「王になった男」6話 – 狂人ヨ・ジングと恋に落ちたヨ・ジングの宿命の始まり

ドラマ「王になった男」6話を紹介します。

狂人になってしまった王様イ・ホンと聖君になっていく道化師ハ・ソンが市場町で遭遇したました。
道化師ハ・ソンは中殿ユ・ソウンの手を握っていて、その姿を見た王様イ・ホンは怒りました。
取り返しのつかないこの状況は、最終的にどちらかは死ぬしかない運命という仕方ない選択をすることになると思います。
二人が出会う瞬間与えられた宿命でしょう!

自分が愛している中殿ユ・ソウンの手を握っている道化師ハ・ソンに王様はどんな態度を見せるでしょうか?
「俺が本物の王様だ!」と叫ぶでしょうか?
それとも、今は仕方ないから知らんぷりをするしかないでしょうか!

早速王になった男6話を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ドラマ「王になった男」6話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「王になった男」の公式ページを参考で翻訳しております。

ドラマ「王になった男」情報

製作陣
演出:キム・ヒウォン
脚本:キム・ソンドク、シン・ハウン
原作:映画、「光海、王になった男」
出演:ヨ・ジング、イ・セヨン、キム・サンギョン外
放送日:月曜日、火曜日の午後9:30〜
放送期間2019年1月7日〜
放送回数16部作+スペシャル1部作
チャンネル:tvN

ドラマ「王になった男」キャスト

主要人物

ヨ・ジング:ハ・ソン役 – 道化師
ヨ・ジング:イ・ホン役 – 王様、ソウンの夫
イ・セヨン:ユ・ソウン役 -王妃
キム・サンキョン:イ・ギュ役 – 都承旨、号はハクサン(朝鮮王朝時代, 承政院の首席の官職.)

ハソンの周辺人物

ジャン・グァン:ジョ內官役   ユン・ジョンソク:ジャン・ムヨン役
シン・スヨン:ダルレ役     ユン・キョンホ:ガプス役

ソウンの周辺人物

オ・ハニ:エヨン役                キム・スジン:パク尚宮役(友情出演)

イ・ホンの周辺人物

クォン・ヘヒョ:シン・チス役            ジャン・ヨンナム:大妃役
イ・ムセン:ジンピョングン役            ミン・ジア:キム尚宮役
チェ・キュジン:シン・イキョム役       ソ・ユナ:ソンファダン役
イ・ミウン:ジャン尚宮役                  パク・シウン:ゲファン役(友情出演)

イギュの周辺人物

ジョン・ヘヨン:ウンシム役                 イ・ユンゴン:ユ・ホジュン役
イ・キュハン:ジュ・ホゴル役              チェ・ムイン:イ・ハンジョン役
イ・チャンジク:ソ・ジャンウォン役     ジャン・ソンウォン:ジョンセン役

王になった男

出典:http://program.tving.com

写真のすべての権利は該当に放送局(tvn)にあります。

そして、内容の理解の為に動画と写真をお使いさせていただきます。

ドラマ「王になった男」6話あらすじ

狂人と聖君間

重陽節デートに舞い上がった道化師ハ・ソンと中殿ユ・ソウン、

妹ダルレのお陰で街に出た王様イ・ホン。

人生の初のキスにしゃっくり

書庫で眠ってしまった道化師ハ・ソンに愛の告白をしてキスをした中殿ユ・ソウン。
その驚くべき経験に道化師ハ・ソンの応答はしゃっくりでした!
一目ぼれして片思いになった相手にされた人生の初のキスの道化師ハ・ソンができることはあまりなかったですね。
仲良くなるといけない相手ですが、道化師ハ・ソンの心はすでに中殿ユ・ソウンに向かっていました。

心を開くようにした中殿ユ・ソウン

自分が過去愛した男イ・ホンの姿に戻ったようで心を開くようにした中殿ユ・ソウンも恋に夢中でした。
中殿ユ・ソウンは宮に行く途中にも王様と遠ざかることが残念でゆっくり歩く中殿ユ・ソウンもすっかり恋に陥ています。
その相手が顔だけ似ている道化師ハ・ソンであるという事実は、全く知らずに。

一方、大同法を施行するために連れて来たジュ・ホゴルが誰かに暗殺されました。
もちろん、実際には暗殺されてませんが、使嗾した左議政シン・チスの息子シン・イギョムはジュ・ホゴルが死亡したと確信していました。
死体安置所に血が付いてるジュ・ホゴルを確認したので彼が死んだと確信しました。
しかし、これは、都承旨イ・ギュの計略でした。

(大同法:朝鮮王朝中期・後期に、現物で納めていた貢ぎ物を米穀で換算して納めさせた法。)

都承旨イ・ギュの逆襲

天才的な計算能力を持つジュ・ホゴルではないと、現在の散在している不正を把握することが容易ではありません。
道化師ハ・ソンの市場で身につけた優れた能力で、ジュ・ホゴルの心をひきつけるのに成功しましたが、ジュ・ホゴルの登場が相手にどのような恐怖を与えるのか、既に知っていた都承旨イ・ギュは、これを計算して逆襲をしました。

ジュ・ホゴルが死亡したと確信していた左議政シン・チスは猛攻撃を浴びせ戸曹判書を攻撃し始めました。
横領の証拠が存在するが、簡単に把握することが困難な状況で無条件問題に言及した彼らの攻撃は左議政シン・チスとその仲間達の乱暴を防いだのはジュ・ホゴルでした。
都承旨イ・ギュの戦略で逆襲を受けた左議政シン・チスは自分の右腕を失ったことも足りず、恥ずかしい状況と向き合うことになりました。

功臣という理由で処罰を受けることができない現実の中で最も屈辱的な方法を都承旨イ・ギュは知っていました。
道化師ハ・ソンは自分の妹ダルレを残酷に貪ったシン・イギョムを殺したい心ですが、
今の自分には何もできない状況で、都承旨イ・ギュの妙手に喜びました。
左議政シン・チスに直接息子に鞭を持つようにさせました。

左議政シン・チスに恥をかかせる

朝廷大臣たちが見守る中で息子のふくらはぎを叩くことは、最悪な事でした。
直接しつけを命じ、左議政シン・チスが自ら恥を感じさせるこの妙手は視聴者達の心もすっきりしてくれる方法でした。
もちろん、このような攻撃のために左議政シン・チスの怒りは抑えられなくなりました。

都承旨イ・ギュが願った世界に必要な存在

都承旨イ・ギュが願った世界を作ることができる王様が存在しています。
王様がだれなりとかまわないです。
道化師でも王族でも都承旨イ・ギュにそれは問題になりませんでした。
どんな思いで王様の地位でしっかり仕事をすることができるかが大事でした。
道化師ハ・ソンは都承旨イ・ギュが夢見る世界を作ることができる最適の存在でした。

ジュ・ホゴルの決心

大同法の実行のために意志を再び示した道化師ハ・ソンによりジュ・ホゴルも決心しました。
都承旨イ・ギュを避けて朝廷のために何かをする事自体を否定的だった彼は、王様の固い意志を見て確信を持ちました。
このような王様のためなら自分の命をかけることができるという忠誠でした。

中殿ユ・ソウンが惚れたことは当然

民を優先と考えている王様なら当然、聖君になるしかありません。
そんな聖君の姿を現し始めた道化師ハ・ソンに中殿ユ・ソウンが惚れたこと当然のことかも知りません。
民のために生きていこうという姿だけではなく、自分に見える感情が愛だということが明確に伝わったからです。

大妃が中殿ユ・ソウンを狙っている

問題は、大妃が中殿ユ・ソウンを狙っているということです。
中殿ユ・ソウンに子供を妊娠することができないようにするために、白花茶を飲むように誘導しました。
このことにより、中殿ユ・ソウンは避接をいくことができました。
宮殿を離れ私家で休めることができる機会を得ることになったが、中殿ユ・ソウンは、このような休暇が楽ではないです。

中殿ユ・ソウンの避接

王様の愛が深まっている状況で、宮を出ることが嬉しいことでは無かったからです。
王様のそばで一日中でも一緒にいたい気持ちは中殿ユ・ソウンに私家は、楽より居心地よいより不安でした。
少しでも離れたくない中殿ユ・ソウンの心は切なさまで感じるくらいでした。

ハソンとジョ内官

しゃっくりをする王様に生姜茶をもってきた中殿ユ・ソウン。
中殿ユ・ソウンを帰らせた道化師ハ・ソンはジョ内官に生姜のトラウマを話しています
子供の頃こっそり生姜を盗んで食べてお腹を壊した後から自分は食べることができないと言いました。
自分に合わないものは欲張らない方が良いとジョ内官は、単に生姜の事を話したわけではなかったです。
道化師ハ・ソンは中殿ユ・ソウンを貪っちゃいけないという意味の話でしたが、ハソンが彼の心を分かるでしょうか。

自分は飲むことができませんが、中殿ユ・ソウンの心を考えて、そのまま返さないでジョ内官に飲むように勧める道化師ハ・ソンの心も愛ですね。
中殿ユ・ソウンのためなら何でもすることができる心がまさに道化師ハ・ソンの現在の心です。

中殿ユ・ソウンが避接を行った後、道化師ハ・ソンも息苦しさの連続でした。

都承旨イ・ギュが襲撃を受ける

都承旨イ・ギュはこのような状況に襲撃を受けました。
乞食の子供たちにお金をあげたら、唆されたその子供の刃物に刺されてしまいました。
誰唆されたのかはっきりわかりませんが、殺すことが目的ではなく、警告という点で
左議政シン・チスかジンピョン君である可能性が高かったです。
どんな方法でも使って王座を占めてたい二人に公共の敵は都承旨イ・ギュだからです。

左議政シン・チスとジンピョン君

実質的な権力を握った左議政シン・チスと大妃を背負って王様になろうとするジンピョン君は虎視眈々一つの座を狙っていました。
ジンピョン君は兵士たちを集めて訓練をさせるなど、静かだが強力な力を育てる事に余念がなかったです。
ジンピョン君は自分が狙う王座のためには大妃も除去することができる存在でした。

堂々とするだけだった左議政シン・チスが屈辱を受け、都承旨イ・ギュが奇襲攻撃を受けるなど、状況は複雑に流れ始めました。

ハ・ソンと中殿の愛は頂点に向かう

このような状況でも、道化師ハ・ソンと中殿ユ・ソウンの愛は頂点に向かい始めました
妹ダルレの安否を確認するために、単独で潜行に出た道化師ハ・ソンは妓樓(妓楼、遊女屋、女郎屋)前で武官ジャン・ムヨンに会いました。

自分を知らないジャン・ムヨンに妹ダルレに会うためだと言うこともできない状況で、
道化師ハ・ソンは民を見るために潜行をしたと言うしかありませんでした。
王様に会いたくて3日目で再び宮に向かっていた中殿ユ・ソウンは中宮殿本邦內人の頼みで重陽節をしばらく楽しむことにしました。

運命のような遭遇

運命のように道化師ハ・ソンと中殿ユ・ソウンは重陽節でにぎやかな橋の上で遭遇することになりました。
偶然のような必然のような彼らの愛は、そのように、さらに深まるしかなかったです。
宮に一緒に行こうという王様にしばらく重陽節を楽しみたいとお願いする中殿ユ・ソウン。
道化師の公演を見ていた中殿ユ・ソウンは辛くなりました。
自分を嘲笑する話が繰り広げられていたからです。
(重陽節:昔の重陽の節句;九月の節句;菊の節句。)

昔、道化師ハ・ソンもしていた公演を中殿ユ・ソウンが直接見ている状況を我慢してみる事は無理でした。
中殿ユ・ソウンの手を握って走り始めた道化師ハ・ソンはこれが夢であるように願っていました。
しかし、この夢は長くは続かなかったです。

兄!

人々でいっぱいの市場通りで「兄」という声にハソンが振り返って見たからです。

衝撃で声を失った妹ダルレは兄と思った王様イ・ホンを呼ぶために努力してある瞬間,

声が出るようにまりました。
同じ空間にいた道化師ハ・ソンと王様イ・ホンは、その声に反応しました。
この決定的瞬間は悲しく伝わりますね。
壊れていく状況の中でも王様イ・ホンは中殿ユ・ソウンを愛しています。

ドラマ「王になった男」6話動画

ドラマ「王になった男」6話視聴率

ドラマ「王になった男」6話視聴率は7.6%です。

ドラマ「王になった男」1話~16話の予告

ドラマ「王になった男」1話~16話の放送スケジュール

2019年1月 28日 ドラマ「王になった男」 7話

2019年1月 29日 ドラマ「王になった男」 8話

最後に

愛する女性が他の誰でもない、自分と顔がそっくりの道化師の手を握っている姿を見ました。
王様イ・ホンが怒りしかない理由だと思います。
狂気漂う王様イ・ホンを兄であると考えてお寺に閉じ込められた彼を解放した妹ダルレ
そう始まった王様イ・ホンの狂気は取り返しのつかない状況を作るしかないように見えます。
本格的なストーリー展開になった「王になった男」は、一人で二人の主人公はどんな姿を見せてくれるでしょうか!
妹のダルレの声を聞いたハ・ソンがどのように対応したいですか?
そして王様イ・ホンはどのようにハソンを膺懲するでしょうか?
来週にもご紹介いたします~~

ヨ・ジング,イ・セヨン,ドラマ「王になった男」,왕이 된 남자

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »