「皇居の品格」5話6話-チョン・ウビンに生まれ変わったチェ・ジニョク!

「皇居の品格」5話6話を紹介します。

皇后の品格3話4話のエンディングで
ミン・ユラを自分の女に紹介しようとしたその時、オ・サニーが到着すると、
太后カン氏は、オ・サニーを陛下が今付き合っている彼女だとと紹介しました。
その話に皆が驚きました!
皇帝イ・ヒョクでオタクである彼女が今日の主人公の選ばましたね。


果たして、オ・サニーはどんな返事をするでしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「皇居の品格」5話6話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「皇居の品格」の公式ページを参考で翻訳しております。

皇居の品格情報

放送時間:毎週水・木曜日夜10時~

制作陣:演出ージュ・ドンミン、脚本ーキム・スンオク

ジャンル:宮中ロマンスドラマ

写真のすべての権利は該当に放送局(SBS)にあります。

そして、内容の理解の為に動画と写真をお使いさせていただきます。

「皇居の品格」登場人物

主要人物

チャン・ナラ  :オ・サニ役 – 大韓民国皇后、ミュージカル俳優
チェ・ジニョク :ナ・ワンシク駅 – 皇室ボディーガード、ユラの元彼
シン・ソンロク :イ・ヒョク役 – 大韓帝国皇帝、絶対権力者
イ・エリヤ   :ミン・ユラ役 – 皇室シニア、ナ・ワンシクの元彼女、       
         イ・ヒョクの内縁の女
シン・ウンキョン:太后カン氏役 – 大韓帝国太后、イ・ヒョクの母

大韓帝国皇室

オ・スンユン  :イ・ユン役 – 大韓帝国皇太子、ヴィンセント・リー、イ・ヒョクの弟
ユン・ソイ   :ソ・カンヒ役 – アリの母親で乳母
オ・アリン   :アリ役 – ソジン公主の養女、イ・ヒョクとカンヒの娘
パク・ウォンスク:太皇太后チョ氏役 – 大韓帝国太皇太后、イ・ヒョクの祖母
イ・ヒジン   :ソジン公主役 – 大韓帝国の公主、
         イ・ヒョクとイ・ユンの姉、皇后複合ショッピングモールの代表
シン・ゴウン  :ソヒョン皇后役 – イ・ヒョクの最初の妻

サニ家族

ユン・ダフン   :オ・グムモ役 – 府院君、サニチキン屋社長、オ・サニーの父
ステファニー・リー:オ・ハロ役 ー サニーの妹、皇后複合ショッピングモール室長

テ・ハンホ(特別出演)

「皇居の品格」5話6話のあらすじ

記者はオ・サニーに皇帝イ・ヒョクと恋人関係が事実かどうかを確認すると、
オ・サニーは、祝賀公演をしに来たと言って公演を始めます。
皆がオ・サニーの公演を嫌がるその時、太皇太后がオ・サニーの歌を楽しむと、
皆も無理やり歌を楽しむふりをします。
オ・サニーのお父さんは太后カン氏の秘書であるチェチーム長から慰労金という名目でお金を受け取りました。

祝賀公演が終わって宮に来たオ・サニーが気に食わない皇帝イ・ヒョク。
彼は太后カン氏カン氏がオ・サニー家に3千万ウォンを送ったと言う話を盗み聞きするようになり、オ・サニーと話をしようとしたが、オ・サニーは、警備員に帰されます。

家に帰って来たオ・サニーは、皇帝イ・ヒョクとは何の関係もないと話をしますが、
オ・サニーのお父さんはしきりに彼女の心を問います。

一方、マ・ピルジュはナ・ワンシクの死体でも、生きている姿でも探してみるために走り回って、ナ・ワンシクはビョン先生に救われて低体温症に血を続け流し、大きな病院に行かなければならないという医師の話を後にしたまま家に連れてきます。

そして、ミン・ユラは太后カン氏の呼びかけに行っ太皇太后にセメント拷問を受けるようになります。
その時、太皇太后が押しかけてミン・ユラを救ってあげます。
実は、太后に捕まる前に、ミン・ユラが太皇太后を訪ねて助けてを求めましたね。

太皇太后は太后カン氏にふくらはぎ100回を叩いて、ミン・ユラを呼んで太后が彼女に謝罪するようさせます。
結局、太皇太后の話にミン・ユラに謝罪することになり、
ミン・ユラは太皇太后が管理するとし、太后カン氏に陛下の婚姻の事に手をダサい内容に命令します。

ミン・ユラの行動があまりにも気に食わない太后カン氏は、ミン・ユラの弱点を
探す為に、ビチ島事件を徹底的に調査をさせます。

一方、陛下の心を直接確認して見てと言うお父さんの話を聞いて陛下を訪ねてきたオ・サニーは、お弁当を持って来て、陛下にあげますが、適当な食べ物は食べないと冷たく言います。

オ・サニー:私が空気読めなかったですか?
皇帝:はい
オ・サニー:なら、なぜ優しくしてくれるんですか?人の心を揺らしたじゃないでしょうか!

皇帝:確実に言ったほうがいいですね!
   僕は、オ・サニー氏のファン以上に考えたことはありません。
   誤解させたならごめんなさい。もう、ファンとしても会えないようですね!
   不快で・・・

陛下の話を聞いて涙を流すオ・サニーは、慌てて席を去ります。
皇帝イ・ヒョクを訪れたミン・ユラはマ・ピルジュがナ・ワンシクも処理したと話を聞くことになります。

しかし、ナ・ワンシクはビョン先生の家で意識をもどすようになり、
その後、ナ・ワンシクを探してきたマ・ピルジュはビョン先生の家に立ち寄って
ナ・ワンシクを捜してみます。意識を戻したナ・ワンシクはマ・ピルジュを避けて隠れます。

ナ・ワンシクに頭に残ってある弾丸を取り除かないと死ぬ可能性が高いから、
病院に早く行きなさい、と言いながら早く出て行け!と言うビョン先生の話に
お母さんが無念な死を迎えました!
助けてください!とお願いをします。
しかし、ビョン先生は彼のお願を拒否するように無視すると、ナ・ワンシクは家に火を付けると脅迫をしながら助けを求めます。

一方、ミン・ユラの弱点を探していた太后は、陛下の警護隊長を通しミン・ユラの手書きの遺書とレコーダーを手に入れます。

その時刻、ナ・ワンシクが死んだと言う話を聞いたミン・ユラはビチ島の家に来て、
自分の痕跡を取り除いて、マ・ピルジュがナ・ワンシクの家に来て、ドンシクに脅迫をする姿を見て、マ・ピルジュがナ・ワンシクの遺体を見つけていないと言う事を分かるようになり、マ・ピルジュに自分はビチ島で暮らしたことがなかった事にしてほしいと言いながらお金を渡します。

そして、ナ・ワンシクの母の体をまだ処理していないことを知ったミン・ユラは、
お母さんの遺体を探しに来て、ナ・ワンシクが母の遺体を持ってあげったと言う話を聞きます。
しかし、ミン・ユラは、車の後の席にあるお母さんの遺体を見るようになり、
びっくりして外に出た瞬間ミン・ユラは警護チーム長に捕らて宮に連れて来るようになります。
太后カン氏は、ミン・ユラがビチ島で人を殺した後、ひき逃げをした犯人だと言って捕まって、陛下は自分が犯人だとン言ってみますが、太后カン氏は、すでに警察を呼んであるので陛下が犯人なら陛下が罰を受けてと言います。

太后:いくら陛下だとしても罪を犯したのに逃げる事はいけない。
   それまた、皇室のルールであることをよく知っているはずです。

皇帝:僕を。捨てると言う話でしょうか。

太后:陛下が先に私を捨てました。私のそばにいるときだけ陛下も私の子供であり、
   私が守らなければならない至尊です。
   あえて私のそばから離れようとするのに、引き留めることはしません。

警察が到着したもで二人の中の一人は、犯人にならないといけないから早く決定するよう二と言う太后カン氏の話に皇帝イ・ヒョクはひざまずいます。

皇帝:ごめんなさい!..二度とこのような事は起こらないようにします。
   お母さま。お許しください..ユラには何もしないでください。

と切なくお願いして太后の言うとおりにすると言います。

オ・サニーと結婚しなさいと言う太后カン氏の話に皇帝イ・ヒョクは
ミン・ユラと自分を守るために仕方なく太后カン氏の話通りすると言います。
ミン・ユラを守るためにオ・サニーと結婚するという話を聞いたミン・ユラは号泣します。

少し元気になったナ・ワンシクはニュースに皇帝イ・ヒョクが出てくる姿を見て、復讐を考えます。

一方、家族で食事しようと言うお父さんの話を聞いて約束のレストランへ行ったオ・サニーは、突然登場した陛下に驚き、家族を帰らせた後オ・サニーは陛下に今何をやってのかを尋ねます。
ただのファンだと線をひいといて、今さらなぜ態度が変わりますか?と問うオ・サニーの話に陛下は言い訳をしてみますが、すぐ信じるオ・サニーの話に、思ったより簡単でないと考える陛下です。

劇団に戻ってきたオ・サニーの劇団に出張ビュッフェがきて、演出家を訪ねてきた陛下はオ・サニーを主人公に戻してと言います。
その姿に、またときめいてしまうオ・サニーですね。

ビョン先生はナ・ワンシクの代わりに一人でいるドンシクを連れてきます。
ドンシクが消えたことを知ったマ・ピルジュはナ・ワンシクが生きている事に気づきます。
またヒロインになったオ・サニーは、観客で満員になった舞台で公演をすることになり、パフォーマンス中に陛下がサプライズに現れ再びヒロインになった事をお祝いすると言って、オーケストラと花束を用意して、オ・サニーに自分を受けてほしいとプロポーズします。
そんなオ・サニーに指輪まではめてあげるは陛下。
オ・サニーと陛下は、観客の前でキスまで交わす事になります。

頭にはまだ銃弾が打ち込まれたナ・ワンシクは突然の痛みに苦しみながらも、
ビョン先生に皇室警備員になりたいと、宮に入って必ず殺す人がいるといいながら
技術を教えて下しとお願いします。
その後ナ・ワンシクは厳しい訓練過程を経ることになります。

ダイエットと一緒に厳しい訓練にナ・ワンシクは、まるで別人に変わって、
「チョン・ウビン」という名前で生まれ変わります。
そしていよいよ宮に出廷するようになって陛下と向かい合うことになりますが・・・ぶつかっせれれるが….!

「皇居の品格」動画

「皇居の品格」は公式ホームページで視聴可能です。

「皇居の品格」公式ホームページ

皇居の品格公式予告動画

「皇居の品格」視聴率

「皇居の品格」5話視聴率は5.7%です。

「皇居の品格」6話視聴率は7.9%です。

「皇居の品格」1話~48話の予告

「皇居の品格」1話~48話の放送スケジュール

2018年11月 29日 「皇居の品格」 7話 8話

2018年12月 5日 「皇居の品格」 9話 10話

最後に

弾丸が頭に減り込んで、低体温に大量の血を流したはずなのに、生きると言う設定は1980年代の香港映画のような菅家だなと思いました。
絶対主人公は死なない!
いくら主人公でも、設定が無理矢理だと視聴者達からの苦情が増えると思いますが、どうなるでしょう。
そして、いくら막장드라마でも、
ミン・ユラにセメントで脅迫する太后カン氏の顧問はちょっといきすぎかな・・・と思いました。
皇室の絶対権力を表せたいのはわかるけど、ちょっと行きすぎですね!
とにかく、陛下の心を絶対分かるはずがないオ・サニー。
今後宮での姿がどうなるか心配ですね!

皇后の品格,チャン・ナラ,チェ・ジニョク,황후의 품격

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »