王になった男11話 – 王妃が道化師ハ・ソンを殿下と呼びました!

ドラマ「王になった男」11話を紹介します。

王妃がハ・ソンの正体を知る事になりました。
ラブレターを交わしたことが、むしろ毒になりました。
書庫で何かを書いていた王様が自分に向かってラブレターを書いていると推測しました
嬉しい心で開いてみた本の間に書かれた文字は、ラブレターではなく、文字の練習でした。自分の名前も知らない王様は王妃が知っている王様ではありませんでした。

まさか、こんなに早くばれるとは思えなかったですね!
ハソンだけではなく都承旨イ・ギュも大変な事になったですが、彼らは王妃にどのように説明をするでしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ドラマ「王になった男」11話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「王になった男」の公式ページを参考で翻訳しております。

ドラマ「王になった男」情報

製作陣
演出:キム・ヒウォン
脚本:キム・ソンドク、シン・ハウン
原作:映画、「光海、王になった男」
出演:ヨ・ジング、イ・セヨン、キム・サンギョン外
放送日:月曜日、火曜日の午後9:30〜
放送期間2019年1月7日〜
放送回数16部作+スペシャル1部作
チャンネル:tvN

ドラマ「王になった男」キャスト

主要人物

ヨ・ジング:ハ・ソン役 – 道化師
ヨ・ジング:イ・ホン役 – 王様、ソウンの夫
イ・セヨン:ユ・ソウン役 -王妃
キム・サンキョン:イ・ギュ役 – 都承旨、号はハクサン(朝鮮王朝時代, 承政院の首席の官職.)

ハソンの周辺人物

ジャン・グァン:ジョ內官役   ユン・ジョンソク:ジャン・ムヨン役
シン・スヨン:ダルレ役     ユン・キョンホ:ガプス役

ソウンの周辺人物

オ・ハニ:エヨン役                キム・スジン:パク尚宮役(友情出演)

イ・ホンの周辺人物

クォン・ヘヒョ:シン・チス役            ジャン・ヨンナム:大妃役
イ・ムセン:ジンピョングン役            ミン・ジア:キム尚宮役
チェ・キュジン:シン・イキョム役       ソ・ユナ:ソンファダン役
イ・ミウン:ジャン尚宮役                  パク・シウン:ゲファン役(友情出演)

イギュの周辺人物

ジョン・ヘヨン:ウンシム役                 イ・ユンゴン:ユ・ホジュン役
イ・キュハン:ジュ・ホゴル役              チェ・ムイン:イ・ハンジョン役
イ・チャンジク:ソ・ジャンウォン役     ジャン・ソンウォン:ジョンセン役

王になった男

出典:http://program.tving.com

写真のすべての権利は該当に放送局(tvn)にあります。

そして、内容の理解の為に動画と写真をお使いさせていただきます。

ドラマ「王になった男」11話あらすじ

君は誰だ。
王様を狙い始めた敵と王妃を救うためのハ・ソン

宮の王様が本当の王様ではないという事実が発覚された瞬間、世界は混乱になります。
これに関与された皆は死を免れない。
文字通り三族を滅ぼす罰を受けるしかない重罪でした。
シン・チスは、最後の方法を狙ってハ・ソンの痕跡を探しています。
大妃は虎視眈々王様を追い出すチャンスを狙って、府院君は直接乗り出しました。

このような状況で王妃は王様に向かって「誰?誰だ君は?」という怒りが混じった疑問をします。
自分の名前すら言えない王様と完全に似ているこの男の不慣れに戸惑いはどうしようもない状況につながるしかありませんでした。
振り返ってみると、不思議な瞬間はありました。

極と極を見せた王様の行動を単純に狂気が出た結果だと考えましたが、
知ってみたら、自分が愛して尊敬した王様は自分が知っている王様イ・ホンではなく、
道化師ハソンでした。
このとんでもない状況を受け入れるのは無理でした。
都承旨イ・ギュが一歩遅れて知って直接王妃を訪ねて、すべての状況を説明しました。

自分が王様と顔が似ている道化師を推薦し、狂気があった王様は、治療を受けている間、崩御されたという話までしました。
王様が死亡した事実を初めて明らかにしました。
王妃は王様の死亡の事実も知らなくて、道化師を愛しているという事実を、簡単に受け入れることができる事案だはありませんでした。

王妃はこの事実を朝廷大臣達に知らせることもできませんでした。
宮には、自分の味方は、自分を欺いたハ・ソンと都承旨イ・ギュがすべてだからです。
このような状況では王妃ができる選択は出宮しかありませんでした。
都承旨イ・ギュが王妃の心を元に戻そうとしますが、すでに防ぐことができない状況に至った状態でした。

王妃が出宮をしましょう一番最初に反応したのは大妃でした。
何とか王妃を振って崩そうとした大妃としては、この機会に王妃を完全に取り除いてしまいたい気持ちが切実でした。
出宮を口実に死薬まで下すという大妃に向けてハ・ソンは強く反論しました。

都承旨イ・ギュも王妃を防ぐことができないことを悟り、廃庶人にすること以外は方法がないと知っていました。
少なくとも王妃の命を生かす方法は、廃庶人が最善だったからです。
しかし、ハ・ソンの考えは違いました。
都承旨イ・ギュが夢見る人々の皆が幸せになる国に王妃が射ない事はありえない事だと思いました。

「その国には王妃ママと必要です」

ハ・ソンのこの発言に都承旨イ・ギュも仕方ありませんでした。
自分の信念に反する行動をすることはできないことだからです。
明国の使臣の訪問まで控えた状況で、王様が宮を空けることは危険な行動でした。
しかし、都承旨イ・ギュはハ・ソンを防ぐことができませんでした。
ただし三間の末尾を与えるとして、その時間内に王妃を連れて来ることを願う心で言いました。

王様の不在を隠すために狂気の王様を演技するジョ内官の死闘は、一部は成功しましたが、永遠に隠すことはできませんでした。
王様が狂気である事を確認するための手順が必要でした。
シン・チスと府院君は正常を越えても、あんまりにも立派な王様になってしまった
彼を恐れていた中に狂気が再発したという事実に安堵していました。

誰の制止も無く王様の不在を確認できる唯一の人物である大妃を利用した彼らは確信を持つようになりました。
大妃は、この機会に王様まで追い出したい気持ちが切実でした。
狂気が再発したとするが、そこに王様は存在しませんでした。
王妃が出宮したと王様が消えました。

大妃の立場では、重要な時期に王様と王妃が外遊を行ったと誤解する可能性がある状況でした。
大妃と対立を立てた都承旨イ・ギュは、王様の不在を狙って権力をむさぼ大妃に怒りました。
都承旨イ・ギュと激怒した大妃の衝突は、今後どのような状況につながるか予測させました。

王様が不在した事実を知ったシン・チスは明国の使臣が滞在している開城に走って行きました。
府院君は兵を動員し王様を殺そうとする試みを開始しました。
全方位的に圧迫が来る状況でハ・ソンが訪れたのは、府院君が流刑されたところでした
出宮をした王妃は、その最後に、父に会いに来ました。

王様の護衛武士であるジャン・ムヨンの助けを借りて父と再会した王妃はとめどなく泣くしかありませんでした。
父と過ごす一晩。
その夜王妃は自分が愛した王様ハ・ソンを考えるしかありませんでした。
何度もじっくり考えてみても、自分が愛した人がハ・ソンに間違いなかったからです。

眠れず原野に立って王妃が入った流刑地だけ眺めるハ・ソンはそのまま王妃を迎えに一人でそこに向かう途中、王妃が姿を消した事を知ることになりました。
王妃は最終的に父に食事を用意してあげて自殺するつもりでした。
秘密を暴露することもできなく、かといってその秘密を一人で抱いて生きる事もできない状況でした。

しかし、崖の前に立った王妃を防いだのははハ・ソンでした。
自分のために生きてほしいというハ・ソンの話に王妃の心を揺さぶったが、
だからこそ愛を戻すことはできませんでした。
そんな王妃の心を完全に回したのは、逆説的に府院君の部下が射た矢でした。

王妃を救うために、自らの矢に刺されたハ・ソン。
そんなハ・ソンを抱きしめて「殿下」と叫ぶ王妃の姿は感動的でした。
この叫びは、周辺に危機を知らせるための選択でもありましたが、
王妃の心の中の道化師ハ・ソンは、本当の意味の王様に受け入れるためであったからです。

ドラマ「王になった男」11話動画

ドラマ「王になった男」11話視聴率

ドラマ「王になった男」11話視聴率は9.3%です。

ドラマ「王になった男」1話~16話の予告

ドラマ「王になった男」1話~16話の放送スケジュール

2019年2月 18日 ドラマ「王になった男」 12話

2019年2月 19日 ドラマ「王になった男」 13話

最後に

シン・チスの手練に一緒に手足を合わせて都承旨イ・ギュを脅かす明国の使臣。
そして朝鮮を侵略しようとする後金の行為まで複雑な状況の中で、王様を殺害しようとする大妃と府院君の脅威まで加えられ、より複雑な状況になりました。
自分が愛する人のためなら命も捨てることができる男ハ・ソンは果たして本当の王様になって王妃と幸せになれるのでしょうか?

ヨ・ジング,イ・セヨン,ドラマ「王になった男」,왕이 된 남자

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »