王になった男9話 – ヨ・ジング壁書とイ・セヨンロマンス、そして大同法

ドラマ「王になった男」9話を紹介します。

本当の王様イ・ホンが死んだ後、道化師ハソンが王様になりました。
完璧な事だと思いましたが、世の中に秘密は存在しませんでした。
いつもこんな秘密は最も知らせたくない人から分かるようになる不思議な法則!
シン・チスが聞いた王様の顔とそっくりの道化師の話は壁書で付くようになりました。
事実でなくても不快なことだが、自分の秘密を知っている誰かがいるという事実に
ハ・ソンが戸惑うのは当然のことでした。

たとえ道化師だが、賢明なハ・ソンがこの難関をどのように解いて行くでしょうか!
王になった男9話で確認しみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ドラマ「王になった男」9話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「王になった男」の公式ページを参考で翻訳しております。

ドラマ「王になった男」情報

製作陣
演出:キム・ヒウォン
脚本:キム・ソンドク、シン・ハウン
原作:映画、「光海、王になった男」
出演:ヨ・ジング、イ・セヨン、キム・サンギョン外
放送日:月曜日、火曜日の午後9:30〜
放送期間2019年1月7日〜
放送回数16部作+スペシャル1部作
チャンネル:tvN

ドラマ「王になった男」キャスト

主要人物

ヨ・ジング:ハ・ソン役 – 道化師
ヨ・ジング:イ・ホン役 – 王様、ソウンの夫
イ・セヨン:ユ・ソウン役 -王妃
キム・サンキョン:イ・ギュ役 – 都承旨、号はハクサン(朝鮮王朝時代, 承政院の首席の官職.)

ハソンの周辺人物

ジャン・グァン:ジョ內官役   ユン・ジョンソク:ジャン・ムヨン役
シン・スヨン:ダルレ役     ユン・キョンホ:ガプス役

ソウンの周辺人物

オ・ハニ:エヨン役                キム・スジン:パク尚宮役(友情出演)

イ・ホンの周辺人物

クォン・ヘヒョ:シン・チス役            ジャン・ヨンナム:大妃役
イ・ムセン:ジンピョングン役            ミン・ジア:キム尚宮役
チェ・キュジン:シン・イキョム役       ソ・ユナ:ソンファダン役
イ・ミウン:ジャン尚宮役                  パク・シウン:ゲファン役(友情出演)

イギュの周辺人物

ジョン・ヘヨン:ウンシム役                 イ・ユンゴン:ユ・ホジュン役
イ・キュハン:ジュ・ホゴル役              チェ・ムイン:イ・ハンジョン役
イ・チャンジク:ソ・ジャンウォン役     ジャン・ソンウォン:ジョンセン役

王になった男

出典:http://program.tving.com

写真のすべての権利は該当に放送局(tvn)にあります。

そして、内容の理解の為に動画と写真をお使いさせていただきます。

ドラマ「王になった男」9話あらすじ

都承旨イ・ギュは自分のすべてをかけて勝負をしています。
本当の王様を毒殺する極端な選択をしました。
王様だが、薬物に酔って死の恐怖に陥って崩れたイ・ホンをそのまま王様に仕えることはできないことでした。
民のための国を作るためには、道化師ハ・ソンが都承旨イ・ギュは切実に必要でした。

寂しい浜で、自分が仕えてきた王様を殺して大義のために進む都承旨イ・ギュの将来には、容易な事は一つもありませんでした。
王になった男ハ・ソンによってシン・チスは左議政の座で退かなければならないです。
しかし、王様の男だと自負していた者であり、自ら王様以上になろうとしていたシン・チスが大人しくする可能性はあんまりありませんでした。

シン・チスは失われた権力を取り戻すためにジンピョン君に会いました。
かつての宿敵であった二人が最初から親しくなることはできないことでした。
しかし、左議政の座で押し出されたシン・チスは誰よりも王様を憎むしかない者が
自分だといいながらジンピョン君を王様に擁立するとしました。

ジンピョン君としては悪くない選択でした。
自分の側に立つことができる者なら誰でもよかったです。
たとえイ・ホンの手足となって、自分の家族を殺した者でも今のジンピョン君は何の関係もありませんでした。
シン・チスはジンピョン君の心を捕らえるために妙手を組んでいました。
王様を振って崩すための決定的な事だと思いました。

王様の容姿とそっくりの道化師が存在するという話を聞いて龍眼を利用して道化師が王様役をしているという壁書をつけました。
当然、民は混乱するしかありませんでした。
戦争が起こる可能性があるという不安と道化師が王様になった発言は十分民心を振るレベルでした。

シン・チスが付けた壁書は王様ハ・ソンの手にまで入りました。
ハ・ソンは恐ろしくなりました。
誰か悪意のある側の者が自分の秘密を知っているなら、危険な事だからです。
壁書をつけたのは、確信しているよりは噂だけ聞いたからであり、確実に確認をするための試みだと都承旨イ・ギュは確信していました。

実際キム尚宮をさせて王様が本当に王様であることを確認しなさいとシン・チスは指示します。
ハ・ソンに薬を飲ませて眠らせて体の傷を確認するキム尚宮。
この程度は、都承旨イ・ギュが十分に知って準備できるレベルでした。
道化師ハ・ソンは死んで王様ハ・ソンとして生まれと言う意味で刃物をハソンの胸に刺したのは、本当の王様に擁立させるためであり、イ・ホンも胸に傷があったからです。

キム尚宮がこれを繰り広げることを知って罠を作った都承旨イ・ギュにより、状況は逆転しました。
怒っているハ・ソンの姿は完全に狂気のイ・ホンでした。
恐怖に震えているキム尚宮にシン・チスが壁書事件の主犯であるという事実を確認させてくれると生かしてあげるという都承旨イ・ギュ。
シン・チスの前で壁書事件を探ってみますが、彼もやはり下手ではありませんでした。
宮の中に広く広がった自分側を介して王様にキム尚宮が見付かったという事実を聞いていました。
しかし、明らかなことは、体の傷が確かに存在するという事実のためにシン・チスは
むやみに壁書事件を押し通すことができる状況は来なかったです。
しかし、そのようなシン・チスにお金を狙った目撃者は飛びかけてきました。

ウンシムが道化師ハ・ソンを知っているという話を聞いたシン・チスはガプスとダルレを探しなさいと命令します。
二人を見つけたら王様と似た道化師を確認できるようになるからです。
今の王様が道化師でなければ道化師を利用して自分の欲望を満たすことができるという考えをシン・チスもしました。

不安が深くなり始めるのとは異なり、王様になったハ・ソンと王妃の幸せな時間は極に向かい始めました。
王様のために手作り筆囊(筆入れ)を渡して、宮殿で手を組んだまま、幸せな二人の姿は、誰が見ても恋に落ちた恋人の姿でした。
これを目撃したジンピョン君は不安になり、大妃は王妃は子供を産むことができない言います。

書庫に自然になるように作られた王になった男ハ・ソンのロマンスは想像を超えました
本の間に入れておいた心を込めた文章は、王妃の心を捕らえるのに不足がありませんでした。
雪が降る日、王妃が戻ってくるというジョ内官のアドバイスを聞いて準備したイベントだったが、やはり期待したように宮で最も高いところでハ・ソンと王妃は会いました。

タイミングよく雪が降ってその雪の中でハ・ソンは王妃が書庫で初キスをしていた状況を再現します。
眠っていたと思っていた王様が自分の話をそのまま言う事実に驚きました。
そして書庫キスのように雪の日、二人はお互いの愛を確認するキスをしました。

すべてが完璧に見えました。
しかし、二人の関係は、変曲点に至るしかありませんでした。
都承旨イ・ギュが道化師ハ・ソンを王様に仕えたが、王妃を自分の女にすることは容認できない事でした。
身分が明らかあの時代では容認できなかったからです。
そして、いつかは王妃も自分が愛する人がイ・ホンではないという事実を分かるようになるでしょう!

大妃とジンピョン君は、シン・チスまで一体となって王様に対抗する構造となりました
強力なチームになった彼らを相手にする彼らは都承旨イ・ギュとジョ内官は、再び戻ってきたジャン・ムヨンがすべてでした。
ハ・ソンの正体を知っている彼らがチームになったようですね。
ここで事実を知っても、ハ・ソンを捨てない王妃まで加勢して敵と対抗する構図が作られることになります。

ドラマ「王になった男」9話動画

ドラマ「王になった男」9話視聴率

ドラマ「王になった男」9話視聴率は6.6%です。

ドラマ「王になった男」1話~16話の予告

ドラマ「王になった男」1話~16話の放送スケジュール

2019年2月 11日 ドラマ「王になった男」 10話

2019年2月 12日 ドラマ「王になった男」 11話

最後に

大同法施行を継続的に言及されていることも興味深いですね。
なぜ大同法が継続的に言及されているのでしょうか?
作家と監督の意図が見えるという点で、非常に興味深いですね。
大同法は、単純にお金持ちが税金を多く払うということです。
100を持った者が10を出して、10を持った者が1を出すこと。

当然なのですが、過去も今もまだ大同法は権力集団の抵抗を受けているようです。
すべてのものを持った者たちは、税金を支払うことが好きではないようですね!^^
さまざまな方法で抵抗をするから。
過去だけでなく、現在もたくさん持っている人に公平に税金を払ってもらう行為を
共産主義者の蛮行だと包装して攻撃する群れが存在するらしいです。
<王になった男>の中で、大同法に反対する群衆の行動が2019年現在もそのまま再現されているという事実が興味深いですね。
民と国民のために、より良い方法を探して行うことは当然のことです。
それにも関わらず絶対的にたくさん持っている者たちは、団体で抵抗をしますよね。

守旧のメディアは、歪曲された報道を平気でして、これを受けて政治家は国民を愚弄します。
一部の者たちは自分たちの立場とは関係なく、お金持ちの側に立つことを躊躇しないです。
この奇妙な群れの行動は、ある日突然、誕生したのではありませんでしたね。
昔、<王になった男>が住んでいた時代にも、存在していましたね~~
時代を反映した重要な要素に見える大同法をハ・ソンと都承旨イ・ギュがどのように実現させるだろうか。
期待しています~~~

ヨ・ジング,イ・セヨン,ドラマ「王になった男」,왕이 된 남자

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »