アルハンブラ宮殿の思い出の2話 – ヒョンビンが1年後に疲弊した理由1812r

「アルハンブラ宮殿の思い出」2話を紹介します。

最強のAR(拡張現実)ゲームが登場した後、1年が経ちました。
その華やかで自信満々だったユ・ジヌ(ヒョンビン)はなぜ1年が過ぎた後、
疲弊した姿でグラナダを訪れたのでしょうか?
最も華やかだったユ・ジヌの没落は、<アルハンブラ宮殿の思い出」のテーマが込められているという点で重要だと感じました。

ボニタホステルを指摘したのは、そこがチョン・セジュ(チャンヨル)の家だったからです。
そしてユ・ジヌが頑張って(?)追い詰めた女性がまさにチョン・セジュの姉でした!
未成年者のチョン・セジュが作った最強のゲームを買うために姉のチョン・ヒジュが決定をしなければならない状況になりました。
そんなチョン・ヒジュに暴言を言い放ちたユ・ジヌは慌てました。


果たしてユ・ジヌはどのようにこの難関を乗り越えるでしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「アルハンブラ宮殿の思い出」1話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「アルハンブラ宮殿の思い出」の公式ページを参考で翻訳しております。

ドラマ情報

放送時間:毎週土・日曜日夜9時30分~

制作陣:演出ーアン・ギルホ、脚本ーソン・ジェジョン

ジャンル:ロマンスドラマ

出典:http://program.tving.com/tvn/tvnalhambra/11/Board/View

写真のすべての権利は該当に放送局(tvn)にあります。

「アルハンブラ宮殿の思い出」登場人物

主要人物

ユ・ジヌ役———————ヒョンビン

ジョン・ヒジュ役————–パク・シネ

チャ・ヒョンソク役————パク・フン

その他

オ・ヨンシム役————–キム・ヨンリム            ジョン・セジュ役————チャンヨル

ジョン・ミンジュ役———イレ                           キム・サンボム役————イ・ハクジュ

イ・スジン役—————-イ・シウォン               チャ・ビョンジュン役——–キム・イソン

イ・スキョン役————–リュ・アベル               パク・ソノ役—————–イ・スンジュン

ソ・ジョンフン役———–ミン・ジンウン             チャ・ヤンジュ役————-チョ・ヒョンチュル     

コ・ユラ役—-ハン・ボルム, マルコ・ハン役—-イ・ジェウク, ノ・ヨンジュン役—パク・ジヌ

「アルハンブラ宮殿の思い出」2話のあらすじ

ユートピアとディストピアの間

AR(拡張現実)ゲームの未来は果たしてどんな姿だろうか?
災難と歓喜の間にユ・ジヌが立っています。

最悪の状況を迎えたから簡単に退くユ・ジヌではありません。
国内最高のホールディングカンパニーを作ることが容易ではないので、それほど人々に
対処することも上手だという意味です。
チョン・セジュの連絡を受けて、それよりも先に家に来て待っているユ・ジヌは、
彼が作ったゲームを一晩中やってみて確信を持ちました。
このゲームを絶対に逃してはいけないという確信!
世界を完全に変える世紀の傑作!
出てくる瞬間パラダイム自体が変わるしかないAR(拡張現実)ゲームは、
ユ・ジヌを魅了させました。
さらに、今は敵になってしまったチャ・ヒョンソク(パク・フン)が、
このゲームを欲しがっている事実を知った後は、さらに逃せないものになってしまいました。

ユ・ジヌは就寝中に聞いた横説竪説する(縦横する)チョン・セジュの話の中に
チャ・ヒョンソクが100億を払うという話にすぐに反応しました。
絶対、チャ・ヒョンソクに奪われないと言う確信!
復讐のためにも、このゲームは、必ずユ・ジヌが持たなきゃいけないものでした
一緒に事業を大きくさせてきたけど、今はライバルであり、自分の妻さえ奪ったチャ・ヒョンソクと7回目の対決は、絶対に負けたくなかったです。

一日前に到着したユ・ジヌはチョン・セジュがすぐにグラナダに到着するという知らせを聞きます。
彼らは、自分が誰であり、なぜこのホステルに滞在しているのかも知りません。
そして、チョン・セジュが何の仕事をしているのかすらわかりません。
100億ではなく、100兆を超える事業価値のゲームを作った人がすぐにグラナダに到着する予定です。
到着するはずだったグラナダにチョン・セジュは降らなかったです!
その汽車の中で襲撃を受けたチョン・セジュは消えました。
どこに行ったかも知ることができません。
明らかな事実はチョン・セジュは、ゲーム中に存在しているということです。
現実とゲームという曖昧な境界の中でチョン・セジュが消えたその空間は、すべてのものを解きほぐす鍵となるでしょう。

予定と違って、消えたチョン・セジュをユ・ジヌは探してみますが、容易ではないです。チョン・ヒジュとの関係も漠然として、チョン・セジュが約束どおり来なくても捜さない彼らを見て、気に入らなかったユ・ジヌはグラナダで元妻であるイ・スジンと妻の妹であるイ・スキョンを見ます。
ソウルでもなく、バルセロナでもないグラナダで、彼女たちを見る事は想像もしませんでした。
しかし、イ・スジンがグラナダを訪れたのは、そこにチャ・ヒョンソクがいることを意味します。
ユ・ジヌはすぐにゲームに接続しました。
ゲーム世界にチャ・ヒョンソクがいると確信したからです。
実際、チャ・ヒョンソクは、すでに次のラウンドのゲームを進行していました。
このゲームの真価を確認を確認したチャ・ヒョンソクはユ・ジヌを誘発するのに余念がありませんでした。
自分よりレベルの高いチャ・ヒョンソクとゲーム上での戦いは百戦百敗をするしかありません。
ゲームのルールは、あまりにも残酷なほど冷静だからです。
高いアイテムを持つ者を勝つことは現実では卵で岩を打撃する事に似ているからです。
明確なことは絶対にゲームをチャ・ヒョンソクに奪われることはないということです。

自分の正体を表わしチョン・ヒジュ(パク・シネ)を説得し始めたユ・ジヌ。
ジェイウォンホールディングスは、とても有名な会社でした。
グラナダに住んでいる、チョン・ヒジュがよく知らなかっただけで、誰もが羨望する会社がジェイウォンホールディングスです。
それだけにチョン・ヒジュが頼る兄であるサンボムは、ユ・ジヌをよく知っていました。

畏敬を感じているユ・ジヌは冷静でした。

ユ・ジヌは「〜のような」とか「分身のような…」という修飾語が好きではありません。
彼は一緒にビジネスをしていた友人と別れて、今は敵になり、お互いを勝つために血眼になっているからです。
かつて最も親しかった友人が敵になった状況で、誰を信じることができるだろう!
しかも、妻が離婚後に自分の友人の妻になる、とんでもないことが起こってユ・ジヌは誰も信じられなくなりました。

再婚して1年を一緒に暮らした、現在の妻も、自分の財産の半分を要求する離婚訴訟を行っています。
家族も信じがたい状況でユ・ジヌが信頼できるのは、自分以外はありません。
彼が鋭くなった理由も、そのような経験を通って生じた不信のせいでした。
そんな彼がチョン・ヒジュに1年後を話し始めました。

チョン・セジュが作った新しい世界はすべてのものをひっくり返すだろう。
グラナダは、世界のすべての人々が訪ねる特別な空間になると確信していました。
チョン・ヒジュにホテルを買って楽に暮らしなさいと言う話もします。
もうすぐ倒れそうに見えるホステルも借金がいっぱいの状態なのに、ホテルを買いなさいと言うユ・ジヌの発言は、不合理だとしか感じませんでした。

ユ・ジヌが、このような発言をするのは、チョン・セジュのゲームを契約するためには、チョン・ヒジュの役割が絶対的だからです。
もちろん、チョン・セジュが大人になれば変わる話だが、未成年者の状態であれば、
チョン・ヒジュが決定権を持っているからです。
これを分かっているユ・ジヌはチョン・ヒジュにすべての牌をスローします。
古いボニタホステルをユ・ジヌが引き受けする理由は、投資でした。
チョン・ヒジュの心を買うために何十億程度使うのは不思議では彼とってありませんでした。
どうせ決定をするチョン・ヒジュの心をつかむことが重要だからです!

しかし、これまで何が起きたのでしょうか?
ユ・ジヌが予想していた1年後に再びグラナダを訪れた彼は全く別の姿でした。
ユ・ジヌは1年後にグラナダは「魔法の都市」になると確信していました。
AR(拡張現実)ゲームの聖地を訪ねるための世界の人々で賑わうと確信していました。
これは、すぐにお金になるというバラ色の予想は半分だけ当たりました。
どんな形の半分の世界が来たのか知ることはできませんが、すべてが幸せにすることができないということだけは明確でした。

飛行機ではなく、電車でグラナダを訪れたユ・ジヌ。
みすぼらしい姿の彼はびっこをひいていました。
グラナダ駅に到着する前にチョン・セジュには襲った暗雲と雷が鳴り始めました。
これは、ゲームのスタートを知らせる信号です。
チョン・セジュがそうだったように、すべてのものは、再び汽車の中で始まったからです。

びっこをひいてた脚は、ゲームが始まると正常になりました。
彼はトイレで銃で武装したまま汽車の中で敵と戦い始めました。
無数降り注ぐ敵と相対して戦うユ・ジヌ。
彼は生きていく1年後にグラナダは果たしてどんな姿になるでしょうか?
ゲームで新世界を開くと思ったユ・ジヌの話は、誤った判断だったのでしょうか?

AR(拡張現実)ゲームってなに?

Augmented Realityオグメンティードリアリティ;
増強現実、拡張現実、
人が知覚することができる現実環境をコンピュータ・センサーを介して拡張する技術の総称。
または、そのような技術に拡張させた現実環境(略:AR)(=拡張現実)(→AR眼鏡)

AR眼鏡や機器などを利用して、仮想の3D映像が現実空間で実物のように動くようにするなどの技術を指します。

「アルハンブラ宮殿の思い出」動画

「アルハンブラ宮殿の思い出」は日本のNetflixで放送中で、30日間無料でお試し可能です。

Netflixーアルハンブラ宮殿の思い出

「アルハンブラ宮殿の思い出」2話視聴率

ルハンブラ宮殿の思い出」2話視聴率は7.4%です。

「アルハンブラ宮殿の思い出」1話~16話の予告

「アルハンブラ宮殿の思い出」1話~16話の放送スケジュール

2018年12月 8日 「アルハンブラ宮殿の思い出」 3話

2018年12月 9日 「アルハンブラ宮殿の思い出」 4話

最後に

「ポケモンGO」が流行だった時代のゾンビのような人々でいろんなトラブルを経験しました。
そして、交通事故が起こるなどの、現実とゲームの境界が崩れることが行われたりしました。
<アルハンブラ宮殿の思い出」に登場するゲームが実際に実行されればどのような状況が起こるかも十分に予測できる事です。
単純なゲーム一つでもすべてが揺らぐ程度だったのに、リアルなゲームが可能な世界の中で、現実との境界は、さらに曖昧になるしかないことです。
ゲームなのか現実なのかの区別をしていない人も増え、暴力が日常になった世界が繰り広げられることもあるのです。
ユートピアではなく、ディストピアの世界が訪ねてきたかもしれない意味です。

みすぼらしい姿で1年後に再びグラナダに戻ってきたユ・ジヌの姿でディストピアの濃い香りが伝わります。
ゲームでユ・ジヌだけが疲弊したのか、それとも世界そのものがゆがみ始めたのか、
それはまだ不明です。
しかし、想像することができなかったゲームの登場は、それなりの大きさの副作用も
持って来ることは明らかです。
果たしてユ・ジヌが迎えた1年後、世界はどのように変わっていたのでしょうか?

ヒョンビン,パク・シネ,アルハンブラ宮殿の思い出,알함브라 궁전의 추억

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »