六龍が飛ぶ33話-ブニは母に遇って青天の霹靂の話を聞いて、イバンウォンはジョンドジョンの心を疑うようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




六龍が飛ぶ 第33話の紹介

李芳遠(イバンウォン)は土地改革を成功させる鄭道傳(ジョンドジョン)を師匠だと思ってる事は違いないが、新朝鮮が彼の国に成るかも知らないという不安で自分の勢力を作り始めます。

六龍が飛ぶ33話の視聴率

六龍が飛ぶ33話の視聴率は 14.9%

六龍が飛ぶ33話のあらすじ

ガプ二はイソ郡兄妹を探す批国寺の僧侶達にそのような人はいないと言って帰らせて、この事を李芳遠(イバンウォン)に知らせます。
村の人々と別れたブニ(シンセキョン)は母のヨンヒャンと向き合います。

ヨンヒャンはブニ(シンセキョン)に、今まで連絡ができなかった事を説明するよりこれからは自分を探さないように冷静に言います。

一方、ミン・ダギョン(コン・スンヨン)は李芳遠(イバンウォン)の見方は、自分だけだと言いながら彼がもっと強くなってほしい本音を言います。

李芳遠(イバンウォン)は適龍僧侶を訪ね恭讓王になった定昌君(ジョンチャングン) と鄭夢周(ジョンモンジュ)先生と鄭道傳(ジョンドジョン)先生の動きを把握くれる事を頼みますが・・・

六龍が飛ぶ33話の字幕なし動画はこちら♪

六龍が飛ぶ33

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 日本語字幕設定方法

六龍が飛ぶ34話の予告

六龍が飛ぶ34話の放送日時

 2016年1月26日六龍が飛ぶ34話が放送されます。

六龍が飛ぶ話の予告動画はこちら♪

最後に

ユアインは李芳遠(イバンウォン)が生まれ変わったように本当にそっくりな人物に見えますね!

彼は自分の役を本当にリアルに表現していると思います。

これからは彼の活躍がもっと楽しみです~~

六龍が飛ぶ34話も素早くお伝えします~~

六龍が飛ぶ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »