リターン25話26話あらすじ+ハイライト映像

リターン25話26話をあらすじとハイライト映像で紹介します。

リターン(return)25、26話では、トッコ・ヨンチェ・ジャへに自分が友人を殺した
「触法少年」だった衝撃の過去を告白しました。
トッコ・ヨンイ・ジヌク)がキム・ドンベ(キム・トンヨン)とチェ・ジャへ(パク・ジニ)の関係、チェ・ジャへの悲痛過去などの秘密の糸口を一つずつ解いていく様子が紹介されました。
10代のカン・インホ(パク・キウン)、オ・テソク(シン・ソンロク)、キム・ハクボム(ポン・テギュ)、ソ・ジュ二(ユン・ジョンフン)と飲酒状態で車を運転して、チェ・ジャへ(パク・ジニ)の娘チョン・ソミをひく事故を起こして、遺体を海に遺棄した後、テ・ミンヨン(ジョ・ダルファン)に濡れ衣を着させる過程が明らかになりました。
謎の火災で、すべてを失ったチェ・ジャへが19年前の事件を復讐するために4に接近したという事も分かるようになりました。
そして、オ・テソク(シン・ソンロク)、キム・ハクボム(ポン・テギュ)、カン・インホ(パク・ギウン)、ソ・ジュ二(ユンジョンフン)の葛藤が深まり、最終的には、友達を殺す計画を立てます。
19年前の事件を自首したがるソ・ジュ二を再び殺そうとオ・テソクとキム・ハクボムは心を合わせて、チェ・ジャへの殺害計画も立てです。
チェ・ジャへが望んでいた通り、4人はお互いを疑って葛藤し、最終的に殺人を最後の手段として選択します。

今回もソ・ジュ二オ・テソクとキム・ハクボムに殺害されたいですか?
また、今回も誰かが助けてくれるでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




リターン25話26話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「リターン」の公式ページを参考で翻訳しております。

リターン登場人物

リターン登場人物

リターン25話26話あらすじ+ハイライト映像

チェ・ジャへとチョン・インへ(イ・ミソ)が同一人物であることを知った
トッコ・ヨンは拘禁されていたキム・ジョンス(オ・デファン)を訪ねてチョン・インへに関する質問をします。
キム・ジョンスの表情の変化を見通したトッコ・ヨンは「二人には同意しないが、理解できますね」と暗示した後、「キム・ドンベはどんな関係ですか?」と、また質問を投げましたがキム・ジョンスから答えを聞くことはできませんでした。
カン・インホはチェ・ジャへが食事会で「触法少年」について語る途中、自分の娘(シン・リナ)に言及していたという事実を思い出させて表情が暗くなりました。
退院する妻のクム・ナラの病院を訪れたカン・インホはチェ・ジャへをみて怒りながら二度と自分の家族と接しないでと言います。

一方、ソ・ジュ二は皆を呼び集めました。
彼は、自分が記憶喪失のふりをしたという事実を明らかにし、19年前のチェ・ジャへ娘死亡事件について自首しようと話しました。
19年前の14歳だったオ・テソク、カン・インホ、ソ・ジュ二、キム・ハクボム、テ・インヨン、ヨム・ミジョンはテアンに遊びに行って、彼らは、酒を飲んで車を盗んで乗って
チョン・ソミを引きました。
あまりに驚いた彼らは年上のヨム・ミジョンに電話をかけ、事故を話しました。
ヨム・ミジョンは一旦子供の体を処理するようにし、彼らは子供の遺体を浜に捨て、警察に逮捕されました。
しかし、14歳という年齢とお金の力で軽い処罰を受けましたが、1歳年上だったテ・ミンヨンだけは触法少年法に適用されないので、少年院に行く事になりました。
名字が違うけど、テ・ミンヨンはキム・ドンベの兄でした。
ソ・ジュ二とカン・インホが帰ったあと、オ・テソクはキム・ハクボムにソ・ジュ二殺害指示を出しました。

カン・インホはチェ・ジャへが意図的に妻のクム・ナラ(チョン・ウンチェ)に接近してヨム・ミジョン殺人事件の弁護を任せたという事実を一歩遅れて悟り、妻に仕事をやめることを勧めましたが、彼女はカン・インホの話は聞きません。

その時刻トッコ・ヨンは再び急いで動きだしました。
19年前の事件に唯一の真実を明らかにしようという記事を書いた記者でありカン・インホ(パク・ギウン)事件を単独で報道した記者ジュ・チャンヨンを訪ねて行きました。
そして、ジュ・チャンヨンを単独の情報で懐柔、カン・インホ事件を通報したIPアドレスを追跡した端に、テ・ミンヨン(ジョ・ダルファン)が送った事まで把握しました。
トッコ・ヨンはテ・ミンヨンの居住地でキム・ドンベとテ・ミンヨンが兄弟であることを確認した後、衝撃を受けてテ・ミンヨンを探しましたが、彼はトッコ・ヨンを見て逃げました。

ソ・ジュ二はチェ・ジャへに訪ねて謝罪する事をしっかり教わってないと言いながらこれから努力しながら生きると話し、帰る道でクム・ナラに会いました。
クム・ナラはソ・ジュ二を介して19年前の事件の顛末を聞いた後、大きく怒って、娘と
カン・インホを去りました。
すべての真実が明らかになった後、再び家庭が崩壊されたカン・インホは一人で寂しくご飯を食べながら娘が描いた「家族の絵」を発見し、虚しい表情を浮かべました。

トッコ・ヨンは後輩にチェ・ジャへの行方不明と関連した捜査を指示すると共に、
キム・ドンベの母に訪ねました。
そして長男テ・ミンヨンの話を取り出したトッコ・ヨンはチョン・インへと親交を持つようになった理由を尋ねて、キム・ドンベの母親はチェ・ジャへと縁を結ぶようになったことを説明しました。

その時刻キム・ハクボムはソ・ジュ二を便器の水に顔を入れて殺そうとしたが、
どうしても殺せませんでした。
キム・ハクボムはオ・テソクに電話でソ・ジュ二を殺せなかった事を話した後、
「テソク!、僕は殺したい人を殺すから」と言いました。
ソ・ジュ二もキム・ハクボムとオ・テソクが自分を攻撃することを予想していたようです。

トッコ・ヨンはキムドンベ母にチェ・ジャへとテ・ミンヨンの話を聞いて、チェ・ジャへに会うためにデメテルを訪れて、面倒だと感じたチェ・ジャへに、自分が行きたいところがありますが、一人ではどうしてもいけない場所があるが、一緒に行ってくれないかとお願いしたし、チェ・ジャへと同行に成功しました。
二人が訪れたのは、部屋の両側に木が長く並ぶ樹木葬でした。
困惑するチェ・ジャに自分が触法少年だと告白をし、皆も与えられ現在で我慢しながら頑張ります。チョン・インへさん!」と残念に名前を呼んだ後、「もうやめましょう。」と心の深い慰めを渡してチェ・ジャへの涙を流せました。

チェ・ジャへに関する疑問を隠せなかったカン・インホは、結局、チェ・ジャへの家に向かって、めちゃくちゃにされてるチェ・ジャへの家に先に到着していた補助者キム・ドンベが謎の部屋の前でカン・インホと正面に遭遇したました。
刃物を持っていたキム・ドンベに脅威を感じたカン・インホは、部屋の存在を気付かれたくない彼が自分を押して激しいもみ合いを繰り広げることになりました。
一緒にもつれ床に倒れた状態で、誰かが刃物に刺される状況が起きました。
誰かは刺されて、誰かは刺した結果で終わりました。

リターン1話~32話の動画

リターン25話26話の動画

リターン1話~32話の予告

リターン1話~32話の放送日時

2018年3月14日リターン27話28が放送されます。

2018年3月15日リターン29話30が放送されます。

最後に

19年前の事件の真実が明らかになりました。
19年前テアンの住んでいたテ・ミンヨンはきれいなヨム・ミジョンを一人で片思いし、
その事実を知った4人はテ・ミンヨンを苦しめました。
酒を盗ん来るようにしたり、交通事故の後ム・ミジョンは、すべての容疑をテ・ミンヨンにしようと4人と口を合わせました。
結局、テ・ミンヨンは濡れ衣を着て少年院に行く事になりました。
ヨム・ミジョンを殺した理由もそこにありました。
事件を操作した罪!
もう一人、アン・ハクスが殺害されたのはその事件の操作に協力した罪!
そして、コ・ソクスンもそれに協力した罪!
でも、トッコ・ヨンの話のように、復讐の止めなければならないと思います。
どんな理由でも復讐は正当防衛にはなれないと思うからです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »