「ロマンスは別冊付録」1話-イ・ジョンソクイ・ナヨンでも満たしていない食傷するスタート

「ロマンスは別冊付録」1話を紹介します。

虚しい結末を与えて去ってしまった素材が本当にユニークだったから信憑性ありそうに見えた「アルハンブラ宮殿の思い出」の後続作であるイ・ジョンソクとイ・ナヨン主演の
「ロマンスは別冊付録」が初放送されました。
「ロマンスは別冊付録」は広報する前から注目を浴びた作品の一つでもあります。
ドラマ「ボーイフレンド」のチャ・スヒョンとキム・ジニョクカップルに勝つ事が出来るかという若干の好奇心キーワードもありました。

どうやら女優の共通点があると思えば理解しやすいと思います。
「ボーイフレンド」のチャ・スヒョン役のソン・ヘギョさんも結婚して、
相手の俳優役との年齢差があったからです。
「ロマンスは別冊付録」も本当に久しぶりに視聴者の前に立つ俳優イ・ナヨンさんが、選択したドラマであり、ウォンビンさんと結婚し、相手俳優との実際の年齢差がありますが、
果たしてドラマ「ボーイフレンド」ほどのキャミを見せてくれるのか!
それとも、あまりにも久しぶりに視聴者の前に立つ俳優イ・ナヨンさんの叱責が先に出てくるかが気になる時点でもあります。

「ボーイフレンド」はロマンスだけだったですが、「ロマンスは別冊付録」ロマンチックコメディドラマです。
本格的に始まる前から比べるのは失礼ですが、どうしても似てるところが多くて気になりますね!
それでは、ロマンチックコメディドラマ「ロマンスは別冊付録」1話を本格的に紹介いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「ロマンスは別冊付録」1話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「ロマンスは別冊付録」の公式ページを参考で翻訳しております。

ドラマ情報

放送時間:毎週土・日曜日夜9時30分~

制作陣:演出ーイ・ジョンヒョ、脚本ージョン・ヒョンジョン

ジャンル:ロマンスコメディ

ロマンスは別冊付録

出典:http://program.tving.com/tvn/bonusbook/4/Board/View?b_seq=4&page=1&p_size=10

写真のすべての権利は該当に放送局(tvn)にあります。

そして、内容の理解の為に動画と写真をお使いさせていただきます。

「ロマンスは別冊付録」登場人物

主要人物

  • カン・ダニ役——————イ・ナヨン
  • チャ・ウノ役——————イ・ジョンソク
  • ソン・へリン役—————-ジョン・ユジン
  • ジ・ソジュン役—————-ウィ・ハジュン
  • キム・ジェミン役————–キム・テウ   

その他

  • コ・ユソン役————キム・ユミ        ボン・ジホ役—————-ジョ・ハンチョル     
  • ソ・ヨンア役————キム・ソニョン      パク・フン役—————-カン・キドゥン
  • オ・ジユル役——–パク・ギュヨン        イ・スンジン役————–イ・クァンフン
  • ベ・クァス役—————–チェ・スンユン    チェ・ソンイ役———–イ・ハウン            

「ロマンスは別冊付録」1話のあらすじ

極端設定で始まる
離婚した経歴断絶女性の奮闘記とすべてのものを備えた王子様とのロマンス

カン・ダニとチャ・ウノは子供の時から親しい仲で、
お互いはダニ姉ちゃん!ウノ君と呼ぶほど仲良し関係でした。
カン・ダニはコピーライターで有名で、チャ・ウノは作家として結構注目を受けていました。
そんなカン・ダニが結婚をして、チャ・ウノはカン・ダニの結婚のために直接ピアノ伴奏までしてあげるほど、彼らは本当に親しくて仲良しの関係でした。
ダ二姉のためにウェディングマーチが流れる瞬間、彼女が消えました。

花嫁が消えたので、結婚式場は修羅場になるしかありませんでした。
映画「ランナウェイブライド」のように。
しかし、映画と違って、カン・ダニの逃走はチャ・ウノの車に隠れることが精一杯でした。
結婚式を控えて不安になったカン・ダニはそのまま新しい人生を生きることもかのうでした。
チャ・ウノの提案のように海外に旅に出て、新しい生活を始めることも可能だったです
しかし、母親が倒れたという話にカン・ダニは再び結婚式場に戻って行った、彼女は平凡な主婦になりました。
娘ジェヒを生んで幸せに生きていたカン・ダニの人生は一生幸せにはならなかったです。

夫の事業が倒産して、さらに浮気までして、完全に破壊されてしまいました。
やっと購入した家も失う事になり、離婚までしたカン・ダニができることはありませんでした。
フィリピンに留学に行った娘ジェヒを育てるためには、お金を稼ぐこと以外の方法がありませんでした。
それで、就職に乗り出しましたが、経歴断絶おばさんの就職は空の星取りのように困難でした。

青年たちの就職も大変なのに、おばさんたちまで出てきて、競争だけ激しくするという非難を直接受けるほどでした。
切迫に就職をするために出ましたが、会社はカン・ダニに友好的ではなかったです。
過去どんなに優れたコピーライターだったとしても、それはただ過去の事だけでした。

カン・ダニが離婚までしてかろうじて就職を探しているのとは異なり、
チャ・ウノは末長い成功中です。
大学の学生達を教えて、出版社で編集長に活動中です。
優れた容貌で多くの女性の愛を受けるチャ・ウノは、誰も愛していません。
彼にはカン・ダニだけが存在するからです。

すべてを完璧に備えた男性。
若い年齢で大学教授と出版社編集長として活動しており、
ベストセラー作家であり、お金持ちです。
さらに、優れた容貌で女性の関心を一身に受けているチャ・ウノは、文字通り皆に王子様でした。
そんな彼が愛を信じていません。

カン・ダニはチャ・ウノ家の家政婦の仕事を始めることになりました。
もちろん彼には知らせないまま、二重生活をすします、そのような生活も長くは続かなかったです。
カン・ダニの家が他人に売買され、その家が再開発のために崩れました。
こっそりそこで寝てたカン・ダニはもう行くところもなくなりました。

面接を見た日の朝、靴も消えてしまったまま裸足の女王になった彼女は、
雨まで降る状況の中で、道に投げつけました。
大変な事が続いているカン・ダニにフリーランスのブックデザイナーであるジ・ソジュンが登場しました。
丁度、2階でカン・ダニを目撃しました。
酔客のセクハラ行為に困っているカン・ダニを救えるためにジ・ソジュンは直接出ました。

ジ・ソジュンは朝、カン・ダニが靴を失う過程も見ました。
そして、そのように彼女の靴を拾ってくれました。
まるでシンデレラの靴を探すために出た王子のように、彼は偶然のようにまた会った
カン・ダニに靴を履かせてあげました。
優れたブックデザイナーであるジ・ソジュンもすべての女性が愛するしかない存在です。

「ロマンスは別冊付録」1話~4話ハイライト動画

「ロマンスは別冊付録」1話動画

「ロマンスは別冊付録」1話無料動画

出典:https://www.netflix.com/jp/title/81045349

ロマンスは別冊付録」は日本のNetflixで放送中で、30日間無料でお試し可能です。

Netflixーロマンスは別冊付録

「ロマンスは別冊付録」1話視聴率

「ロマンスは別冊付録」1話視聴率は4.3%です。

「ロマンスは別冊付録」1話~16話の予告

「ロマンスは別冊付録」1話~16話の放送スケジュール

2019年1月 27日 「ロマンスは別冊付録」 2話

2019年2月 2日 「ロマンスは別冊付録」 3話

最後に

長い沈黙を破り、ドラマ復帰をしたイ・ナヨンと軍入隊を控えて最後の作品になる可能性があるイ・ジョンソクの作品という点で関心が大きかったです。
ここでロマンス匠人という監督と作家が集まって作った作品なので期待していました。

<ロマンスは別冊付録>は、一時、皆が認めていた成功した女性が結婚とキャリア断絶になって、再び自分の人生を生きるために世に出てきた女性の仕事と愛を表現するストーリーです。
男性主人公役のチャ・ウノが編集長である出版社にキャリアを騙し就職にたカン・ダニが、その中で愛と仕事と言う二匹のウサギをとる過程を見せる予定らしいです。

イ・ナヨンさんは1話からハードに走りましたね!
幸せな結婚生活と離婚。そしてひどい生活苦に悩まされている彼女の涙まですべてを示しました。
まだ魅力的なイ・ナヨンさんだったですが、何か合わない服を着たように不自然な雰囲気もありました。
イ・ジョンソクも1話ではそれほど魅力的ではない気がしました。

でも、キャラクターの紹介は上手くできた気がします。
イ・ナヨンを愛する二人の男のロマンスが本格的に開始されることも予告されました。
そしてそのような二人の男を愛する他の女性たちも登場して、社内恋愛は続いと思います。
その過程でどんな楽しさと意味を込めて出すことができるか、1話だけでは少しあいまいですね。

十分食傷して陳腐な展開を予告した「ロマンスは別冊付録>は
<ロマンスが必要>のライタージョン・ヒョンジョンの大きく成長していない、自己複製式ロマンスが続く可能性も高く見えるから、再びスター出演者が無視されるドラマになる可能性もないとは言えないです。

イ・ジョンソクとイ・ナヨンというツートップ俳優を前面に出してファン層の視聴率は確保できるが、それ以上の価値を得るためには、ストーリーが新鮮で面白くないと視聴率と人気は期待できないかも知りません!
しかし、<ロマンスは別冊付録>も<ボーイフレンド>のように限界の壁にぶつかるかも知りません。
期待が大きいだけに失望も大きくなるからです。

似たようなロマンスの話が相次いで編成され、後になって始めた話は、
さらに陳腐に見えるしかありません。
イ・ジョンソクは相変わらず自分だけの演技をして、イ・ナヨンは「勝手にしろ」から発展していない感じもあります。
女性と男性のロマンス主導権が変わっただけで新しい素材だと言えない時代なのに、
初話の物足りなさをこれからどのよう詰めていくかがカギですね。

1話から少し厳しい話になりましたが、最近のドアマが似てる素材で煮てる内容が多くて、紹介する私もついつい新しいジャンルを求めますね!
2話からは少し変わった姿を見せてくれると期待しながら今日はここまでにします。

イ・ジョンソク,イ・ナヨン,ロマンスは別冊付録,로맨스는 별책부록

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »