王は愛する1話~40話

2012年からドラマに政策する話が出るほど人気の小説だった「王は愛する」の作家はエアーボンと言う名前で無名の作家かなと思う方が多いと思いますが、実はあの有名なソン・ジナ作家と弟子立ちの作品です。

王は愛するは魅惑的な美しさの背後に強い欲望と征服欲を抱いた世子ワンウォンと直立した品性、愛の情熱を持った王族リンのブロマンスを一瞬にして倒したウンサンの話を描いたドラマです。

少女時代のイム・ユナ、ZE:Aのイム・シワンとホン・ジョンヒョンが出演する「王は愛する」を紹介します~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




王は愛する紹介

王は愛する

出典:u-next

『ミセン-未生-』のイム・シワン、『ラブレイン』のユナ(少女時代)、『麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~』のホン・ジョンヒョンら、人気スター共演の華やかな時代劇!
原作は、『トキメキ☆成均館スキャンダル』『太陽を抱く月』など多くのヒット作を生んでいる、パランメディアが出版する同名ベストセラー小説。
豊かな国を夢みる王子ウォン、彼の唯一の腹心の部下のリン、そして、彼らと運命的に出会い、二人の男性の関係を揺さぶるヒロインのサン。少女漫画さながらの切ないストーリー展開は、胸キュン必至!そして、近年韓国ドラマのヒット要素として注目されている「ブロマンス」(男の熱い友情)はもちろんのこと、一人の女性を愛し、時には葛藤しながらも深い友情を交わす二人の美しい姿は女性視聴者を虜にする。

王は愛するあらすじ

チュンソンワンであるワンウォン(イム・シワン)は高麗の改革を目指す世子で、
父の忠烈王と忠烈王の側近である宦官と権門などの既得権勢力と対立します。
高麗第一の 巨富種実諸侯霊バック一人娘であるワンサンを愛するようになるが、
種親であり、自分の親しいリン(ホン・ジョンヒョン)が彼女と恋人関係になると、二人への愛情が裏切りに変わって徐々にヤンデレ化されていきます。
このせいでワンウォンはある事件をを理由にリンを追放して、サン(イム・ユナ)行方不明になったリンを探すために高麗を去ります。
結局、二人はのワンウォンと遠ざかってしまいます。

ワンウォンは酒に酔ってワンに似ているここの女性を強姦した後婚姻するが、この女性とはその後も愛はなく、性欲だけを解決する関係で息子を二人産みます。
夫婦の関係がこんなもんだから自分の息子にも関わらず愛情もなく、ずっと自分が父と葛藤に祖父フビライ・ハン事後起こった元国の権力闘争にも関与していたからなのか、
家族に対してはかなり否定的は反応をします。

ロマンス小説や政治状況描写も、実際の歴史に沿ってリアルに書かれたものです。
実在の人物がたくさん出てくる方ですが、サンとリンは、仮想人物であります。
忠烈王とチュンソンワンの葛藤とチュンソンワンの改革の試みなどにも比重を置きました。

王は愛する出演者(重要人物)

ワン・ウォン役ーーーイムシワン  

ウンサン役ーーーーーイムユナ   

ワンリン役ーーーーーホンジョンヒョン

王は愛するはこちら♪

王は愛する

最後に

主人公のイム・シワンさんが入隊の日にちが決まっており残念ながら1話から視聴ができなかったようです。

少女時代のユナも時代劇には初めての出演だったですが、ロマンス小説をドラマに制作する過程で実際のっ歴史があんまりにも多く加えて内容的に指摘を受けて作品性が良くないという評価を受けました。

俳優たちの演技が良かったにも関わらず内容の問題で視聴率も期待以下で終了しました。

事前制作ドラマは視聴者達の意見にそろえてすぐ内容を変えることができない弱点がある為少し残念でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »