韓国ドラマSPY(スパイ)3話 ジェジュンのロマンチックなキスは撮影時間3時間だった!

SPY(スパイ)3話でソヌ(ジェジュン)とユンジン(コソンヒ)のキスシーンが話題になっていますね~~

韓国では눈꽃 로맨스と言うほどみんなの注目を浴びました。

(눈꽃 로맨스は雪の華のロマンスと言う意味です。)

12月19日ソウルの

最初はジェジュンもコソンヒも少し緊張した様子だったですが、撮影が始ったら二人とも没入して、無事に終わりました。

キスシーンがクライマックスになった時、いきなり雪が降ってロマンチックなキスの雰囲気になりました。

韓国では何かを始まる時、雨や雪が降ると成功すると言う話があります。

多分、ジェジュンが出演してる今回のSPY(スパイ)も大人気のだら間になれる気がしますね~~~

それでは、キスシーンを感想してください~~~

윤진:누구야?
선우:미안해 그냥두고올수없어가지고,
윤진…
선우:헤,,하…
윤진:예쁘다
선우:예쁘긴무슨,
윤진:칫….왜,예쁘기만한데…역시..곱게자란티가나
선우:나는맨날 자기얼굴만봐서그런지,눈이높아졌나,아나,,별로인데진짜…
윤진:칫..그래서..별로인여자랑 이지경까지 술을드셨어요?
선우:아니냐~~얘만먹었어…난 딱 맥주한잔,,,업무상물어볼께있는데,그냥물어보기 뭐해서,,얘랑 별로 안친하 

       거든,그리고 얘랑 회사밖에서 만난것도 딱 한번이야…진짜야…
윤진:칫..변명이 기니까 더수상한데,
선우:자기야! 나좀 도와주면 안될까?
윤진:얼씨구.아저씨 편하게 잡으세요, 저 없다고 생각하시,

선우: 팔…고마워,이제살것 같다,
윤진:에이 진짜…가자!출발

띵동띵동
은하모:누구세요
선우:네,안녕하세요,저, 은하씨 직장동료인데요,은하씨가 너무 많아취해서
아유,들어외서 숨이라도  돌리고가지왜..

선우: 아니요,괜찮습니다,늦은시간이라서
윤진:좋겠네, 맘에들어하시는것 같은데,
선우:그런거아니라니까,
윤진:왜~~직장도 같겠다,집도 이렇게 좋은데,
선우:이윤진!
윤진:내거봐도 잘어울려서 그래두사람,직장 가족 출신 뭐하나 빠지는게없잖아
     아마 ,선우씨 어머님도 훨씬 좋아하실꺼야

키스

선우:작정동료이상 이하도 아니야!나 너밖에없다,
윤진:진짜?
선우:불안하다는건,내가 못믿어운거야?
윤진:아니라며 머리를 흔든다
선우:집에가자、、、、、업어줄께、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本語訳

ユンジン(ソヌの彼女)はコーヒーショップの前で立ったまま、寒さに耐えながらソヌ(ジェジュン)を待っていました。
そこへやって来たソヌ(ジェジュン)に手を振ったユンジン(ソヌの彼女)は、彼が誰かをおんぶしているのに驚き、顔を曇らせます。

ユンジン:誰?
ソヌ:ごめん。放って来るわけにはいかなくて。。。
ユンジン:、、、
ソヌ:は、、、、へ、、、、(苦しそうに息を乱す)

ソヌ(ジェジュン)の隣を歩きながら、ソヌの背中で眠っているウナの横顔を眺めながらユンジンが話し出す。

ユンジン:綺麗だね!
ソヌ:ハ、、ァ、、何が綺麗だよっ!
ユンジン:綺麗じゃない。さすが育ちの環境が違う気がするね。
ソヌ:俺は、毎日君の顔ばかりみてたから、目が肥えたのかな。(ウナをチラっと観て)大したことないのに、、、本当だって。
ユンジン:(ニヤリ)チェッ!それで?たいしたことない女の人と、こんなになるまでお酒を飲んの?
ソヌ:違うって。飲んだのはこいつだけで、俺はビール一杯だけ
ユンジン:…。
ソヌ:仕事でききたいことがあったんだけど、ただきくのもあれだし…。会社以外の所で会ったのも、たった一回きだけだし、、、ホントだって!

返事のないのが不安で、ソヌは彼女を振り返った。

ユンジン:(笑)言い訳がながいのが余計怪しいな
ソヌ(ジェジュン)はウナの重さに耐えられなくてそろそろ限界だった。

ソヌ(ジェジュン):ねぇ!ちょっと助けてくれないかな
ユンジン:やれやれ。もっと楽におんぶしていいよ。私のことなんかいないと思っていいよ。
ソヌ:ああぁぁ、うで!!腕!!!

体勢が崩れたのか崩れたふりをしたのか分かりませんが、ユンジンが慌ててウナの体を支えてソヌ(ジェジュン)とウナは転ばなかった。

ソヌ:ありがとう。助かった。
ユンジン:ホントにもう~~~~行こう、出発!

ようやくウナの自宅に辿り着きました。
インターホンの向こうで、ウナの母親の声が聴こえる。

ウナの母親:どなたです?
ソヌ:こんばんは。ウナさんの会社の同僚なんですが、ウナさんが飲み過ぎてしまって…

ユンジンはウナの家の前で待っていた。
いつしかチラチラと雪が舞っている。

ウナの母親:中でお茶でも一杯飲んでいけばいいのに
ソヌ:いいんです。もう遅い時間ですから。

すぐに出て来たソヌ(ジェジュン)に
ユンジン:良かったね。気に入られたみたいで、、、(不安と嫉妬で皮肉を漏らしてる。)

ソヌ:そんなんじゃないって
ユンジン:何で?職場も同じだし、家もこんなに立派だし。
ソヌ:イ・ユンジン!
ユンジン:私が見てもお似合いだからよ。仕事、家族、出身… 何一つ欠けてないもの。きっとソヌさんのお母さんだって気に入ると…

話してるユンジンの首にソヌが手を回し、彼女にキスを!!!

(長いよ~~~もういいって・・・・)

ソヌ:職場の同僚だって。それ以上、それ以下でもないよ。
   俺には君しかいないよ!
ユンジン:本当?
ソヌ:不安だってことは、俺が信じられないってことなの?

ユンジンが首を横に振る。
ソヌ:うちへ帰ろう。おんぶしてあげるって・・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1話に比べて視聴率が少し下がったので心配になってるジェジュンのファンが多いと思いますが、

今、始まったばっかりだし、ジェジュンが出演したドラマのではあんまり高い視聴率が無かったので、

今回も大丈夫だと思います。

視聴率が上がった日がすぐお伝えしますね~~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »