黒騎士7話のあらすじ

黒騎士7話のあらすじで紹介します。

黒騎士キム・レウォン、シン・セギョン、ソ・ジヘの三角ロマンスがエキサイティングな展開を繰り広げて没入感を高めてくれました。
黒騎士は6回連続同時間帯視聴率1位を継続している中で、シャロン(ソ・ジヘ)が
ムン・スホ(キム・レウォン)の愛を受けているチョン・へラ(シン・セギョン)の姿に変わって、二人の間を妨害する一方、シャロンとベッキ(ジャンベクヒ/チャン・ミヒ)の体に異変が生じる様子が描かれました。

以前の放送で、シャロンが誰かの持ち物を持っていれば、その物の所有者に変身することができる能力を持っているという事実が明らかになりました。
同時に、嫉妬に包まれたシャロンがヘラの姿に変わる過程が目を離せないように繰り広げられ、さらにエキサイティングになる黒騎士7話を予告しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




黒騎士7話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「黒騎士」の公式ページを参考で翻訳しております。

黒騎士7話あらすじ

ヘラの姿でスホと会ったシャロンはスホの心配が溢れそうな眼差しで、むしろ嫉妬を感じて、酒に酔ったふりをしてわざとみっともない姿を見せました。

それでも、もっと優しくなるスホの行動に慌てたシャロンはトイレに行ってくると嘘を言ってその場から離れて、ヘラの元カレチェ・ジフン(キム・ヒョンジュン)を訪ねて彼を誘惑しながら彼の頬に口付けをしたりしながらスホとヘラの間を何とかして邪魔しようとしました。

シャロンのブティックに訪ねたベッキはソファーで眠っているヘラの姿を見てシャロンの計画に気づいて阻止しようとスホに連絡をして彼女を連れて帰るようにしてあげました。

家に帰ってきたヘラは目を覚ましてご飯を食べます。

先の行動は自分ではなかったので、もちろん覚えてるはずがないのに、スホの話でヘラは次の日に「現場検証」を口実にデートの約束をしました。

「一ヶ月恋愛」を開始しスホとヘラカップルは、より甘い気流を形成しましたね。

次の日、出勤中のスホは一通の電話を受けます。
パク・チョルミンはある街の古い建物を壊して大きいショッピングモールを立てるつもりですが、それを防ぐムンスホの事業で困っているので、暴力を使うまでになりました。

スホの姿を見たヘラは、新しい建物が入る事を反対する理由を尋ねると、「私たちの子供の頃の思い出があるところじゃない」とパク・チョルミンの事業に対抗しながら街を守ろうとするもう一つの理由を明らかにしてくれました。

しかし、その次の日、ベッキとシャロンの体には、「九泉之鬼ー生きても無い死んでもない存在になって九泉の鬼になれ」という意味の文字が入れ墨のように刻まれました。
不安を感じたベッキはシャロンの行動に怒って彼女を叩きます。
ここは、ちょっと・・・笑っちゃいましたね~~
鬼でも大人なのにお尻を叩くなんて!!

しかし、お尻を叩かれてもシャロンは自分の行動を反省する気配を見せないで、
スホへの執着とヘラを向けた嫉妬に包まれている彼女がこれからスホとヘラカップルの間でどのように対立を誘発するか緊張感を高めますね。

黒騎士1話~16話の動画

「黒騎士」1話~16話の予告

「黒騎士」1話~16話の放送スケジュール

2017年12月28日黒騎士8話
2018年1月3日黒騎士9話

最後に

九泉之鬼と言う入れずにが刻まれてもシャロンはスホを諦めないらしいですね!
反省より次の計画を立てるのが彼女の中は嫉妬しかないように見えます。
そして、1か月間の契約恋愛だけど、二人の心には本気の愛がすでにあるように見えました。
ヘラは今の自分だとスホの彼女になれるには物足りないと思っている心がかわいそうに見えます。
愛する関係で身分とか能力とか財力などが関係ないと思います。

キム・レウォン,シン・セキョン,黒騎士,흑기사

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »