王になった男8話 – 暴君ヨ・ジングを殺したキム・サンキョン、本物の王様になった道化師の話

ドラマ「王になった男」8話を紹介します。

宮に戻ってきた王様イ・ホンは狂奔しました。
自分の代わりに王様の役割をしていた道化師ハ・ソンを殺すように命令して、
ハ・ソンを愛した王妃に死薬を下しなさいという命令まで下しました。
そして邪悪なシン・チスに全権を下すという発言までしながら極端な歩みを続けました。このような王様は、結局は国を滅ぼすしかないことを都承旨イ・ギュは確信していました。

帰ってきた暴君を都承旨イ・ギュはどのようにするでしょうか?
王様イ・ホンの運命がどのように変わるのか王になった男8話で確認してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ドラマ「王になった男」8話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「王になった男」の公式ページを参考で翻訳しております。

ドラマ「王になった男」情報

製作陣
演出:キム・ヒウォン
脚本:キム・ソンドク、シン・ハウン
原作:映画、「光海、王になった男」
出演:ヨ・ジング、イ・セヨン、キム・サンギョン外
放送日:月曜日、火曜日の午後9:30〜
放送期間2019年1月7日〜
放送回数16部作+スペシャル1部作
チャンネル:tvN

ドラマ「王になった男」キャスト

主要人物

ヨ・ジング:ハ・ソン役 – 道化師
ヨ・ジング:イ・ホン役 – 王様、ソウンの夫
イ・セヨン:ユ・ソウン役 -王妃
キム・サンキョン:イ・ギュ役 – 都承旨、号はハクサン(朝鮮王朝時代, 承政院の首席の官職.)

ハソンの周辺人物

ジャン・グァン:ジョ內官役   ユン・ジョンソク:ジャン・ムヨン役
シン・スヨン:ダルレ役     ユン・キョンホ:ガプス役

ソウンの周辺人物

オ・ハニ:エヨン役                キム・スジン:パク尚宮役(友情出演)

イ・ホンの周辺人物

クォン・ヘヒョ:シン・チス役            ジャン・ヨンナム:大妃役
イ・ムセン:ジンピョングン役            ミン・ジア:キム尚宮役
チェ・キュジン:シン・イキョム役       ソ・ユナ:ソンファダン役
イ・ミウン:ジャン尚宮役                  パク・シウン:ゲファン役(友情出演)

イギュの周辺人物

ジョン・ヘヨン:ウンシム役                 イ・ユンゴン:ユ・ホジュン役
イ・キュハン:ジュ・ホゴル役              チェ・ムイン:イ・ハンジョン役
イ・チャンジク:ソ・ジャンウォン役     ジャン・ソンウォン:ジョンセン役

王になった男

出典:http://program.tving.com

写真のすべての権利は該当に放送局(tvn)にあります。

そして、内容の理解の為に動画と写真をお使いさせていただきます。

ドラマ「王になった男」8話あらすじ

暴君の死
道化師ハ・ソンの存在を知ったシン・チスと本当の王様になったハ・ソン

王様の息子として生まれましたが、一度も王様に父と呼べなかった世子は気が引けていました。
王様としての資質を整えていましたが、そんな彼を台無しにしたのは臣下の誤った選択でもありました。
大妃の勢力から世子を守るために、選択したシン・チスが、最終的に国を食い入るとは想像もできなかったからです。

気が弱かった王様は大妃の息子に死薬を下した後、ひどい苦痛から逃れることができませんでした。
血を呼ぶ王様の座は、ある意味イ・ホンには身に余る座だったのかもしれません。
聖君になろうとしていた欲求は強かったですが、そんな座に上がるためにどのように苦しい闘争をしなければならないのかは分からなかったからです。

宮に帰ってきた王様イ・ホンは自分の役割をしている道化師ハ・ソンを追い出しまし。
そして、彼の首を持ってこいとジャン・ムヨン武官に指示をしました。
自分ではない道化師を愛した王妃が嫌いで、合房日を急いで捕まえました。
しかし、王妃は知ることができない感情に王様を拒否しました。
王妃は自分が愛していた優しい王様ではなく、憎んだ王様の姿に戻った彼を受け入れることはできなかったです。

死に至る薬に中毒されたイ・ホンは、何もしっかり判断することができる状況ではありませんでした。
シン・チスと手を握って徐々に死に導いたキム尚宮で精神が混乱していくばかりでした
獣の餌に投げ込まれたハ・ソンは生きていました。
ジャン・ムヨン武官の手を握って窪から上がってきたハ・ソンは再び宮に行くとしました。

ジャン・ムヨン武官は、ハ・ソンにはむしろ逃げることを提案しましたが、命より大切な人達のためにそんなことは出来ないと言うハ・ソンは再び宮に向かいました。
そして都承旨イ・ギュに会ったハ・ソンは自分が王様になりたいと言いました。
生きて帰ってきたハ・ソンを見て涙まで流した都承旨イ・ギュは王様の座は「獣の座」だと言いながらひどい痛みに耐えることができるのかと尋ねました。

再びハ・ソンのそばを離れれないと念を押した都承旨イ・ギュはハ・ソンと一緒に世界を変えたいと思っています。
王様イ・ホンと一緒に変えようとしていた世界は彼の没落で崩れてしまいましたが、
天運にイ・ホンとそっくりなハ・ソンが登場しました。
心も優しいハ・ソンなら、自分が望む世界を作ることができると都承旨イ・ギュは確信していました。

一方、イ・ホンによって再び宮に戻ってきたシン・チスは意気揚揚でした。
苛斂誅求を再び地方の受領に下り、自分の息子には要職を任せる事をしました。
貪欲に満ちたシン・チスは王様の選択を受けたと確信して王様の前に立ちましたが、
彼が眺める王様がイ・ホンではなく、ハ・ソンであるという事実はわかりませんでした。

都承旨イ・ギュは、すでにすべての準備を完了していました。
王名を飾って大妃殿を封鎖しました。
これはシン・チスが大妃を廃位させようとしたと信じさせるためでした。
その宮に入ったシン・チスと苛斂誅求に任命状ではなく、義禁府に行かせてしまう事も都承旨イ・ギュのアイディアでした。

シン・チスの息子であり、ハ・ソンの妹ダルレを犯したシン・イギョムに要職ではなく、石だけがある島に行かせた彼らは王名を拒否することができなくなりました。
そして苛斂誅求を推薦されたシン・チスは左議政座を奪われてしましました。
自分を信じてまかせると言った王様が、なぜ自分にこんなひどい事をするのかと問う彼が納得できる返事をしてあげました。
正しく政治をするようにさせたのに、悪質な者を地方受領に推薦したので、
これ以上は国のことをすることができなくさせなければならないという論理が成立する!最大の敵であったシン・チスを左議政の座で下しましたが、それにすべてのリスクが消えたことはありませんでした。

大妃は、自分を支持する勢力を介して王様を押し出して、新しい王様にジンピョン君を
王様として擁立しようとする試みを具体化しました。
しばらく廃位危機に追い込まれましたが、シン・チスを追い出す用途だっただけでした
再び自由を得た大妃は、自分を支持する勢力の前で、本格的な復讐を誓いました。

誕生日に浪費するよりも民を先に考える王様。
カメ模様の金をプレゼントしたソンファダンを責めながらこの金で民を助けると言ってから王様ハ・ソンは王妃のソウン以外にはありませんでした。
しかし、王妃ソウンは変な雰囲気を自ら感じました。
昼間は限りなく優しい王様が突然変貌して狂気じみ存在で自分を訪ねました。

顔は同じだが、あまりにも異なる二人の王様のせいで混乱していた王妃はある瞬間、
分かるようになると思います。
もちろん、そんなことができる相手が消えて、比較する事が不可能になり分からなくなることも可能ですが、王妃より王様が変わったことに何となく気付いたのはキム尚宮でした!
王様の至近距離での世話をしているキム尚宮はイ・ホンの耳の傷を見ました。
薬に酔って悪夢に苦しめられて、自分の耳を刺したイ・ホンの傷でした。
しかし、ハ・ソンにそのような傷があるわけありませんでした。
一日だけの傷が消えることはないはず。
不思議と思ったキム尚宮と王様と顔が同じ道化師を見たキム・ジボンの話を聞いた
シン・チスは確実な反撃のカードを持ちました。

自分を追い出した王様が道化師であれば、名分が存在することができます。
現在の王様を追い出して、他の人が王様になることができる名分。
しかし、その簡単にやられる都承旨イ・ギュとハ・ソンではないという点で、
お互いの激しい頭脳戦が面白くつながると期待されます。

自分の誕生日にワカメスープを洞窟の中で食べた王様イ・ホンは都承旨イ・ギュと一緒に海に向かいました。
王様が愛した後宮の息子として生まれたのイ・ホン。
しかし、王様が愛した後宮が自分を生んで死亡するとイ・ホンは宮で大した存在の意味もありませんでした。
その大妃が生んだ息子イ・ユルを世子に冊封し王様にさせようとしました。

邪悪な大妃が息子を前面に出して国を支配しようとする行為を防ぐために都承旨イ・ギュと府院君はシン・チスを打ち出しました。
険しい事をすることができる者が必要だったからです。
残酷に王様の座を守りましたが、気が弱かったイ・ホンは、亡くなったイ・ユルの
幻影に苦しみながら自ら崩れていました。
その過程でシン・チスとキム尚宮の役割も一役しましね。

海辺でお酒を一杯飲んで宮に戻りましょうという都承旨イ・ギュの話にイ・ホンは楽しかったです。
そして、新しい決意もしました。
しかし、そのお酒に毒が入ってたという事実は知らなかったです。
血を吐きながら、いつか自分も、このような日が来ると知っていたと言いますが、生きたかったです。
王様として生きたかった不運なイ・ホンは、忠実な臣下である都承旨イ・ギュによって死を迎えることになりました。

王様を殺した臣下。
そして道化師を王様に仕えた臣下。
大同契と一緒に民のための世界を作ろうとしていた都承旨イ・ギュは暴君に狂っていった王様を殺し聖君の性質を持つ道化師ハ・ソンを王様と仕えました。
身分の貴賎がなく、誰もが幸せな世の中を夢見る都承旨イ・ギュに身分は意味がありませんでした。

ドラマ「王になった男」8話動画

王になった男【Blu-ray】 [ イ・ビョンホン ]

ドラマ「王になった男」8話視聴率

ドラマ「王になった男」8話視聴率は9.5%です。

ドラマ「王になった男」1話~16話の予告

ドラマ「王になった男」1話~16話の放送スケジュール

2019年2月 4日 ドラマ「王になった男」 9話

2019年2月 11日 ドラマ「王になった男」 10話

最後に

イ・ホンが死んだとイ・ギュが涙を流す場面は本当に感動的でした。

暴君になりましたが、不運な人生を生きるしかなかった王様イ・ホンは、
父のような存在だった都承旨イ・ギュにより除去されました。
本当の王様が消えた後に行われることは一触即発になるしかありませんでした。
王様に似た道化師がいるという話を聞いたシン・チスと彼と手を握った大妃によりあらゆる挑発が続くだろうからです。
1幕そのようにイ・ホンの死で終わり、2幕は本当の王様になった道化師ハ・ソンの話につながります。
本当に映画より面白いですね~~

ヨ・ジング,イ・セヨン,ドラマ「王になった男」,왕이 된 남자

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »