「魔女の法廷」3話あらすじ

「魔女の法廷」3話のあらすじを紹介します。

被害者のプライバシーなんて気にしないで、ただ勝訴の為ならどんな変則も拒まないマ・イドゥム(チョン・リョウォン)の歩みにジヌク(ユンヒョンミン)は怒ります。

変則でもなんでも使って裁判で勝訴した事は悪くないと思うイドゥムをだれかが攻めます!

彼女を攻撃する人物は誰でしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「魔女の法廷」3話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「魔女の法廷」の公式ページを参考で翻訳しております。

「魔女の法廷」登場人物

「魔女の法廷」3話あらすじ

裁判で勝ことならどんなことでも果たすイドゥムはジヌクの怒りなんて気にしないです。

でも、ミン・ジスク(キム・ヨジン)に実力がないからどんどん近道に目を覚ますことだと毒舌を聞いたイドゥムは怒ります。

家に帰ってきた彼女はひたすらママの事件を解決するという一念でここまできたのに・・・イドゥムは泣いたり笑ったりしながら辛い時間を・・・

次の日、また事件が起きた。
盗撮動画が流布された事件です。
また、マ・イドゥムとヨ・ジヌクはまた同じチームになって事件を調査することになります。
被害者は結婚を控えた予備新婦ソン・ガウンで、元カレと撮った性行為動画が流布され元カレであるキム・サンギュンが容疑者として指名されました。

ソンガウンだけでなくキム・サンギュンの元カノであるオミンジョンも被害者であった。

イドゥムはキム・サンギュンの取り調べましたが、キム・サンギュンは最後まで自分の罪を認めず、図々しい姿を見せます。

結局、動画を流布した人が捕まって、動画を撮影したキム・サンギュンは解放されます。

だけど、釈放されたキム・サンギュンがマ・イドゥムに恨みをもって彼女の家に盗撮カメラを設置する事になります。

シャワーを終えたイドゥムはバスルームで盗撮カメラを発見して驚きます。

丁度、その時刻エレベーターでキムサンギュンを見つけたジヌクはイドゥムが心配で彼女の家に入ります。

番号キーを押して彼女を助けに入ってきたジヌクを見てイドゥムは彼を攻めます。

「大家さんは勝手に入ってきてもいいですか?私がいない時勝手に入ってきてたでしょう!

お風呂の盗撮カメラもあなたが設置したでしょう!」

「魔女の法廷」1話~16話の動画

「魔女の法廷」話話の動画はこちらです。

最後に

被害者の感情などは気にせずにただ事件の勝訴のためだけに走るマ・イドゥムは、自分が被害者になった状況でも冷静に調査できるでしょうか!

続きは⇒⇒魔女の法廷4話あらすじ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »