六龍が飛ぶ3話-第三の龍は李芳遠(イバンウォン)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




六龍が飛ぶ 第3話の紹介

 

第三の龍は幼い李芳遠(イバンウォン)!!

六龍が飛ぶ3話の視聴率

 六龍が飛ぶ3話の視聴率は11.6%です。

六龍が飛ぶ3話のあらすじ

 鄭道傳(ジョンドジョン)は逮捕され残酷な拷問を受けます。

幼い李芳遠(イバンウォン)は鎮圧状況が終わる頃疲れて倒れている儒者たちの間で鄭道傳(ジョンドジョン)の弟子であるホガンと向き合います。
李芳遠(イバンウォン)は鄭道傳(ジョンドジョン)のようになることを望むなら成均館に入ってというホガンの話を聞いて李成桂に一緒に行かないで成均館で勉強すると言います。

一方、若いブニとタンセは流刑なって行く鄭道傳(ジョンドジョン)に章平文で歌った歌について尋ねます。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 日本語字幕設定方法

六龍が飛ぶ4話の予告

六龍が飛ぶ4話の放送日時

 2015年10月13日六龍が飛ぶ4話が放送されます。

六龍が飛ぶ4話の予告動画はこちら♪

 

最後に

やっぱり3番目の龍は李芳遠(イバンウォン)だったですね!
李芳遠(イバンウォン)をみて、まだ親の手から離れるのは無理に見える歳なのに、強い意志を持ってるなと思いました。

やっぱり大きくなる人は小さいころからちがうでしょうかね~~~

次のストーリも期待してしてくださいね~~~

六龍が飛ぶ4話

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »