花遊記10話あらすじ+ハイライト映像

花遊記10話をあらすじとハイライト映像で紹介します。

花游記10話では孫悟空(イ・スンギ)が虐待を受ける貧しい子供たちを救うという美明に、子どもたちの魂を本の中に閉じ込め置いていた本商人(イ・ソヨン)に向かって強力な一発を飛ばし、本商人を退ける姿が含まれて深い響きを与えてくれました。

続いて、孫悟空とチン・ソンミ(オ・ヨンソ)がお互いの愛を確認し、「動作キス」をする姿でときめきを増幅させました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




花遊記10話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「花遊記」の公式ページを参考で翻訳しております。

花遊記登場人物

 

花遊記10話あらすじ+ハイライト映像

孫悟空は「あなたの心は、今から私を愛するでしょう」という話で三蔵チン・ソンミ(オ・ヨンソ)の能力を奪った事を伝える本商人に向かって、「くそ、これ以上我慢できないな」と特有の冷たさを発動していた状況。

さらに牛魔王(チャ・スンウォン)は、孫悟空が本商人を愛するようになるだろうと予想しましたが、孫悟空は三蔵が願って、自分の能力を与えたという話で自分を誘惑しようとする本商人に「この緊箍児の所有者は、一人だ」と断固とした心を表わしました。

一方、牛魔王から緊箍児の操作方法を聞いた後、契約を提議された本商人は身辺整理をしてくれという牛魔王の話にいぶかしさを表していたはず。

さらに牛魔王が「捕まった子供達の魂を解放してあげて二度とこのような事をしないと誓いなさい」と言うと、本商人は、「この地獄のような世界をなぜ再び生かせるのよ?子供たちはそこで満足しています」と答え牛魔王を怒らせました。

そして本商人は再びスジョン兄の魂を誘惑するために本を広げました。

この時のスジョンの魂と話をしていた孫悟空が「私の兄を守ってください」というスジョンの話で「私を守ってください」と言った幼いチン・ソンミの姿を思い出し上げました。

孫悟空は「面倒でそのそき、その子を捨て逃げた。僕は悪い奴だった」とし「それを後悔してる。今度はしっかりと守ってみようか」と覚醒した心を表わしました。

以後「私を探しに来ました」と本商人を会いにきた三蔵に続き、孫悟空も入ったきました。しかし、ピーターパンの絵本の横に倒れているチン・ソンミを発見した孫悟空が本を開こうとする瞬間、本商人は、自分と三蔵だけが本を開くことができると伝えました。

これ孫悟空が「監禁したの?」と「私に催眠をかけたように子供たちの魂を誘惑してここに閉じ込めんじゃない?」と本商人を挑発しました。

本商人が「子供たちがどのように不幸な人生を生きたのか知っている?この世界に住んでいるのは地獄だった。私はそのような子供達を救ったよ」と反発し、孫悟空は「生きることができるよう守るのが、救える事だろう」とし「お前は生きる機会を奪った怪物だよ」と厳しい忠告をしました。

さらに孫悟空は「あなたは子供の不幸を収集して暮らす悪鬼だ」と毒舌を浴びさせました。
この話に衝撃を受けた本商人は涙を流したまま、自爆するように消えて、同時に本の中に閉じ込められていた子供の魂が抜け出すと孫悟空は童話の本を開けて三蔵を見て、「帰ってきて」という話をかけました。

続いて幼いチン・ソンミに会って手を差し出した大人のチン・ソンミが目を開けて孫悟空を見ました。

花遊記1話~20話の動画

花遊記1話~20話の予告

花遊記1話~20話の放送日時

2018年2月3日花遊記 11話

2018年2月10日花遊記 12話

最後に

孫悟空のお陰で魂が閉じ込められた子供たちと三蔵チン・ソンミが戻ってきた様子は子供頃読んで感動した絵本のようでした。

今回は暖かいストーリーでしたね~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »