アスダル年代記(Part1-予言の子達)の用語を説明します!

一話当たり30億の制作費がかかったという「アスダルル年代記」がいよいよ砲門を開きました!
今まで、こんなに難しい用語を使うドラマがあった…?と思うほど
しっかりとしたストーリーとそれに似合うスケールで視聴者たちをひきつけるアスダルル年代記!

あらかじめ「アスダルル年代記」出演(笑)する用語を勉強してみると面白そうで、
アスダルル年代記の用語を勉強して、ドラマを視聴するとより面白くて理解しやすいと思いますので、まずはアスダルル年代記の用語を勉強してみましょう。

アスダル年代記用語説明

スポンサーリンク
スポンサーリンク




地名

アスダル(아스달)

アスダル(아스달)

出典:http://program.tving.com/tvn/arthdalchronicles/20/Board/View

「アスダル」という名前は、檀君が立てた都の名前を「アサダルとした」という説話が
ヒントで、人類共通の感じを与える為にEarthを加えて「アスダル」に定めたそうです。

アス域の中心地でドラマの中で初めて作られた都市です。
周辺の様々な部族が集まって連盟を組んで、5万名あまりの人口が住んでいる教育都市です。
セニョク族(人数多・軍事)、フィンサン族(祭事)、ヘ族(青銅を作る技術)そして
数多くの小部族が住んでいる空間です。
あとからイアルクで連れてこられとワハン族の人々とワハンとタンヤを救うために
ウンソムに訪れてアスダルの支配者であるタゴンと対立し、大混乱を経験する空間です。

アス(아스)

「アスダルル年代記」の舞台となる太古の地で、白髪山南麓から南につながるアスダル流域の肥沃で住みやすい大地であり、太古の地を意味します。

月の平原(달의 평원)

ノェアンタルの平和の空間であり、ノェアンタル戦争の原因となる空間です。
白髪山以北空間であり、ノェアンタルの平和の空間であり、肥沃な土地と作物がよくのびる事でセニョク族とフィンサン族が欲しがってたところで後日、セニョク族とフィンサン族が団結して白髪山を越えて進撃することになりノェアンタルと衝突するようになります。

アトゥラド(아뜨라드)

ノェアンタル大祭りの空間であり、大戦争の開始点です。
月の平原の真ん中にある空間で、1年に一度、ノェアンタルが集まって祭りを開いたりして、成人式をする場所です。
後日、ノェアンタルを掃討するセニョク族のタゴンによって凄惨な大虐殺が起きます。

イアルク(이아르크)

ウンソムとタンヤが一緒にいた平和の空間です。
「大黒壁」と呼ばれる巨大な断層帯を基準にアスはイアルクは自然的境界に分かれます
イグトゥを蔑視して殺害するアスダルから呪われたウンソムを生かすために
ウンソムの母であるアサホンが逃げたころであり、素朴で平和なワハン族が住んでいる場所です。
ワハン族タンヤとウンソムが会って育つところであり、彼らの思い出がたくさん込められたところです。

大黒壁(대흑벽)

アスダルとイアルクの間の自然境界巨大断層地帯。

種族

種族

出典:http://program.tving.com/tvn/arthdalchronicles/20/Board/View

人(사람)

外形上は、私たちが知っている人と一致しますがホモサピエンスとは異なります。
代表的に、違うのが人は夢をみれず、まだ夢はノェアンタルとイグトゥのものです。
[※アサホン=人/「人」=赤い血]

ノェアンタル(뇌안탈)

外形的に人と似ている部分が多いが、「人」よりも優れた身体能力と夜行性動物のような視力を保持します。
人は弱いの団結して集まる必要があったが、食物連鎖の頂点にいる最強の種族、
ノェアンタルは、その必要がなかったです。
連盟を作った人とは異なり、個人的で自由で、自然にやさしい生活をします。
1年に一度「アトゥラド」と呼ばれるところに集まって交配をする祭りを開きます。
[※ラカズ=ノェアンタル/「ノェアンタル」=青血]

イグト(이그트)

人とノェアンタルの混血である。
「ノェアンタル」と「人」の特徴をすべて持っ種族。
「ノェアンタル」のように夢を見て、「人」よりも速くて強い優れた身体能力を保有したが、純粋なノェアンタルには及ばない。
アスダルの人に不吉な存在とされる。
[※ウンソム=イグトゥ/イグトゥ =紫血]

アスダルの3大部族

アスダルの3大部族

出典:http://program.tving.com/tvn/arthdalchronicles/20/Board/View

セニョク族(人数多・軍事)새녘족

アスダルル3大勢力の一つでアスダルで圧倒的数の人口を持つアスダル有力部族です。
アスダル内の農耕と軍事を担当し、軍事に基づいてアスダルで強大な権力を誇ります。
セニョク族オラハ(部族長の意味)であるサンウンは若い年齢でアスダルのすべての部族長たちが集まる部族長会議で連盟長に推戴されました。

フィンサン族(祭事)흰산족

アスダルに最初に足をかけた土着勢力です。
セニョク族、ヘ族の団結と協力のために提案をするには部族で神秘的な力をもとに、アスダル内の秩序を維持します。
「祭祀」という強力な政治行為によってアスダル権力最高峰を味わいながら、
「セニョク族」を警戒します。
フィンサン族のオラハ(部族長の意味)は、アサロンでアスダルの神々をすべて祀る
代神殿を主催する大祭官であります。

ヘ族(青銅を作る技術)해족

西から移住した優れた科学文明を持った部族です。
靑銅器をはじめ、さまざまな知識や情報を保有しており、アスダルで浮かび上がる部族で、セニョク族とフィンサン族の間を行き来して不足の地位を固めています。
ヘジョクのオラハ(部族長)であるミホルは急変するアスダルの政治状況を見ながらヘ族の使命と生存のために地形や方略を広げています。

イアルク部族(이아르크 부족)

イアルク部族(이아르크 부족)

出典:http://program.tving.com/tvn/arthdalchronicles/20/Board/View

ワハン族(와한족)

イアルクに住む多くの氏族の一つでアスダルに連れて来るようになる不運の部族です。
アスダルの人々に未開だと知られているアスダル以南、イアルク地域の氏族。
一族の母と呼ばれる女性がめでたい時と方向を教えながら生活してきました。
まだ農耕ができず狩猟採集生活をし、文字はないが平和で幸せに暮らしています。
大黒壁を越えて来たウンソムを受け入れる氏族でもあります。
突然のデカン部隊の侵略により、アスダルに引かれて来る立場に転落します。

ドゥジュムセン(두즘생)

イアルクのを見下す言葉。アスダルの以南、大黒壁の下にアルクに住む人々を見下して呼ぶ言葉です。
セニョク族の言葉で二本足で歩く獣。未開と野蛮の地に住む人々という意味。

最後に

歴史的な記録の前の時代で、国と王様がいなかった時代を扱いたかった作家は、
最初はドラマのタイトルをこの世の誕生に考えてたようです。
私はなぜかアスダル年代記よりこの世の誕生というタイトルが心に届きますね。
アスダルル年代記がGame of Thronesの盗作疑惑もあったせいなのか、私はこの世の誕生がより良いタイトルな気がします。

歴史劇より難しい用語が本当に多いアスダル年代記ですが、
それでもこう勉強してみると、もう少し理解しやすいと思います。
アスダルル年代記は、毎週土曜日、日曜日の夜9時に放送されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »