リターン3話4話あらすじ+ハイライト映像

リターン3話4話をあらすじとハイライト映像で紹介します。

リターン3話、4話でカン・インホ(パク・ギウン)は内縁の女ヨム・ミジョン(ハン・ウンジョン)との争いの後、ヨム・ミジョンが遺体で発見され、殺人と死体遺棄の最も有力な容疑者としてちもく指目されました。
「インホがそうだったはずがない、何かが間違いがある」と確信している友人のオ・テソク(シン・ソンロク)の確信とは異なり、すべての殺人情況カン・インホ本人を指し、最悪の状況に直面しました。

彼は本当に彼女を殺してないでしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




リターン3話4話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「リターン」の公式ページを参考で翻訳しております。

リターン登場人物

リターン登場人物

リターン3話4話あらすじ+ハイライト映像

「あなたの車の中で激しく喧嘩したのにも関わらず、人々に見つかれなかっただろう。
ところが、それまでヨム・ミジョンは生きていたの。殺した場所は他の場所だったの、ステラリウムペントハウス!」というトッコ・ヨンの鋭い取り調べにカン・インホは目つきが揺れながら、「弁護士呼んで!」と悲鳴に近い声を上げた。
続いて、カン・インホが明らかにしてない事実があることを知ったチェ・ジャが
「弁護人と依頼人の間に信頼関係が崩れると、その裁判は勝算がありません」とし
「ヨム・ミジョン、最後に見た場所がどこですか?永遠にバレない嘘が可能だろうと思いましたか?」と改めて攻めると、弁護士解任を要求した後、奇声を上げながら狂う直前の感情を切々と見せました。

しかし、ペントハウスがカン・インホのほか、「皇太子4人」オ・テソク(シン・ソンロク)、キム・ハクボム(ポン・テギュ)、ソ・ジュンヒ(ユン・ジョンフン)が一緒に利用する場所であることが明らかになり、再び反転が起きました。
カン・インホを除く友人3人がペントハウスからヨム・ミジョン遺体を移し、
状況が記録されたブラックボックスを削除する場面が電波に乗って衝撃を与えました。
結局、カン・インホがヨム・ミジョン殺人事件に関連して完璧は濡れ衣を着せられた真実があらわれ、今後の展開がさらにエキサイティングに繰り広げられることを予告しました。

リターン1話~32話の動画

カン・インホはヨムミジョンにみせる神経質で悪魔のような姿とは正反対に妻のクム・ナラには甘くて暖かい夫として、警察署で妻の安否を問う時は仕方なく冷たくなる目元を明らかにする人間の未知の二面性を見せてくれましたね! 彼の演技に拍手を送ります~~ どんどん、ヨム・ミジョン殺人事件の犯人がだれなのか気になりますが、手掛かりがないですね・・・誰でしょうか!誰が彼女を殺したでしょうか!

リターン1話~32話の予告

リターン1話~32話の放送日時

リターン 3話の視聴率は7.8%です。

リターン 4話の視聴率は9.0%です。

最後に

カン・インホはヨムミジョンにみせる神経質で悪魔のような姿とは正反対に妻のクム・ナラには甘くて暖かい夫として、警察署で妻の安否を問う時は仕方なく冷たくなる目元を明らかにする人間の未知の二面性を見せてくれましたね!
彼の演技に拍手を送ります~~
どんどん、ヨム・ミジョン殺人事件の犯人がだれなのか気になりますが、手掛かりがないですね・・・誰でしょうか!誰が彼女を殺したでしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »