トゥーカップス25話26話のハイライト映像とあらすじ

トゥーカップス25話26話のハイライト映像とあらすじで紹介します

チャ・ドンタク(チョ・ジョンソク)は、16年前の交通事故とソン・ジアン(ヘリ)との関連性を知って混乱します。
一方、コン・スチャン(ギム・ソンホ)は、病院で再び殺害脅威を受けます。
ドンタクはスチャンを殺そうとした背後を追う中、黒いヘルメットの攻撃を受けることになって正体を確認することになります。

黒いヘルメットは誰でしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




トゥーカップス25話26話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「トゥーカップス」の公式ページを参考で翻訳しております。

トゥーカップス25話26話あらすじ+ハイライト映像

16年前に現場で3人が即死した交通事故の本当の加害者は、ゴン・スチャン父ではなく、17歳のタク・ジェフイ(バク・フン)でしだ。
タク・ジョンファンは当時タク・ジェフイが事故を起こした後、現場から逃げたことを知って、目撃者ギム・ジョンドゥに偽証をお願いそ、加害者をゴン・スチャンの父として濡れ衣を着させました。

タク・ジョンファンはタク・ジェフイに事件が終わった後、ギム・ジョンドゥが自分を脅迫している途中死んでしまい、ギムジョンドゥを追っていた刑事ジョ・ハンジュン(キム・ミンジョン)まで死んだという話をしました。

ゴン・スチャンは、先にチャ・ドンタクと一緒に車を乗って行って暴走族を率いて現れた黒いヘルメットが狙った人が自分かも知らないと思いました。
その時、ヨンパリ(イ・シオン)がチャ・ドンタクにゴン・スチャンが入院中の病院にタク・ジェフイが現れたという知らせを伝えてきました。

タク・ジェフイは事件現場の唯一の生存者であるゴン・スチャンを殺すつもりだったようです。
チャ・ドンタクとゴン・スチャンはやっとゴン・スチャン父に濡れ衣を着させジョ・ハンジュンまで殺した人がタク・ジェフイという事実に気づきました。

チャ・ドンタクは病院でタク・ジェフイを逃し、すぐ検事室に言って、16年前に事故の真犯人かと追及しました。
タク・ジェフイは何も知らない顔で言い逃れをして、チャ・ドンタクはそのようなタク・ジェフイに向けて、この事件を最後まで調査すると警告しました。

ゴン・スチャンは検査室でタクジェフイの動きを監視しています。
タク・ジェフイはチャ・ドンタクをこのまま放っておけば危険であると判断し、黒のヘルメットをかぶってチャ・ドンタクを処理しようとしました。

トゥーカップス1話~32話の動画

トゥーカップス1話~32話の予告

トゥーカップス1話~32話の放送日時

2018年1月9日トゥーカップス27話が放送されます。

2018年1月9日トゥーカップス28話が放送されます。

最後に

16年前の交通事故の真犯人と黒いヘルメットがタク・ジェフィであることを分かるようになりましたが、背後に検事長がいるからそんな簡単には解決できないと思います。

でも、ジアンの父が不正刑事でない事とスチャンの父が犯人ではない事だけが明らかになり、ジアンとスチャンが一安心する姿は結構感動的でした。

父母の濡れ衣を晴らすことになったので、25話と26話ではそれだけで満足しますが、次回からはタク・ジェフィを早く逮捕して欲しいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »