チャン・ナラ、チェ・ジニョク主演の「皇居の品格」1話2話を紹介します。

「皇居の品格」1話2話を紹介します。

2018年11月にスタートした「皇后の品格」を紹介を開始しようと思います。
チャン・ナラ、チェ・ジニョク主演でシン・ソンロク、シン・ウンキョン、イ・エリヤ
などの人気俳優が出演する「皇后の品格」はチュ・ジフン、ユン・ウネ主演の「宮」に似ている雰囲気であんまり注目を浴びなかったようですが、最近は、ソン・へギュ、パク・ボグム主演の「ボーイフレンド」より高い視聴率を誇りながらドラマの魅力を見ています。
「皇后の品格」は「宮」の女主人公のユン・ウネのように平凡な庶民が王室にお嫁に行くシンデレラストーリーがベースですが、チュ・ジフンの彼女役だったソン・ジヒョは、ユン・ウネを嫉妬したりする心を表に出さなかったですが、シン・ソンロクの内縁の彼女のイ・エリヤはチャン・ナラをどうにかしてその位置から追い出す計画を立てる役で以前とは少し進化した内縁の彼女の姿と、ユン・ウネのように内縁の彼女の存在を知らんぷりしたりするより、向かい合う姿に進化した皇后の姿も紹介します。


それでは、皇室ロマンスドラマの歴代系譜を継ぐ「皇后の品格」は、どんなに進化した皇室ロマンスを見せてくれるのか、今から本格的に紹介します~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「皇居の品格」1話2話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「皇居の品格」の公式ページを参考で翻訳しております。

皇居の品格情報

放送時間:毎週水・木曜日夜10時~

制作陣:演出ージュ・ドンミン、脚本ーキム・スンオク

ジャンル:宮中ロマンスドラマ

写真のすべての権利は該当に放送局(SBS)にあります。

そして、内容の理解の為にお使いさせていただきます。

「皇居の品格」登場人物

主要人物

チャン・ナラ  :オ・サニ役 – 大韓民国皇后、ミュージカル俳優
チェ・ジニョク :ナ・ワンシク駅 – 皇室ボディーガード、ユラの元彼
シン・ソンロク :イ・ヒョク役 – 大韓帝国皇帝、絶対権力者
イ・エリヤ   :ミン・ユラ役 – 皇室シニア、ナ・ワンシクの元彼女、       
         イ・ヒョクの内縁の女
シン・ウンキョン:太后カン氏役 – 大韓帝国太后、イ・ヒョクの母

大韓帝国皇室

オ・スンユン  :イ・ユン役 – 大韓帝国皇太子、ヴィンセント・リー、イ・ヒョクの弟
ユン・ソイ   :ソ・カンヒ役 – アリの母親で乳母
オ・アリン   :アリ役 – ソジン公主の養女、イ・ヒョクとカンヒの娘
パク・ウォンスク:太皇太后チョ氏役 – 大韓帝国太皇太后、イ・ヒョクの祖母
イ・ヒジン   :ソジン公主役 – 大韓帝国の公主、
         イ・ヒョクとイ・ユンの姉、皇后複合ショッピングモールの代表
シン・ゴウン  :ソヒョン皇后役 – イ・ヒョクの最初の妻

サニ家族

ユン・ダフン   :オ・グムモ役 – 府院君、サニチキン屋社長、オ・サニーの父
ステファニー・リー:オ・ハロ役 ー サニーの妹、皇后複合ショッピングモール室長

テ・ハンホ(特別出演)

「皇居の品格」1話2話のあらすじ

現在

大韓帝国の皇室に突然、差し迫る警察を防ぐことができなかった警護員が押し出されます。
そして、警察は何か​​を知ってきたようにどこかを掘り始めます。
そして、そこから遺体が発見されるようになります。
イファ宮で臨月の白骨死体を発見することになったのですね!

誰かが情報を提供していないなら、警察が迷わずにそこを掘るというのはありえない状況です。
一体、情報提供者は誰でしょうか?
そして白骨の死体は誰でしょうか?
妊婦の白骨の死体は想像を超えるほどの残酷な状態です。
その白骨の遺体が皇后を指すようなニュースが伝わります。
イ・ヒョク皇帝が皇后に与えたネックレスで、先代皇帝の時から婚礼の際に与えられたネックレスらしいです。

1年前

死体が発見される1年前に戻ります。
大韓帝国の皇帝イ・ヒョク(シン・ソンロク)は、協商のために5カ国を巡回訪問して、買ってきて、歓待を受けますが、その中で自分に嫌な視線を送る記者に限りなく崩れるように見えました。
そんな記者を鋭く睨む人がいました!
それは、マ・ピルジュ(ユン・ジュマン)、皇帝ができないことを引き受けて、
すべてのことを解決してくれる人。
この人は、ナ・ワンシクの体育大の先輩であり、イ・ヒョクの右腕とも同じ人です。
皇帝のためなら何でもするマ・ピルジュ。

ミン・ユラの野望

皇帝が帰ってくるという話を聞いて、皇帝の用事をしているミン・ユラ。
彼女は皇帝のそばを守る秘書長です。
寝室の設計を変えてほしいという皇帝の話に急いで変えますが、誰かが皇帝の部屋に隠しカメラを設置したことを偶然見つけました。
そして、これを口実に自分の野望を育てるために、より高く飛ぶための計画を組むように見えます。

皇帝が帰ってきましたが、ミン・ユラが変えといて部屋が気に入らなくて、
原状復帰をしてくださいと命じます。
皇帝の母である太后カン氏(シン・ウンキョン)は、ただ独りミン・ユラを嫌うように見えます。

皇帝イ・ヒョクとオ・サニーの出会い

すぐに帰ってきた皇帝イ・ヒョクは国民迎え宮中午さん会を開きます。
申請者のうち唯一の5人との唯一の食事。
ところが、外でナ・ワンシクとオ・サニーが大騒ぎ中です。

もちろん、ナ・ワンシクは宮中午さん会に招待されてないので、中に入れないのは当たり前ですが、オ・サニーは招待状をもっているので、入れるのが当たりませです。
それを全く知らないナ・ワンシクは、自分は入れないのに、オ・サニーが入る事でより不快感を表出します。
とにかく、遅れて到着したオ・サニー(チャン・ナラ)は、皇帝イ・ヒョクを見て笑顔を見せます。
急いで動いたせいで、中心が揺れて晩餐の一部を崩したり破ったりして、
彼女の顔にケーキーが落ちる惨事まで···

ナ・ワンシク💔ミン・ユラ

一方、ミン・ユラチーム長に続いて電話がかかってきて、
その電話のせいでしばらく席を外します。
それは、ナ・ワンシクです。
実はナ・ワンシクとミン・ユラは恋愛中の関係です。
しかし、誰よりも野望が大きいミン・ユラはますますナ・ワンシクのそばを離れて行って、それ知らないナ・ワンシクは純正とか何とか言いながら引き続きミン・ユラのそばを
回ります。
しかし、あまりにもブルドーザーのような男で怖くて簡単に別れよと言う話を取り出さないミン・ユラです。

皇帝イ・ヒョクに事故

ミン・ユラがナ・ワンシクをよくなだめている間、皇帝イ・ヒョクに事故が起こります
宮中午さん会に招待された人の一部がテロリストで、シェフはもちろんの警護員の一人もテロリストでありました。

彼は7年前、皇室で行方不明になった自分の妹のカン・ジュソンを探しにきたとアケビ声をあげました。
そして、オ・サニーに突然撮影をするようにさせて、撮影と同時にフレッシュを点けると言って、イ・ヒョクにサインのしました。
彼女のセンスでテロリストを鎮圧できたイ・ヒョク
この時、テロリストがイ・ヒョクに銃を向けて、オ・サニーはイ・ヒョクを抱いて池に飛び込みます。
警護員達は、オ・サニーは救えずに皇帝だけ救えます。
ミン・ユラが心配で追って来て、警護員に押されて池に落ちたナ・ワンシクは、
オ・サニーを本当に意図せず救えるようになります。

オ・サニーとナ・ワンシクの出会い

この時、オ・サニーは、自分を救ってくれたナ・ワンシクを掴もうとしてクビにかけてある彼のネックレスを掴みます。
そしてイ・ヒョクはカン・ジュソンについて知っているテロリストを会いに行きたいと言うの話に太后カン氏の目つきが揺れ始めて結局、テロリストを暗殺するように指示したようです。

ミン・ユラの計略①

ミン・ユラチーム長はテロリストに会いに行くイ・ヒョクを見て、
今が、自分の欲と願望を燃やす時期だと思ったように、イ・ヒョクに太后カン氏が
彼の部屋にCCTVを設置した事をチクリます。
以内、イ・ヒョクはミン・ユラの話が正しいかどうかを確認するために、自分の首の傷を縫った糸を外して浴槽に入ります。
これを観た太后カン氏は心配で、走って行きます。
本当にミン・ユラの話の通りに隠しカメラが設置されていることを確認するようになります。
結局、母親から騙されたと感じたイ・ヒョクは、クラブでお酒を飲んだり、ギャンブルまでするようになります。

ミン・ユラとイ・ヒョク

太后カン氏に剥奪されたミン・ユラは、最終的にイ・ヒョクを追ってくきて、彼にクビにされた事を又チクリます。
結局、イ・ヒョクはそのようなミン・ユラを自分の人にしてみようと思い、彼女に手を出してしまいます。
ミン・ユラ:この線を超えると、私は何になりますか?
      ただの秘書ですか、それとも女性ですか?
      それでもなけりゃ一晩だけの女になりますか?
イ・ヒョク:君のやる次第

ミン・ユラと母

皇室別荘にあったミン・ユラに母から電話がかかってきます。
か急いで母に会いに行って怒ったように話をします。
孤児である自分を育ててくれた事に感謝しますが、これからは自分の将来に邪魔にならないでと怒鳴ります。
ナ・ワンシクの母がドンシクはどうするの?問うと、ミン・ユラはもっと興奮してそんな話はしないでと言います
(ドンシクは誰でしょうか?)
ミン・ユラは母親に自分の全財産を渡して、これから縁を切りましょうとします。
しかし、そうはいかない母は彼女を追いかけて行きます。

ミン・ユラの計略②

ミン・ユラを待っていたイ・ヒョク。
この時、太后カン氏から電話がかかってきて、その電話に密かに出たミン・ユラは
わざと彼女をからかい始めます。
「太后ママとチェスをする時間ではないでしょうか?」
「そんな退屈なもの、なぜするのか分からない」
としながら、自分が今興味を持っているのはただ君だけだと言いながら彼女を抱きしめて首にキスをします。
二人を会話を聞いた太后カン氏は、怒りを隠せずにイ・ヒョクの位置を探し始めます。
そのまま二人は一緒に風呂に入って浴槽の中でイ・ヒョクは眠ってしまい、
その姿を見たナ・ワンシクの母親は驚きます。

ナ・ワンシク母が皇帝の車に轢かれる

ナ・ワンシクの母親と目が合ったミン・ユラは母を追いかけます。
母を引き留めて今日の事は絶対誰にも言わないでと言いますが、
すでに縁が切れてる関係なのに恐れる事は何もないだろうと言いながらミン・ユラを
さらに刺激させることになります。
ところが、この時、自分の車を運転してくる皇帝を見るようになり、彼女は何とかこの事態を防いでみようとします。
結局、ナ・ワンシク母を靴で打ち下ろします。

強い衝撃を受けたにも関わらず、ナ・ワンシクの母親は起き上がって歩き始めます。
そして、運転中の皇帝イ・ヒョクの車に轢かれます。
以内イ・ヒョクの車に轢かれる母を見ても、ミン・ユラは隠れてしまい、
ナ・ワンシクはお母さんを捜しながら車道に沿って降りてきます。
大きな声で「お母さん」を唱えて、この音声を聞いかのかミン・ユラが驚いて、イ・ヒョクも驚きながら、皇后の品格1話2話が終わります。

「皇居の品格」動画

「皇居の品格」は公式ホームページで視聴可能です。

「皇居の品格」公式ホームページ

皇居の品格公式予告動画

「皇居の品格」視聴率

「皇居の品格」1話視聴率は7.6%です。

「皇居の品格」2話視聴率は7.2%です。

「皇居の品格」1話~48話の予告

「皇居の品格」1話~48話の放送スケジュール

2018年11月 22日 「皇居の品格」 3話 4話

2018年11月 22日 「皇居の品格」 5話 6話

最後に

早い展開はよかったですが、皇后の品格は막장드라마ーマクジャンドラマ(非現実的なことがよく起こり、展開に行き詰まり感のあるドラマ)ですね!
宮とは次元が違うドラマジャンルだと思いました。
最初から皇室の中で死体が表れたり、皇帝の紊乱に見える姿まで、大韓帝国がこんなに崩れるなんて!
そして、1話2話ではミン・ユラ役のイ・エリヤさんが主人公に見えました。
噂のチェ・ジニョクさんはいつ頃登場するでしょうか!
少し残酷な場面もありますが、内容がそんなに難しくないので、紹介を続けます~~

最近、当方のサイトに色んな問題が発生して、ドラマの紹介がかなり遅れております。
少しずつ問題を改善しながら少し遅くても紹介して行こうと思っております。

皇后の品格,チャン・ナラ,チェ・ジニョク,황후의 품격

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »