六龍が飛ぶ34話-ジョンドジョンの危機!落馬した李成桂は無事でしょうか?

李芳地(イバンジータンセ)はブニ(シンセキョン)がヨンヒャンを会ったという事実を知って衝撃を受けます。

鄭道傳(ジョンドジョン)に殿下の教指に基づいて流刑を去るようになります。

ヨンヒャンは李成桂を殺し鄭夢周を支持して再度国を安定させようとします。

一方、狩り場に行った李成桂は、突然飛んでくる矢を避けよう落馬し、

これを知った鄭夢周(ジョンモンジュ)は鄭道傳(ジョンドジョン)をはじめとする李成桂一派を打ち下ろしにします。

李芳遠(イバンウォン)は父をさがしに行きますが、敵が多い所から無事に父を救えるでしょうか・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク




六龍が飛ぶ 第34話の紹介

李芳遠(イバンウォン)は鄭道傳(ジョンドジョン)と李成桂(イ・ソンゲ)を救えるために力を集めます。

危機に責めてる二人は無事に救えるでしょうか!

六龍が飛ぶ34話の視聴率

六龍が飛ぶ34話の視聴率は15 .1%

六龍が飛ぶ34話のあらすじ

イ・バンウォン(ユ・アイン)が李成桂イ・ソンゲ(チョン・ホジン)を殺そうとする鄭夢周ジョン・モンジュ(キム・イソン)と正面対決をするようになりました。

イ・バンジ(ピョン・ヨハン)は、フニ(シン・セキョン)がヨンヒャン(チョン・ミソン)に会ったという事実を知ることになって、ジョン・ドジョン(キム・ミョンミン)は、ゴンヤンワン(イドヨプ)の教旨に基づいて流刑を行きます。

ヨンヒャンは李成桂を殺し鄭夢周ジョン・モンジュを支持して再び国を安定させようとします。
一方、狩り場に行った李成桂は、突然飛んでくる矢を避けよう落馬し、これを聞いた鄭夢周ジョン・モンジュはジョン・ドジョンをはじめ李成桂一派を削除しようとしています。

斥邪光(ハンイェリ)は「私が行きます。李成桂を殺します!」と言って死境をさまよっている李成桂を運んでいる輿の前に立って剣を抜きます。

彼女の剣の前で誰もが何もできなかったです!
ムヒュルだけがありえない力を使って一回戦って
見ただけです。

さすが、斥邪光ですね!
イバンウォンは鄭夢周に「一体高麗がどのように偉大国だからこんなことまで行って守ろうか?」と叫びます。

六龍が飛ぶ34話のレビュー

ある意味、李成桂(チョン・ホジン)と鄭道傳(ジョンドジョン)は、安心していたのかも知りません。
イ・インギョムを失脚させて、キム・テミとホン・インバンを除去し、
最終的には、チェ・ヨンさえ追い出しました。
しばらく威化島で一緒に会軍したチョ・ミンスがライバルになる事はありましたが、
すでに二人の力の優劣はあまりにも明らかでした。

それでもイ・セク(キム・ジョンス)は、何もせずにただの評判と名分だけだった。
鄭夢周(気ム・イソン)と大きイ違いはなかったです。
今でも気が向けば誰がどのように反対して反発しても力で王を引き下ろして高麗の歴史に終止符を打ちことができます。
自ら王位に上がって新たな歴史の始まりを宣言することもできるだろう。
しかし、彼らがそこまで動かない理由は、力が不足ではありません。
ただ、より完璧な時と名分を待ち望んでいいるだけでした。

不必要な犠牲を減らすためでした。
その過程で必然的に流れるようになる血を最小限にするためでありました。
人々の願望と不満は、最終的に新しい王朝の反発と抵抗に現れるはずです。

順調な出発のためにも、より多くの人々から同意と支持をもたらすべきであると思いました。
特に鄭夢周のように学識と人柄と評判の両方を備えた人物が自分たちと意志を一緒にすれば、より完璧な状態で新たな歴史を始めることができるだろうと思いました。
鄭夢周の同意と支持をもたらすことができれば、もう少し遠回りも決して遅れはないはずです。

しかし、鄭夢周は違いました。
鄭夢周には今日しかなかったです。
明日はなかったです。
すぐにでも鄭夢周の息が切れると高麗の歴史は終わることだと思いました。
いや、彼らが先に行動をすると高麗の歴史と一緒に自分も自ら命を切る事しかないと思いました。
自分が生きるためには高麗を生かさなければならず、高麗を生かすためには、まず高麗を脅かす彼らを殺さなければならない事です。
死ぬか、殺すか、鄭夢周にとって選択はこの二つしかなかったです。
生きることは彼らを殺した後からです。
彼らを殺さなければ死ぬしかない。
命をかける。
後ろも振り返らずに、周囲すら見守らないで、ひたすら敵を殺すことに自分のすべてをかける。
その差が、今の李成桂と鄭道傳(ジョンドジョン)が経験している絶体絶命の危機を呼んできました。

六龍が飛ぶ35話の予告

六龍が飛ぶ35話の放送日時

 2016年2月1日六龍が飛ぶ35話が放送されます。

最後に

ドラマのストーリ的に危機もあったり幸せな時間もあると思いますが、こんな寒い時期の撮影って本当に大変そうですね。

寒くても誰も怪我しないで頑張ってくださいね~~~

応援します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »