六龍が飛ぶ(육룡이 나르샤)42話ー武士無恤(ムヒュル)!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




六龍が飛ぶ 第42話の紹介

永楽帝朱棣(ムンジョンウォン)と李芳遠(ユ・アイン)の出会いがありました。
李芳遠(ユ・アイン)が朱棣の心を得て無事になるでしょうか!
危機に強い李芳遠(ユ・アイン)が今回も危機を機会に変えられるでしょうか!

六龍が飛ぶ42話の視聴率

六龍が飛ぶ話の視聴率は16 .1%

六龍が飛ぶ42話のあらすじ

明の兵士は李芳遠(ユ・アイン)に刃を突き付けて、朱棣の指示で腕を切ろうとしたらムヒュル(ユンギュンサン)は我慢できず朱棣に槍をかまえます。
李芳遠(ユ・アイン)に向けていた矛を納めて、無恤(ムヒュル)も矛を納めますが、朱棣に槍をかまえた理由で批難を受けて死の危機に置かれます。

李芳遠(ユ・アイン)は無恤(ムヒュル)の命を救うために朱棣に頼んでみるが、朱棣の気持ちは変わる気がなさそうです。
李芳遠(ユ・アイン)は諦めずに無恤(ムヒュル)が戦って死ぬようにして欲しいと請います。
李芳遠(ユ・アイン)は無恤(ムヒュル)に救えることが出来なくて申し訳ないといいながら必ず生き残ってと力を与えます。
ホンデホン(イジュンヒョク)も生き残ってと力を与えます。

戦いが開始されて無恤(ムヒュル)の剣が壊れているが力で相手を制圧して李芳遠(ユ・アイン)の指示で戦いが止まります。

朱棣は無恤(ムヒュル)の勝利を認めて願いを問うと、朱棣の護衛武士たちを殺さないでといいます。
朱棣は、明に李芳遠(ユ・アイン)を行かせず、李芳遠(ユ・アイン)は明の内部状況と朱棣の状況を把握して心を揺り動かします。

夜遅い時間に朱棣は李芳遠(ユ・アイン)を拉致してきます。

驚いた李芳遠(ユ・アイン)の前に無極(ヨンヒャン/チョンミソン)が現れます。

無極によって李芳遠(ユ・アイン)について知ることになった朱棣は李芳遠(ユ・アイン)を通じて活路にしようとして無恤(ムヒュル)が欲しいといいます。
李芳遠(ユ・アイン)はムヒュルとホンデホン(イジュンヒョク)に一旦ここに残って武芸を磨きながら待ってくれといいながら、帰る時に必ず連れて行ってやると約束して明国に向かいます。

供養王ワンヨ(イ・ドヨプ)は李成桂(チョン・ホジン分)が自分を殺そうとする計画を知ってユンラン(ハンイェリ)まで死なせられないと思い、別のところに行かせます。

供養王ワンヨ(イ・ドヨプ)が残した書札を読んだユンランは急いで駆けつきますが、すでにワンヨは死んで彼の遺体をつかんで涙を流します。

ムヒュルは朱棣の武士達と一緒に練習して戦って、テホンもムヒュルのためによりよい方向を提示します。

一方、鄭道傳(ジョンドジョン)は基礎を一つ一つ基礎を築きます。

組織員たちと一緒に成し遂げた村に親方になったブニ(シンセキョン)は視察を出て、彼女に尋ねてきた鄭道傳(ジョンドジョン)に李芳遠(ユ・アイン)のことを聞くが、分からないと言われます。

誰かが成均館(ソンギュングァン)で文書を横領して村に隠しているが、李芳地(イバンジータンセ)が後を追って彼を捕まえます。
ブニ(シンセキョン)は捕まった町の人たちがムミョンであることを知るようになりますが、ギルソンミ(パクヒョクグォン)はその人を殺して李芳地(イバンジータンセ)が追いかけてきて戦いますが、ギルソンミがブニ(シンセキョン)に何かを投げて、それによって戦いが中断されます。
ユンランは隠していた文書をブニ(シンセキョン)に渡して彼女は文書に書かれた場所に向かいます。

李芳遠(ユ・アイン)が明から仕事を終えて生きて戻ってくるという知らせを聞いたテホンはムヒュルに知らせて自分の名前を呼んでいる李芳遠(ユ・アイン)の声を聞きます。

ブニ(シンセキョン)が向かった場所には鄭道傳(ジョンドジョン)が人を密根(ミルボンー隠された根の意味)について聞くようになります。

出典:http://blog.naver.com/

六龍が飛ぶ話の字幕なし動画はこちら♪

六龍が飛ぶ42話

六龍が飛ぶ話の動画はこちら♪

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 日本語字幕設定方法

六龍が飛ぶ43話の予告

六龍が飛ぶ43話の放送日時

 2016年2月29日六龍が飛ぶ43話が放送されます。

六龍が飛ぶ話の予告動画はこちら♪

最後に

無恤(ムヒュル)の勇気と使命感は感動ですね~~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »