まってしまう。

すべての暴走族を倒しリジンへと歩いていたセギは、レザージャケットの持ち主の角材に当たって倒れるように見えるけど、再び起きあがって口の端を吊り上げる。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »