「ロマンスは別冊付録」13話-君がいるじゃ…私のそばに

「ロマンスは別冊付録」13話を紹介します。

放映終了まで3話のストーリーが残っている「ロマンスは別冊付録」の資料率は最初からそんなに変りなくそこそこの注目を浴びています。
今週、イ・ジョンソクが入隊をして、撮影分量はほとんど撮影が終わったようです。
延長も、修正も不可能であり、私たちはすべての撮影が終わったそのバージョンをゆっくり待ちながら視聴をするしかないですね。

二人の主人公のロマンスを期待しつつ、花道を歩くのを願いながらロマンスは別冊付録13話レビューを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「ロマンスは別冊付録」13話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「ロマンスは別冊付録」の公式ページを参考で翻訳しております。

ドラマ情報

放送時間:毎週土・日曜日夜9時30分~

制作陣:演出ーイ・ジョンヒョ、脚本ージョン・ヒョンジョン

ジャンル:ロマンスコメディ

ロマンスは別冊付録

出典:http://program.tving.com/tvn/bonusbook/4/Board/View?b_seq=4&page=1&p_size=10

写真のすべての権利は該当に放送局(tvn)にあります。

そして、内容の理解の為に動画と写真をお使いさせていただきます。

「ロマンスは別冊付録」登場人物

主要人物

  • カン・ダニ役——————イ・ナヨン
  • チャ・ウノ役——————イ・ジョンソク
  • ソン・へリン役—————-ジョン・ユジン
  • ジ・ソジュン役—————-ウィ・ハジュン
  • キム・ジェミン役————–キム・テウ   

その他

  • コ・ユソン役————キム・ユミ        ボン・ジホ役—————-ジョ・ハンチョル     
  • ソ・ヨンア役————キム・ソニョン      パク・フン役—————-カン・キドゥン
  • オ・ジユル役——–パク・ギュヨン        イ・スンジン役————–イ・クァンフン
  • ベ・クァス役—————–チェ・スンユン    チェ・ソンイ役———–イ・ハウン            

「ロマンスは別冊付録」13話のあらすじ

チャ・ウノはカン・ダニの履歴書を持ってあちこちに走り回りましたが、経歴断絶女性なので知人も、ヘッドハンティング会社も彼女の就職は厳しいという回答だけでした。
これが、今の韓国の現実かも知りません!

ソン・へリンの酒癖

ソン・へリンはジ・ソジュンに酒に酔って迷惑をかけました。
だからこれに対して謝罪をしようとしたが、ジ・ソジュンは連絡も受けないで、チャ・ウノにだけにメールを送りました。
ソン・ヘリンが続けてメールを送ると、ジ・ソジュンは、メールのみの連絡で会わないほうがいいと助言をしました。

チャ・ウノの心配

チャ・ウノはコ・ユソンがカン・ダニが学力を下げ入社したことを知って契約解除の通知をするように指示しました。
チャ・ウノは、この事実を話すべきかどうか悩みながら、カン・ダニを心配します。
しかし、家に帰ってきてはカン・ダニとイチャイチャモードです~~💖
出版社キョルの社内公募展のためのアイデアが欲しいというカン・ダニにチュー(*´з`)してくれればヒントをあげるとしてカン・ダニは口づけをします。
チャ・ウノは、1年前に就職する際に大変ではなかったのかと尋ね、
カン・ダニは大変悔しいかったと率直に言いました。
その時、チャ・ウノがわかると心配すると思って言わなかったけど、今は会社も楽しくて、彼氏もいるから大丈夫だと言います。
チャ・ウノはカン・ダニにピアスをプレゼントします。
カン・ダニはきれい~~と言って幸せです。

アイデア公募展を準備

カン・ダニはパク・フンとオ・ジユルと会って社内アイデア公募展を準備します。
一緒に準備するのではなく、一緒に会っただけで各自準備をすることです。
とにかく結論としては、敵だけど、一人で準備すると意志が弱くなるから3人で会ったようです。

あの時のあの約束

チャ・ウノはまた用事があるというメッセージと料理をしておいて家に帰って来ませんでした。
カン・ダニはこの間清掃する途中加平に行った領収書が思い出して、今回も加平に行ったのか?と思います。
チャ・ウノが看護する高齢者は病状が悪化して、主治医も心の準備をするように言います。
チャ・ウノは、医者の話を聞いて苦しそうに涙を流します。
このまま世界で忘れられるように、「あの時」の「あの約束」を守るのが正しいかどうか分からないと言いながら苦しんでいるチャ・ウノを慰めるキム・ジェミン。

頑張り屋ソン・へリン

ソン・ヘリンは映画「ラブ・アクチュアリー」をパロディにしたスケッチブック謝罪をしました。
しかし、ジ・ソジュンはしばらく笑っただけで、そのままヘリンを通り過ぎます。

ソ・ヨンアと食事をするカン・ダニ

ソ・ヨンアは仕事が多すぎると不平を言いながら、今回の幹部会議の時カン・ダニを
マーケティングチームに部署移動させることについて建議をしてみたいと言います。
カン・ダニも営業チームよりマーケティングチームの仕事にもっと興味がありましたが、契約社員なのであり、部署移動自体が簡単ではないから期待はしないようにと言います。

頑固なジ・ソジュン

ソン・ヘリンは、自分が契約した作家だから、最後まで責任を持つと追い続けながら
ジ・ソジュンに謝罪して、お酒を止めたと言って、良いパートナーになるために努力すると決意を見せます。
しかし、ジ・ソジュンはまだ厳しくて冷たいだけですね。
ソン・ヘリンは幸せ回路を回したのか、ジ・ソジュンの心が解けて、自分もちゃんと謝罪したとチャ・ウノに携帯メールを送信します。

カン・ビョンジュン作家の噂

あるコミュニティは、外国でカン・ビョンジュン作家を見たという目撃文が上がってきました。
若い女性と一緒にいましたと言う内容でより騒々しくなります。
行方不明説、逃避説、監禁説等もすべてが噂だけだとボン・ジホンはカン・ビョンジュンを信じる立場です。
その理由の一つが、「英雄たち」が残っているということでした。
カン・ビョンジュンが構想中であるとした作品なのに突然の絶筆宣言で世に出ていない本だらしいです。

パク・ジョンフン=カン・ビョンジュンでしょうか?

そして、偶然の一致でしょうか!ジ・ソジュンは「パク・ジョンフン」という作家の小説「英雄たち」の原稿を手にします。
カン・ビョンジュン作家が構想中であるとしていた小説のタイトルと同じなんて…偶然の一致とは…
パク・ジョンフン=カン・ビョンジュンでしょうか?
それなら、その原稿をどのようにジ・ソジュンが持っているか?

「英雄たち」と一緒に戻ってくるだろう

カン・ダニもカン・ビョンジュンの検索をします。
絶筆宣言を読んでみますが難解に書かれてカン・ダニも理解できないようです。
カン・ダニはカン・ビョンジュンの絶筆宣言を読んだが理解できないと言いながら、
その絶筆宣言はチャ・ウノが受けていないかと尋ねました。
チャ・ウノの学生時代の国語先生であり、チャ・ウノに文を書いてみてと提案して、
チャ・ウノを作家の道に導いた人なのでより一層疑うようです。
チャ・ウノは連絡していないし、消えたくて消えた人だと線をひきます。
しかし、カン・ダニはいつか「英雄たち」と一緒に戻ってくるだろうと確信しています。

決戦の日コート

「キョル」の創立メンバードゥルイジャ幹部は詩集出版するかどうかという重要な案件を置いて決戦の日コートを着てきました。
このような重要な決定をする日には、このコートを着て出勤するのが伝統だそうです。
3年目のソン・へリンも今回初めて見るものらしいです。
詩集出版はコ・ユソンの反転選択に5人のうち4人が賛成して通過されました!
従業員がほぼリアルタイムでカン・ダニを介してこのニュースを聞いて喜んでいます。
新入3人はこの勢いで覇気深く3人が一緒に公募展アイデアを提出します。
他の従業員も、この3人の覇気を応援します。

カン・ダニの契約解除まで提案

詩集出版は決定され、ソ・ヨンアはカン・ダニに言ったようにカン・ダニの部門に移動を提案しかしコ・ユソンが一刀に拒絶しました。
そしてカン・ダニが学歴を偽造して入社して、大手企業出身の経歴断絶女性だという事実を、他の幹部にも明らかにします。
だから契約解除まで提案されます。
何も知らなかったボン・ジホンとソ・ヨンアは衝撃に陥ります。
カン・ダニが仕事も上手で、社交性も良い人だからより残念がる二人ですね。
特に友達になったソ・ヨンアはなおさらです。
コ・ユソンは血も涙もなく、仕事の話だけします。

カン・ダニの契約解除を決定

チャ・ウノは違法ではないのでカン・ダニの契約解除に反対します。
しかし、キム・ジェミンは、ここは会社であるため、規律を勝手に変えることができないと言って契約解除を決定します。
カン・ダニは何も知らない状態でソ・ヨンアに自分の部署移動はどのなったのかメッセージで尋ねます。
ソ・ヨンアはカン・ダニを残念な心で彼女をまともに見る事すらできません。
契約の解除が確定されたので申し訳ない思いと切なさ、悲しみで…
チャ・ウノも一人で苦しんます。
ソ・ヨンアは悩んすえカン・ダニの学歴偽造事実が発覚されて契約解約の話が出たと言ってあげます。
カン・ダニはこの事実を知ってショックを受けて悩み始めます。
そんなカン・ダニをチャ・ウノはかわいそうに眺めます。
カン・ダニは悩んだ末何かを決心したようにチャ・ウノにメールを送信します。
チャ・ウノは、このメールを読んですぐにカン・ダニを防ぐために向かいます。

カン・ダニのお願い

カン・ダニはキム・ジェミンに行って選択の理由を言いました。
1年の間に、一生懸命頑張ってみましたが、誰も自分を見てくれないで、藁にもすがる思いで支援した話します。
仕事ができだけで満足できました。
仕事をすることができるだけで嬉しかったです。
この会社が未来であり、現在なので、一度だけ考え直してください。とお願いしました。その後、カン・ダニは一人トイレで嗚咽します。
「契約解約…その短い言葉がこんなに重いものであることを改めて気づきました。
ただ、私は仕事がしたいだけだったなのに、ここにいたいと思っただけなのに…」

カン・ダニ、愛してるよ!

カン・ダニとチャ・ウノは、互いにに申し訳あります。
チャ・ウノは、自分は大丈夫だとカン・ダニがしたいようにしてと話をして慰めてあげます。
カン・ダニは自身のせいでチャ・ウノが混乱になるかも知れないと心配します。
チャ・ウノは、次の日の講義のために学校に行きます。
それで、カン・ダニを会社の前まで送ってあげます。
そして会社の人にバレることは気にしないでカン・ダニに大胆に愛の告白をします。
「カン・ダニ、愛してるよ!」
ところが、耐えると言ったカン・ダニはキョルに辞表を提出します。
チャ・ウノは講義中にこのメールを読んで衝撃を受けて、講義が終わると会社に行きました。
カン・ダニの衝撃的な決断で13でが終わりました。

「ロマンスは別冊付録」13話~16話ハイライト動画

「ロマンスは別冊付録」13話無料動画

出典:https://www.netflix.com/jp/title/81045349

ロマンスは別冊付録」は日本のNetflixで放送中で、30日間無料でお試し可能です。

Netflixーロマンスは別冊付録

「ロマンスは別冊付録」13話視聴率

「ロマンスは別冊付録」13話視聴率は5.3%です。

「ロマンスは別冊付録」1話~16話の予告

「ロマンスは別冊付録」1話~16話の放送スケジュール

2019年3月 10日 「ロマンスは別冊付録」 14話

2019年3月 16日 「ロマンスは別冊付録」 15話

2019年3月 17日 「ロマンスは別冊付録」 16話(最終話)

最後に

カン・ダニどうするつもりでしょうか?
カン・ダニは辞表が受理されたようです。
暗鬱すると思ったのに幸いなのかどうかチャ・ウノとカン・ダニはよりイチャイチャしていますこれからは二人のしっかりとしたロマンスを見ることができるようですね。
ソン・へリンの頑張りのお陰でしょうか!ジ・ソジュンは彼女と再び会話を開始するようです。

早く14話観たいですね!
カン・ダニが花道を歩く姿も見てみたい!
予想であり願いとしては、社内アイデア公募展でカン・ダニアイデアが1等に選ばれ、
カン・ダニを特別採用される反転と奇跡が起きて欲しいです。

そして、チャ・ウノが看護する、あの老人がカン・ビョンジュンと推測するだけですが
、この部分ももうちょっと早く明らかにしてストーリー発展をしてほしいですね。
何か足踏みばかりしているようで、チャ・ウノの感情線も分からなくなりましたね。
でも、すでに撮影が終わったのでこのように、視聴者の立場で不平をたてても無駄ですよ~~~。

イ・ジョンソク,イ・ナヨン,ロマンスは別冊付録,로맨스는 별책부록

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »