黒騎士6話のあらすじ

黒騎士6話のあらすじで紹介します。

黒騎士6話では、過去に続き現在も続くスホ(キム・レウォン)とヘラ(シン・セギョン)の縁と、これを嫉妬するシャロン(ソ・ジヘ)を描いて三人の本格三角関係が始まる内容でした。
そして、チャン・ベクヒ(チャン・ミヒ)が鬼になった事情も明らかになりました。
ベッキの講義を通じて、200年前の三人の縁も公開されましたね!

ミョンソが流刑を去り、彼らの家族まで死ぬ危機におかれたソリンはブニに自分の服を着せ、自分の代わりに死ねと言います。
ミョンソがいるところを教えろと言いながら管下で拷問を受けて声を失うブニの話も
描かれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




黒騎士6話の紹介

ブニは声を失ったけど、ミョンソの流刑地まで訪ねて再会します。
二人は、幸せな日々を送っている時ソリンが訪れます。
二人が一緒にいる姿にソリンの嫉妬は我慢できなくなり、二人が寝ている家に火をつけますが、残念ながらミョンソはブニと一緒に死んでしまいます。
恨みが胸に残っているブニはソリンに「一生死なず九泉で流離え」と呪いを下げます。
旦那を喪ったソリンも川に身を投げますが、死ぬことができなくなります。
川沿いでソリンを見つけたベッキはその時から共生する関係になり、その縁は今まで続いてきています。

★お知らせ★

韓国ドラマ「黒騎士」の公式ページを参考で翻訳しております。

黒騎士6話あらすじ

ベッキの講義を聞いているスホ、ヘラ、シャロンはますます彼女の話の中に陥ります。
ミョンソが流刑を去り、彼らの家族も死ぬ危機に置かれたソリンはいつものようにブニを利用します。

自分の服を着せて、自分の代わりに死んでと命じます。

ミョンソの家族だと言う理由でブニを拷問した管下の人たちは終的に彼女を声を失わせます。
声を失ったブニは、ミョンソがる場所を訪ねて再会します。

二人は一日一日幸せな時間を過ごしますが、その時間もそれほど長くは続かないですね
ミョンソとブニが一緒に居る姿を見つけたソリンの嫉妬は極に達します。

結局、ソリンはその家に火をつけ、ブニを殺そうとしますが、ミョンソはブニと一緒に行く道を選択します。
炎の中に入るのミョンソの姿で、驚いて叫んでいるソリンに一生死なずに九泉をさまようと呪いを降りブニは目を閉じます。

その後、ソリンも川に身を投げて命を切ろうとしましたが、生きてもない死んでもない存在になりベッキ(チャン・ミヒ)に見つけれ今まで共生する関係になりました。

 

ベッキの講義が終わり、シャロンはスホにシャツのサイズを測りたいと言って皆の前で彼を抱きしめます。

その後、家に帰る途中嫉妬するへラの姿を見てスホは一ヶ月間だけ恋愛しようと提案をして、ヘラもOKの返事をします。

一方、ベッキはシャロンに秘密を打ち上げます。
私があなたt地の運命を変えたの、それで私は今この罰を受けている・・・。

実は200年前ベッキはソリンの父親の初めての奥さんだったですが、赤ちゃんを産めない事で追い出されます。

その後ソリンの母親が二度目の夫人として入ってきて娘を産んだが、ペクヒがその娘と乞食の赤ちゃんをすり替えたという事実を打ち明けます。
身分を変えた罪でペクヒも死なずに200年以上生きていると告白しました。

話を聞いたシャロンは驚いたふりを隠して、「面白い話だね。そのような映画どこかで見たようだけど」と皮肉言いながら「私が200年も生きてきたのにそんな話で食驚くと思っか」と現実を否定しました。

その後、スホはシャロンのブティックへ訪ねます。
関心を示すシャロンにスホは「二度とそんな事はしないでください。私が好きな女性も横にいたのに、いたずらが少しひどかったです」と言ってTシャツの寸法測定を口実に自分を抱きしめたシャロンに厳しい忠告を与えました。

続いて彼は「ヘラの服だけちゃんと作ってくださればそれで結構です」と言ってシャロンに屈辱を与えました。

以後ヘラが服を受け取るためにシャロンを訪れました。
感謝しているヘラにシャロンはただじゃないと言って、ヘラのブレスレットを貰いました。
他人のものを自分の体につけると、その人に変わることができる能力を持っているシャロンはヘラのブレスレットをつけてヘラに変身してヘラは熟睡させます。

黒騎士1話~16話の動画

「黒騎士」1話~16話の予告

「黒騎士」1話~16話の放送スケジュール

2017年12月27日黒騎士7話
2017年12月28日黒騎士8話

最後に

シャロンのムンスホ 狂的に執着が開始されましたね。
ヘラに変身してスホの横にいたいと思う心情でしょう!
それでもこれはちょっと….あんまりですね…
そして、スホとヘラの本格的な「一ヶ月恋愛」は、もんだいないかな~~絶対シャロンが邪魔する気がします~~‘

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »