耳打ち7話ーこの世を変えようとしないで・・・(あらすじ+ハイライト映像)

耳打ち7話

シン・ヨンジュ(イ・ボヨン)がチェ・スヨンの事務室に隠れカメラを設置して秘密の書類を手に入れることが出来ました。
でも、ヨンジュの父が時限付きであることを分かるようになりました。
そして、30年前カンユテクとチェイルファンがどうやって友達になったのかもわかるようになりました。
耳打ち7話ではどんな耳打ちを聞けるでしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




耳打ち7話の紹介

★お知らせ★

韓国tvNドラマ「耳打ち」の公式ページを参考で翻訳しております。

耳打ち7話あらすじ

父のシンチャンホ(カン・シンイル)が心配で悩んでいるヨンジュ(イ・ボヨン)
そんなヨンジュのそばにいながらドンジュン(イ・サンユン)沈黙の慰労を伝えます。

ヨンジュに代わってシンチャンホに会ったドンジュンは、彼に手術について率直に言いますが、シンチャンホはすでに自分の状態を知っていますね。
シンチャンホはドンジュンに刑執行と手術の事に対して感謝を伝えますが、
ドンジュンは裁判を誤ったとしてシンチャンホに謝罪します。
シンチャンホはそのようなドンジュンに世界を変えようと努力しないで、
今の世界でよく生きる事を選んでと話します。
ドンジュンはそのような彼に再裁判をするといいながら、
自分が間違って下した判決を再審判するといいます。

退院するとすぐ太白に戻ったドンジュンを迎えたのはカン・ジョンイル(クォン・ユル)です。
ジョンイルはドンジュンにスヨンと太白を置いて去ってと警告しますが、ドンジュンはむしろジョンイルにキム・ソンシク記者を殺害したと自首しろうと耳打ちします。

チェイルファン(キム・ガプス)を訪ねてきたドンジュンにイルファンは去ってほしいと言います
ドンジュンまた最高裁判所長官を除去した後、太白から去りたいと離れたいといいます。

出勤後、ドンジュンとヨンジュは一緒に食事をしながら、最高裁判所長官をひざまずかせる計画を立てます。
その瞬間、イルファンはドンジュンに電話をかけて、
最高裁判所長官が訪れると報じて、ドンジュンがイルファンの代わりに最高裁長官を迎えます。

数日後、最高裁判所長官は、自分の娘婿の裁判を担当した判事に会います。
そして、ヨンジュとドンジュンはこれを捕捉します。
結局、ドンジュンに包摂された裁判官は、最高裁掲示板に良心宣言をします。

困難な状況に陥った最高裁判所長官は、すぐにドンジュンに訪ねて、
ドンジュンは防衛産業の不正と関連された裁判をさらに厳重にするように指示します。
ボグック産業と関連された関係者たちは、すべて法定最高刑を宣告されます。
これに興奮したカン・ユテクはチェ・イルファンを訪れて
ジョンイルを従う太白の弁護士を率いて太白を出ると宣言します。
イルファンはドンジュンを呼び出します。
ドンジュンはイルファンにユテクの作男に生きるか、
一緒に小作争議をするかを選択して欲しいといいます。

太白の弁護士チーム長が集まった所で、ドンジュンはキム・ソンシク記者殺人事件を
担当すると発表します。

一方、ヨンジュが設置した隠しカメラを発見したスヨンは、すべてをヨンジュとドンジュンが知ってしまったことを分かって不安に震えながら、ジョンイルと一緒にすることを後悔する発言をして、ジョンイルは慌てますが、すぐスヨンを落ち着かせます。

数日後、最高裁判所長官は、ドンジュンの手から逃れるために彼の裁判官再任用の記者会見をしますが、最高裁判所長官と一緒にすることを約束していた人たちは皆、彼を裏切ります。
その結果に喜ぶドンジュンとヨンジュは、お互いを見つめながら笑ってる姿をみたスヨンはヨンジュを嫉妬してヨンジュの前で雑誌のインタビューをすると言いながら、ドンジュンにキスをします。
しかし、ジョンイルも、スヨンの様子を見るようになり驚きます。
ヨンジュはスヨンの嫉妬作戦に呆れて耳打ち7わは終わります。

父のシンチャンホ(カン・シンイル)が心配で悩んでいるヨンジュ(イ・ボヨン)
そんなヨンジュのそばにいながらドンジュン(イ・サンユン)沈黙の慰労を伝えます。

ヨンジュに代わってシンチャンホに会ったドンジュンは、彼に手術について率直に言おうが、シンチャンホはすでに自分の状態を知っていますね。
シンチャンホはドンジュンに刑執行と手術の事に対して感謝を伝えますが、
ドンジュンは裁判を誤ったとしてシンチャンホに謝罪します。
シンチャンホはそのようなドンジュンに世界を変えようと努力しないで、
今の世界でよく生きる事を選んでと話します。
ドンジュンはそのような彼に再裁判をするといいながら、
自分が間違って下した判決を再審判するといいます。

退院するとすぐ太白に戻ったドンジュンを迎えたのはカン・ジョンイル(クォン・ユル)です。
ジョンイルはドンジュンにスヨンと太白を置いて去ってと警告しますが、ドンジュンはむしろジョンイルにキム・ソンシク記者を殺害したと自首しろうと耳打ちします。

チェイルファン(キム・ガプス)を訪ねてきたドンジュンにイルファンは去ってほしいと言います
ドンジュンまた最高裁判所長官を除去した後、太白から去りたいと離れたいといいます。

出勤後、ドンジュンとヨンジュは一緒に食事をしながら、最高裁判所長官をひざまずかせる計画を立てます。
その瞬間、イルファンはドンジュンに電話をかけて、
最高裁判所長官が訪れると報じて、ドンジュンがイルファンの代わりに最高裁長官を迎えます。
数日後、最高裁判所長官は、自分の娘婿の裁判を担当した判事に会います。
そして、ヨンジュとドンジュンはこれを捕捉します。
結局、ドンジュンに包摂された裁判官は、最高裁掲示板に良心宣言をします。

困難な状況に陥った最高裁判所長官は、すぐにドンジュンに訪ねて、
ドンジュンは防衛産業の不正と関連された裁判をさらに厳重にするように指示します。
ボグック産業と関連された関係者たちは、すべて法定最高刑を宣告されます。
これに興奮したカン・ユテクはチェ・イルファンを訪れて
ジョンイルを従う太白の弁護士を率いて太白を出ると宣言します。
イルファンはドンジュンを呼び出します。
ドンジュンはイルファンにユテクの作男に生きるか、
一緒に小作争議をするかを選択して欲しいといいます。

太白の弁護士チーム長が集まった所で、ドンジュンはキム・ソンシク記者殺人事件を
担当すると発表します。
一方、ヨンジュが設置した隠しカメラを発見したスヨンは、すべてをヨンジュとドンジュンが知ってしまったことを分かって不安に震えながら、ジョンイルと一緒にすることを後悔する発言をして、ジョンイルは慌てますが、すぐスヨンを落ち着かせます。

数日後、最高裁判所長官は、ドンジュンの手から逃れるために彼の裁判官再任用の記者会見をしますが、最高裁判所長官と一緒にすることを約束していた人たちは皆、彼を裏切ります。
その結果に喜ぶドンジュンとヨンジュは、お互いを見つめながら笑ってる姿をみたスヨンはヨンジュを嫉妬してヨンジュの前で雑誌のインタビューをすると言いながら、ドンジュンにキスをします。
しかし、ジョンイルも、スヨンの様子を見るようになり驚きます。
ヨンジュはスヨンの嫉妬作戦に呆れて耳打ち7話は終わります。

耳打ち7話ハイライト映像

キム・ホンパ、キム・ガプスに脅し「クォン・ユルに触れるな」

イ・サンユン、カン・シンイルに重い良心告白「裁判もう一度行います」

イ・サンユン、クォン・ユルにどっしりとした「耳打ち」警告「自首しろ」

イ・サンユン、キム・ガプスにチョン・グクファンをひざまずかせる「協業」の提案

イ・ボヨン、クォン・ユルに断固としたストレートな発言「キム・ホンパと共に刑務所で過ごすことになるだろう」

イ・サンユン、窮地に追い込まれたチョン・グクファンに指示「防衛産業の不正を厳重に捜査しろ」

イ・サンユン&イ・ボヨン、クォン・ユルを締め付ける「痛快なコンビプレー」

「悪より誠実」イ・サンユン、チョン・グクファンに痛快な復讐!

パク・セヨン、イ・ボヨンの前でイ・サンユンに「突発キス」

耳打ち1話~16話の動画

耳打ち7話の動画はこちらです。

耳打ち1話~16話の予告

耳打ち1話~16話の放送日時

2017年4月18日耳打ち8話が放送されます。

2017年4月24日耳打ち9話が放送されます。

2017年4月25日耳打ち10話が放送されます。

2017年5月1日耳打ち11話が放送されます。

2017年5月2日耳打ち12話が放送されます。

2017年5月8日耳打ち13話が放送されます。

2017年5月9日耳打ち14話が放送されます。

2017年5月15日耳打ち15話が放送されます。

2017年5月16日耳打ち16話が放送されます。

最後に

今日は、緊張の連続だったですね!
ストーリの展開もよく、俳優たちの演技も文句なしで次が気になるドラマに間違いないですね

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »