六龍が飛ぶ20話ー崔瑩将軍が李成桂の家族人質に圧迫?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




六龍が飛ぶ 第20話の紹介

六龍が飛ぶ20話の視聴率

 六龍が飛ぶ20話の視聴率は13.4%です。

六龍が飛ぶ20話のあらすじ

 

崔瑩将軍とウ王(イ・ヒョンベ)は揺動征伐を強行して、これに反対していた李成桂(イ・ソンゲ)は悩みに陥ったが政変を起こすためには鄭道傳(ジョンドジョン)の提案を拒否して、最終的に王の人を従えるようになります。
李成桂(イ・ソンゲ)が揺動征伐に出ると彼の心変わりを憂慮した崔瑩将軍は李成桂の家族に押し込めを述べた。

崔瑩将軍の命令で李成桂の2番目の夫人であるカン氏夫人、ミン・ダギョン(コン・スンヨン)とブニ(シンセキョン)まで押し込めになり、李成桂の息子たちも事実上人質と同様になりました。

揺動征伐に出た李成桂は鴨緑江の流れのために兵士たちが死んでいく姿にみじめを隠せなかったです。
王命に関係なく、還軍しようという意見が出たが李之蘭)は、
「将軍様、家族が皆人質に押し込めになっています。私たちが王命を違反した場合、家族が危ないです」と李成桂がジレンマに陥る言及をします。
一体、李成桂(イ・ソンゲ)はどんな方法を選びますでしょうか!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日本語字幕設定方法

 

六龍が飛ぶ21話の予告

六龍が飛ぶ21話の放送日時

 2015年12月14日六龍が飛ぶ21話が放送されます。

六龍が飛ぶ21話の予告動画はこちら♪

最後に

 本当にため息が出ますね!国民の苦しい生活はものとせずに戦争ばっかりを起こす政治家たちは今も昔も変わりない気がしますね。

いずれにせよ、李成桂(イ・ソンゲ)の賢い判断を待ってるしかないですかね~~~
来週も期待してくださいね~~~

六龍が飛ぶ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »