マンホール-不思議の国のピルOST Part.1ー飛行機(Louie)

マンホール-不思議の国のピルOST Part.1ー飛行機(Louie)を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




マンホール-不思議の国のピルOST Part.1ー[飛行機]紹介

4年ぶりの正規アルバムを出した感性ヒップホップデュオ・ギグス(Geeks)の「ルイ」がリメイク曲「飛行機」で「マンホール」OST Part.1に参加しました。
フィーチャリングでは注目される新人アーティスト(Hayana)」が一緒にしました。
「飛行機」は、明るいエネルギーで大きな愛を受けた「亀」の原曲をリメークした曲で、ICONIC SOUNDSがプロデュースして完成度を高めました。
「Secret weapon」の編曲で一層すっきりとした「飛行機」は、原曲とはまた違った魅力で視聴者たちの耳をひきつけるだろう。

マンホール-不思議の国のピルOST Part.1ー飛行機 [日本語字幕 歌詞 ] 動画

나나나나나나나나나나나나
철 없을 적 내 기억 속에
비행기 타고 가요

파란 하늘 위로 훨훨 날아가겠죠
어려서 꿈꾸었던 비행기 타고
기다리는 동안 아무 말도 못해요
내 생각 말할 수는 없어요

모든 준비 다 끝났어
멋지게 차려입고 나서
멋진 풍경마저 들뜬 기분
때가 왔어 하늘 위로
날아갈 순간이야
조금은 두려워도

여태 빠르게 가던 시간을 다 뒤로
영화의 몇 장면을 잘라 내
이 필름의 주연 연출 감독이지
넌 파리의 여인 너의 로마의 휴일
아침은 you already know
내 진심을
오늘은 오늘의 일을 고민해도 괜찮어
switch 장르를 코미디로
늘 바쁘게 돌아가 모던 타임즈
이 시대엔 넘쳐나 황금광 이
모두가 떠도는 방랑자
너만이 너의 삶의 위대한 독재자가 되어야 해
하늘을 나는 비행기처럼
비행을 해야 해
이 순간 세상의 제일 높은 데에서
나와 넌 깨야 해 구름을
눈앞이 새하얘도
오래된 우리의 꿈들과 대화를..

파란 하늘 위로 훨훨 날아가겠죠
어려서 꿈꾸었던 비행기 타고
기다리는 동안 아무 말도 못해요
내 생각 말할 수는 없어요

비행기를 타고 가던 너
따라가고 싶어 울었던
철 없을 적 내 기억 속에
비행기 타고 가요

너 없이 생각 없이 살아가기도
현실에 쫓겨 달아나기도
어색해진 나와 너의 추억들을
담아내는 일 마저 하기가 싫었음
근데 머릿속이 까마득해졌음
너와 같이 봤던 수많은 영화
팔 베게 했던 팔이 저리듯이
이 가사를 쓰며 느낀 점은
난 아직 널 걱정해

하나씩 떨어지는 빗방울이
널 부르는 소리 같아서
구슬픈 노래 같아서

수많은 사람들 속을 지나쳐
마지막의 인사야
나도 모르게 안절부절하고 있어
이럴 땐 침착해 자연스럽게
파란 하늘위로 훨훨 날아가겠죠
어려서 꿈꾸었던 비행기 타고
기다리는 동안 아무 말도 못해요
내 생각 말할 수는 없어요

비행기를 타고 가던 너
따라가고 싶어 울었던
철 없을 적 내 기억 속에
비행기 타고 가요

マンホール-不思議の国のピルOST Part.1ー飛行機- [歌詞]

ナ・・

どうしようもないとき
私の記憶の中で
飛行に乗って行こう

青い空の上へ高く飛ぶだろう
幼くして夢見た飛行に残って
待っている間何も出来ないよ
僕の考えは言えないよ

すべての準備が終わった
素敵にドレスアップしてから
素敵な風景まで浮き立つ気分
時が来た 空の上へ

飛んでいく瞬間よ
少しは怖くても

今まで早く行った時間をすべて後ろへ
映画のいくつかの場面を
切り出して
このフィルムの主演演出は監督だよ
君はパリの女性君のローマの休日
朝はyou already know
僕の本心を
今日は今日の事を悩んでも大丈夫
switch ジャンルをコメディで
いつも忙しく回ってモダン タイムズ
この時代には溢れてる 黄金が
みんなが出回る放浪者君だけが君の人生の偉大な独裁者にならなくちゃ
空を飛ぶ飛行機のように
飛行しなくちゃ
この瞬間 この世の
一番高いところから
僕と君は破らなくちゃ 雲を
目の前が真っ白でも
長くなった僕たちの夢と対話を..

青い空の上へ高く飛ぶだろう
幼くして夢見た飛行に残って
待っている間何も出来ないよ
僕の考えは言えないよ

飛行機に乗って行ったあなた
ついて行きたくて泣いた
どうしようもないとき私の記憶の中に
飛行に乗って行こう

君なしで思いもせず生きて行っても
現実に追われて逃げたりも
気まずくなった僕と君の想い出を
表すことさえするのが嫌だった
だけど頭の中が遥かになった君と一緒に見た
たくさんの映画
腕が切れるほど腕がしびれるように
この歌詞を綴って感じたことは
僕は今も君が心配で

一つずつ落ちる雨の滴が
あなたを呼ぶ声のように
悲しい歌のようで

たくさんの人々の中を通り過ぎて
最後の挨拶だよ
僕も知らずにソワソワしている
こんな時は落ち着いて自然に
青い空の上へ高く飛ぶだろう
幼くして夢見た飛行に残って
待っている間何も出来ないよ
僕の考えは言えないよ

飛行機に乗って行ったあなた
ついて行きたくて泣いた
どうしようもないとき
私の記憶の中に
飛行に乗って行こう

最後に

リズムも歌詞も面白いですね~~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »