「ロマンスは別冊付録」6話ー姉と僕が私達だよ!

「ロマンスは別冊付録」6話を紹介します。

ロマンスは別冊付録5話で、チャ・ウノはカン・ダニに向けた自分の心が男女の愛なのか!仲良しの姉として好きな心なのか、自分の心を分からずに悩む姿を見せながら、彼女が大事で告白も真剣に考えている様子を見せました。

自分の心を知らないチャ・ウノをみて鈍感だな・・・と思いましたが、自分の事を気に入っている男がそばにいるのに、それを分からないカン・ダニがもっと鈍感でしたね~~(笑笑)

鈍感な二人の関係が発展する前から邪魔する人物が存在していますが、
カン・ダニに興味を持つようになったジ・ソジュン。
チャ・ウノを片思いしているソン・へリン。
果たして、チャ・ウノとカン・ダニの関係がどの方向に向かうのか見てみましょうね~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「ロマンスは別冊付録」6話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「ロマンスは別冊付録」の公式ページを参考で翻訳しております。

ドラマ情報

放送時間:毎週土・日曜日夜9時30分~

制作陣:演出ーイ・ジョンヒョ、脚本ージョン・ヒョンジョン

ジャンル:ロマンスコメディ

ロマンスは別冊付録

出典:http://program.tving.com/tvn/bonusbook/4/Board/View?b_seq=4&page=1&p_size=10

写真のすべての権利は該当に放送局(tvn)にあります。

そして、内容の理解の為に動画と写真をお使いさせていただきます。

「ロマンスは別冊付録」登場人物

主要人物

  • カン・ダニ役——————イ・ナヨン
  • チャ・ウノ役——————イ・ジョンソク
  • ソン・へリン役—————-ジョン・ユジン
  • ジ・ソジュン役—————-ウィ・ハジュン
  • キム・ジェミン役————–キム・テウ   

その他

  • コ・ユソン役————キム・ユミ        ボン・ジホ役—————-ジョ・ハンチョル     
  • ソ・ヨンア役————キム・ソニョン      パク・フン役—————-カン・キドゥン
  • オ・ジユル役——–パク・ギュヨン        イ・スンジン役————–イ・クァンフン
  • ベ・クァス役—————–チェ・スンユン    チェ・ソンイ役———–イ・ハウン            

「ロマンスは別冊付録」6話のあらすじ

カン・ダニがチャ・ウノの家に訪ねてきたソン・へリンを見るなりました。
また、行き場を失ったカン・ダニは、バス停に向かう前に、チャ・ウノからメールが届きます。
ソン・へリンがまたお酒に酔って私たちの家に来たよ・・・どこにいるの?と言うメールに彼が心配しないように善意に嘘で会社だと変信をしてバス停に向かうカン・ダニ。
ところが、偶然に再び傘さんと呼んでいるジ・ソジュンと向き合うことになります。

ジ・ソジュンは「長ネギさん? 」と呼びながら嬉しがります。
彼が持っているネギを見ているカン・ダニに天気予報に雨だったからネギチヂミが食べたくて買ってきたよ。この間、雨の日はチヂミが一番だとはなしをしたじゃないですか!と話す途端に雨が降ってきます
この時、大笑いをさせているジ・ソジュンは、一緒に食事しましょうと提案します。

ソン・へリンはチャ・ウノから「お酒を飲んだのか?」という質問を受けると、

「お酒を飲んでみたら、またここだね!」と言いながら笑いを見せます。
するとチャ・ウノはソン・へリンのためのお茶を作り始め、ソン・へリンはチャ・ウノの書斎に入ってこれまで自分が書いてチャ・ウノの家に隠しておいたメ手紙を見ることになりました。
特に彼女は自分の心を告白した13番目の手紙を隠して、苦い表情でチャ・ウノを見てみました。

ソン・へリンはチャ・ウノに「いつ帰ってくるの?ハウスメイト。一緒に住んでいる人がいるという話本当なの?」と問いました。
しかし、チャ・ウノは「本物だよ」と答え、ソン・へリンは、「これまで先輩は彼女が5回変わったよ。すべての人に振られたし。振られた人同士で付き合ってみようか?」と尋ねました。

いたずらのように勇気を出してチャ・ウノに告白をしている時間に、ジ・ソジュンはカン・ダニとより親しくなりました。
「偶然ではなく、連絡しながら会いませんか!」という言葉と同時に自分の携帯を渡して、お互いに名前と電話番号を交換しました。

雨が降るのを見てジ・ソジュンはナルビ(雨が降りそうな兆候もなく降る雨。
たくさん降るんじゃなく少し降る雨)と述べナルビの意味を言うことになります。
この時、カン・ダニはそれを知っている人あんまりいませんよ。

その後、カン・ビョンジュン作家の4月23日を知っていますかと言う話に突然彼の表情が固まってしまいました。
分からない表情を見せるジ・ソジュンに彼女が説明をします。
カン・ビョンジュン作家の最後の作品になった4月23日には4月23日に関した内容が一つもなかったから自分が調べた結果を話しました。
の意味はその日に亡くなった有名な作家であるセルバンテスとシェイクスピアのように
文学の巨匠が亡くなった4月23日!
カン・ビョンジュン参加が4月23日に決めた理由は最後の意味だという事になります。
と言うカン・ダニの説明にジ・ソジュンはカン・ビョンジュン作家は以前から準備してきたという話になるんですか?と言う質問をして、カン・ダニはそうでしょう!と言いながらキョルでカン・ビョンジュン作家を監禁したとか絶筆宣言を貰ったというけど、それはありえない話ですよね!
ジ・ソジュンはその噂が本当かも知らないじゃないですか!と言う話にカン・ダニは
「違いますよ~~キョル出版社はそんなところではありません。私が勤めていますよ~~」と言いました。
若干驚いたジ・ソジュンがキョル出版社ではカン・ビョンジュン作家の話はあんまりしませんかときいて、彼女は明日、カン・ビョンジュン作家の著作権料を寄付しにいきますよ。
と話すとき、チャ・ウノから電話がかかってきます。

チャ・ウノは雨降るのを見て、ソン・へリンをタクシーで家に帰らせて、カン・ダニに電話をかけて、彼女の居場所を確認しました。
そして、カン・ダニと一緒にいるジ・ソジュンをみて、カン・ダニが言ってきた友人がジ・ソジュンである事を知ることになりました。

本能的に脅威を感じたチャ・ウノはジ・ソジュンと神経戦を繰り広げながら彼を牽制しました。これは、ジ・ソジュンも同様でした。
ジ・ソジュンはチャ・ウノとカン・ダニに、二人が本当の兄妹ではないことを指摘して、

彼はカン・ダニが席を外した間に「私、カン・ダニさんに関心があります。正確に言えば、私たちサムの関係(  )です。普通、コのように始まるんじゃないですか!」と尋ねました。

ジ・ソジュンの言葉にチャ・ウノは「実の兄妹でもないのに、一緒に住んでいるのがおかしくないですか?ソウルに家がいくつあるのか知っていますよね!カン・ダニはなぜ私の家に来たのか~~」と言いました。
続いて彼は雨を言い訳にカン・ダニを自分の方に引っ張って、ジ・ソジュンに見せるように、カン・ダニのそばにくっついて歩きました。

家に帰ってきたチャ・ウノはカン・ダニがジ・ソジュンをかばう話をすると

「姉と僕が私達なの!なぜ、ジ・ソジュンと姉が私達になるの?ジ・ソジュンはあの人。あの人だけだよ!
私たちという表現を自分ではなく、ジ・ソジュンと付ける事に怒りました。
カン・ダニは家にソン・へリンが来ていたから行くところがなくてバス停にいたの。
そこであったのよ!と言いました。
彼女の話にチャ・ウノは、
「行く時が、なぜないの!私がいるのに!前からその藩士を何度もするけど、そんなこと言うなよ、私がいる所が姉の家なの、いつでも私に来ればいいじゃない! 」
という言葉にカン・ダニは驚きました。
カン・ダニの話に興奮して行き過ぎたチャ・ウノは顔が赤くなり、そんな彼にカン・ダニドラマのセリフみたいな言葉を言うな!と言いました。

以後カン・ダニは、自分がマーケティングを担当していた新人作家のマゲチンブック[グレーの世界]の印刷初版が出て、そこに押された自分の名前を見てみました。
しかし、コ・ユソン理事はすべての版権面でカン・ダニの名前を消すように指示し、

チャ・ウノは「灰色の世界のマーケティングは、カン・ダニ氏が担当しました。
パク作家を説得するのにも同行しました。自分が引き受けた仕事を忠実にしました。
私はカン・ダニ氏が仕事をしたので、すべての版権面に入れることが正しいと思います」と反論しました。

しかし、コ・ユソン理事はチャ・ウノにチャ編集長の意図が純粋なのも知っている、公平であることも知ってるが、会社は組織である。自分が引き受けたことがあるのに、みんなやりたいことを望むならどうなると思う」と言い返しました。
結局、チャ・ウノは「理事の話が正しいです。しかし、組織を作るのは人です。しかし、自分の仕事を上手にやり出すのも重要だが、組織が自分のことだけ任せたい場合、誰もそれ以上をするようにならないと思います」と答えました。

一歩遅れてこの事実を知ったカン・ダニはかっとして涙を流しました。
以来、彼女はコ・ユソン理事の机からヘッドコピーを見ることになり、コ・ユソン理事が同じヘッドコピーを考えていたと述べたことが真実であったことを知ることになりました。
続いカン・ダニはコ・ユソンに「私はずっと努力してみたいです。私は私にできることは、

挑戦してみたいです。私はここに来て最初に望ましいのは、キャリアを積んで、他のところに移動することでしたが、今では本が好きです。今回わかりましたが、私もその心をわかるようになりました。良い本だからたくさん売りたいし、たくさん売れるようにアイデアも出したいです。そうなりました。もう一度最初から私の仕事から上手くやってみます」と付け加えました。

そして、カンダニの名前が消されることが気になったチャ・ウノはギフトとしてすべての版権面にカン・ダニの名前が書かれてある本をプレゼントしました。
「世界の人々はみな知らなくても私は知っている。今回のマーケティングは素晴らしかった。編集長としてのかんがえだ」
穏やかな言葉でカン・ダニを慰めてあげて、この姿をソン・へリンが目撃して何か二人の間に流れる奇妙な空気を読むようになりました。

この時、カン・ダニの携帯電話にジ・ソジュンの電話がかかってきてジ・ソジュンの名前を見て嫌な表所を見せるチャ・ウノ。
ジ・ソジュンは今キョル出版社の前だと言ってデートの申請をします。

「ロマンスは別冊付録」5話~8話ハイライト動画

「ロマンスは別冊付録」6話動画

「ロマンスは別冊付録」5話無料動画

出典:https://www.netflix.com/jp/title/81045349

ロマンスは別冊付録」は日本のNetflixで放送中で、30日間無料でお試し可能です。

Netflixーロマンスは別冊付録

「ロマンスは別冊付録」6話視聴率

「ロマンスは別冊付録」6話視聴率は5.1%です。

「ロマンスは別冊付録」1話~16話の予告

「ロマンスは別冊付録」1話~16話の放送スケジュール

2019年2月 16日 「ロマンスは別冊付録」 7話

2019年2月 17日 「ロマンスは別冊付録」 8話

最後に

ジ・ソジュンのデートをカン・ダニが受け入れるしょうか?
カン・ダニがジ・ソジュンとネイトを行っていくとチャ・ウノはどのような反応を示しでしょうか?

そして、カン・ビョンジュンは誰でしょうか?
桃園の誓いた日チャ・ウノはキム・ミンジェにカン・ビョンジュンの執筆が書かれた手紙を件出し、
二人の関係を膨らますの質問に
「父です」とチャ・ウノが答えたんですけれど。
親父でしょうか?性が異なりますが、どのような関係があるように見えます。
そして、カン・ビョンジュンに命をゴンドゥト見えるジ・ソジュンとは何の間でしょうか?
ロマンスは別冊付録が、今少しずつ枠を保持いくようですね。
視聴率も5%を超えました!
おそらくカン・ビョンジュンがキーワードのように見えますね。
ロマンスは別冊付録7話からはチャ・ウノの心をカンダニが分かってくれるでしょうか!
それともソン・へリンが気になってわからないふりをするでしょうか!

イ・ジョンソク,イ・ナヨン,ロマンスは別冊付録,로맨스는 별책부록

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »